折りたたみ傘おすすめランキング!自動開閉でも丈夫な傘を徹底調査

生活
スポンサーリンク

年々不安定になる日本の気象ですが、急な雨は本当に困りますよね。

最近はマイバッグ、マイ水筒など、エコ観点でもバッグの中の必需品が増えてきましたが、
みなさん「折りたたみ傘」はどうでしょうか?

今回は、

・折りたたみ傘おすすめランキング!自動開閉でも丈夫な傘を徹底調査

についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

折りたたみ傘おすすめランキング!自動開閉でも丈夫な傘を徹底調査

折りたたみ傘に求めるものといえば、
やはり一番は大きさ・軽さだと思います。

荷物の負担になるものは持ち歩く気になりませんよね。

そして機能性ですが、
皆さん折りたたみ傘は普通のロング傘より機能的に劣ると
思っていませんか?今の折りたたみ傘ってすごいんです。

そんなおすすめの折りたたみ傘を紹介しますね。

ワールドパーティー(Wpc.)「折りたたみ傘 MSZ-041」

重量:約320g 収納時全長:約28cm 使用時:直径111×長さ66㎝

2004年に誕生したレイングッズブランド「Wpc.」の折りたたみ傘は
撥水性、耐風性などロング傘と同等のレベルで豊富な種類を展開しています。

「MSZ-041」は折りたたみにしては少し大きめです。

男性は普通の折りたたみだと小さくて
足元やリュックなどが濡れてしまいがちですが、
この傘なら問題ありません。

出張や旅行など大荷物の時にもいいですね。

UVカット仕様なので日傘としても使えます。

雨傘/日傘兼用の製品は色々ありますが、
UVカットが強いと生地が重くなったり弱いと
撥水性が不十分で水シミが出来てしまったりと、
なかなか選ぶのが難しかったりします。

