渋沢栄一とはどんな人?新一万円札の顔に

みなさん紙幣や500円玉が変わるというニュース見ましたか?
私は