でもこの傘ならUVカットと雨対策のバランスが非常によく
どんな時でも高い能力を発揮します。

折り畳んだ時にやはり少し大きい、重いかも知れませんが、
日傘としても使える大きめの傘が欲しいのという女性にはぴったりだと思います。

→ Wpc.耐風折りたたみ傘 MSZの詳細はコチラから

ニトリ「自動開閉54cm」

重量:約250g 収納時全長:約27cm 使用時:直径95cm×長さ55cm

「お値段以上」で有名なニトリは、折りたたみ傘も非常に高性能です。
まず1017円という圧倒的な低価格が嬉しいですね。

この傘は骨が6本と普通の傘に比べて少なく、
軽量で畳んだ時にも厚さが3cmとコンパクトになります。

骨が少なくても、強い風や突風で裏返ることはあっても
壊れない頑丈な作りになっているので安心して使用できます。

そしてボタンをワンタッチで開くも閉じるも簡単です。
荷物を持っていたりすると片手で開けられるのは助かりますよね。

開けるときの勢いがやや強いので
周りに人がいないか注意しないといけないのと、
柄をしまうときに少し力がいるということだけ慣れれば何の問題もありません。

UVカット機能もついているので
普段からカバンに入れて持ち歩くには丁度いい大きさです。

UVカット率95.3%、遮光率95.7%となかなか高性能です。

ただ軽量・低コストのためか生地がとても薄くなっています。
撥水性に少し欠けるので、閉じる際にはよく振って水けを切ってからしまうようにしましょう。

totes「トーツタイタン70自動開閉」

重量:約400g 収納時全長:約32cm 使用時:直径98cm×長さ63㎝

トーツはアメリカでNO.1シェアを誇るレイングッズメーカーです。

折りたたみ傘をアメリカで最初に発表した会社でもあり、
今でもメイン商品として様々な製品を開発しています。

70㎝と普通のロング傘でも大きいとされるほどの
ビッグサイズで少し重いですが、その分撥水性・防水性・耐風性がとてもいいです。

特に耐風性に関しては、
裏返っても戻るタイプというよりは「絶対に裏返らない」
丈夫さを追求したような製品です。

実際とても強い検証結果が出ているようですよ。

持ち手も8cmとしっかりめで、滑り止めのようなドットがついているので
強風の中でもしっかり握っていられます。

どちらかというと男性向けでしょうか。

途中で本降りがくるとわかって出掛けるような日に持っていると大活躍しそうです。

大きくてもワンタッチで開閉もスムーズですし、
屋外、屋内を行き来するビジネスマンに特におすすめです。

→ ワンタッチ自動開閉 トーツ 折りたたみ傘の詳細はコチラから

TSUNEO「折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉」

重量:約475g 収納時全長:約34cm 使用時:直径104cm×長さ59cm

モバイルバッテリーやイヤホンなどを扱うTSUNEOですが、
折りたたみ傘にも様々な機能を取り入れています。

まず一番の特徴としては、閉じるときに逆向きになる
「逆折り式」という構造になっていることです。

逆折り式だと畳む際に濡れた側が内側になり、
手が濡れたり床に雨水が落ちるということがありません。

室内に入る時だけでなく、満員電車やバスに乗るときに
周囲に迷惑を掛けずに済むのでいいですね。

耐風性と撥水性にも優れています。

10本の骨が抜群の強度を誇り、強風で裏返ることはあっても
骨が折れたり曲がったりすることはありません。

ビニール質のような超高密度の撥水加工を取り入れているので、
軽く振れば雨水がコロンと転がるほど水はけがいいです。

濡れたままの状態を避けられるので長持ちしますね。

傘の縁のラインは反射色になっているので、
夜間の雨でも自動車などからよく見えて安全です。

ワンタッチ開閉も簡単で、閉じるときに芯が飛び出さないよう安全機能も付いています。

例えば傘を閉じるときに力が足りなくて中途半端になってしまった場合、
バネが跳ね返って開いてしまったりして危ないですよね。

それを回避するために、閉じきれなくても途中でその都度止まるという機能です。

女性やお年寄りの方でも使いやすい作りとなっていますが、
500g近くあるためずっしりしています。

閉じたときに34cmということは、
500mlのペットボトルより随分大きいということになります。

女性がバッグの中に入れて持ち歩くにはちょっと大きいですね。

リュックに差し込んだりキャリーケースに載せて使うにはいいと思います。

→ TSUNEO 傘専門 逆折り式 10本骨 折りたたみ傘の詳細はコチラから

カインズ「片手で開閉できる折りたたみ傘」

重量:約290g 収納時全長:約28cm 使用時:直径98cm×長さ56cm

TVや雑誌などでも注目されているカインズの
片手で開閉できる」シリーズです。

この折りたたみ傘のまずすごいところは、
十分に高性能であるのに税込み1000円以下とという驚きの安さでしょうか。

オンラインショップでは在庫切れになるほど売れています。

価格が安いと心配なのが撥水性や強度ですが、
どちらも高い評価を受けています。

生地は表面が少しカサカサしたポリエステルで
水をよく弾き、防水性もばっちりです。

骨は6本ですが樹脂素材やアルミで強風にもしっかり耐えられる作りになっています。
持ち手には滑り止めの工夫がされているので突風にも安心ですね。

55cmにアルミの骨が6本ということでとても軽く感じます。

色のバリエーションは多くありませんが、
カインズでは大きさの種類が豊富ですので
自分にあった一本をどれも低価格で試すことができます。

家族で一本ずつ自分に合う大きさを持てるなど、
コストパフォーマンスは素晴らしいと思います。

ハンズ+「風に強い簡単開閉 折りたたみ傘」

重量:約290g 収納時全長:約25cm 使用時:直径94cm×長さ55cm

公式オンラインショップでは
400種類もの折りたたみ傘を取り扱う東急ハンズですが、
オリジナル商品も非常に人気です。

中でも名前の通り耐風性に優れたこの傘は、
特殊な骨構造で風速30mにも耐えたと検証済みです。

生地が裏返っても骨が壊れることなく、安定性に優れています。

55㎝で畳んでも25㎝と非常にコンパクトな傘で、
300g以下と軽いので普段からカバンに入れておくのにいいですね。

ただ耐風性は十分ですが、撥水・防水の面ではややそれよりも弱いと思われます。

雨水をよく切ってからしまわないと、
だんだんカビになったり傷んでしまう原因になります。

UVカット機能で日傘としても使えるので、
なるべく両方で日光にも当てながら使っていれば長持ちさせられるかと思います。

ユニクロ「コンパクトアンブレラ」

重量:260g 収納時全長:約27cm 使用時:直径112cm×65cm

ユニクロも豊富な折りたたみ傘を豊富に扱っています。

しかも毎年リニューアルしているということで、
今年2021年の折りたたみ傘はどうでしょうか。

一言でいうとこのコンパクトアンブレラはユニクロの工夫が詰まった商品です。

まず一番の特徴としては、
風を受けるときに傘生地が回るという回転機能が付いていることです。

クルクル回ることによって風を受け流し安定感を保つというものです。
ありそうでなかった機能ですね。

8本の骨とこの仕組みで、耐風性はかなり期待できます。

そして今年新たに加わったのがUVカット機能です。

最近はソーシャルディスタンス面でも有効と
日傘を活用する人が増えているということで、
傘には欠かせない機能となってきています。

もうひとつ今年改良された点でいうと「傘袋紛失防止パーツ」が付いたことです。

傘袋と持ち手のストラップ部分をボタンでパチッと繋げて無くさないようにします。

子どもに持たせるときもそうですが、
傘袋って意外とどこかにいってしまいがちなので、
シンプルですがありがたい機能だと思います。

この傘はワンタッチの自動開閉ではありませんが、
金具の部分が全面的に覆われていて指を挟まない工夫がされています。

ユニクロの折りたたみ傘はリピート率がとても高いので、
全体的に使いやすい商品なのだと思います。

無印良品「軽量晴雨兼用折りたたみ傘」

重量:157g 収納時全長:約22cm 使用時:直径90cm×50cm

無印の折りたたみ傘は、何といってもそのコンパクトさが特徴的です。

傘袋に入れて22㎝ということは500mlのペットボトルとほぼ変わらない大きさです。
157gというのも驚きです。

カバンに常に入っていても負担にならないサイズ感ですね。

傘生地の直径が90㎝と男性が持つには小さすぎますが、
黒だけでなく無印らしい紺ドットデザインもあるのでもともと女性向きなのでしょうね。

しかしそのコンパクトさゆえに雨風に対しての性能が気になるところです。

生地が薄いにも関わらず撥水性はとてもいいです。

耐風性に関しては、構造的にはしっかりしていますが
この小ささですので暴風雨に耐えられるかといったら難しいと思います。

50cmで持ち手も小さいので安定性に欠けると言えます。

ですが紫外線遮蔽率は94%と日傘としても使えるうえ、やはり携帯性は抜群です。

ちょっと天気が崩れたとき、日差しが気になるときに気軽に使えるよう
女性がひとつ持っているにはいいかもしれません。

Waterfront「折りたたみ傘」

重量:227g 収納時全長:26cm 使用時:直径103cm×長さ58㎝

waterfrontは国内シェア率トップの傘専門店で、
持っていなくてもそのロゴに見覚えがある人は多いのではないでしょうか。

この折りたたみ傘の一番の特徴はなんといっても
畳んだときの「薄さ」です。

普通の折りたたみ傘のように丸型ではなく、
平たく折り畳まれるように設計されていて厚さはなんと2.5cmほどしかありません。

丸型のものだと大体5、6cmなので半分程度の薄さになるのですね。

ビジネスバッグのようなフラットなポケットでも入るので、ちょっとした隙間で持ち歩けます。

この超薄型タイプは長さ・重さともに最大限コンパクトなもの、
柄の種類が豊富なものと様々なパターンを出していますが、
この傘は60cmと一番大きいもので男性でも普通の傘のように使えます。

重さも227gととても軽く、携帯性はダントツかと思います。

柄は無地のダーク系3色のみなのでどちらかというと男性向けかもしれませんが、
UV加工で日傘としても使えるので、大きめの傘がいいという女性にもおすすめです。

傘の機能としては、スリムさ重視のためか耐風性、撥水性は少し弱いかもしれません。

強風の中では持ち手が小さいので安定せず中棒への負担が大きいと思われます。

ですがよほどの悪天候でない限り簡単に壊れることはないと思います。

平たくスリムな分大きくてもかさばらないので、
普段からカバンに入れっぱなしでも負担にならないこのタイプの傘は
大変重宝するのではないでしょうか。

→ ウォーターフロント プレミアムポケフラット60cm三つ折折り畳み傘の詳細はコチラから

マブ「折りたたみ傘」

重量:273g 収納時全長:28cm 使用時:直径98cm×長さ55cm

おしゃれでモダンな商品が多いイメージのレイングッズ専門店ですが、
機能的な折りたたみ傘もたくさん揃えています。

この’EASY ONE’という折りたたみ傘は、
名の通りワンタッチでの自動開閉のスムーズさが特徴です。

ボタンで開くのは容易なのはもちろんのこと、
閉じるときにストレスを感じないよう、
閉じきれなかったときに跳ね返らない安全機能が付いています。

傘袋に、カバンなどに取り付けられるストラップが付いているのもいいですね。

レイングッズブランドならではの技術で、撥水効果の強い生地を使用しているので
雨水残りによるカビ・サビの心配がありません。

55cmと小さめで耐風性はそこまで強くありませんが、
日常使いには問題ないと思います。

紫外線遮蔽率90%以上のUVカット機能も付いていて、晴雨兼用傘として使えます。

女性にとってはカラーバリエーションが多いのもさらに嬉しいですね。

黒系だけでなくライトグレーやピンクカラーもあるので、
カバンに吊り下げていても重たい雰囲気になりません。

→ マブ MABU 自動開閉折りたたみ傘の詳細はコチラから

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

・折りたたみ傘おすすめランキング!自動開閉でも丈夫な傘を徹底調査

についてまとめました。

折りたたみ傘って降ってきたときの安心感と引き換えに
カバンの容量を差し出すものかと思っていましたが、
軽いものも多かったり工夫がされているものが多いのですね。

私も出掛ける前からはっきり雨だとわかっている時でも、
室内で持ち歩くのが嫌だから折りたたみ傘で行こうかなと思うようになりました。

これからますます日傘が必要な日も増えてきますし、
晴雨兼用なものが多いのも嬉しいですね。

外出時の必需品のひとつとして、是非参考にしていただきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました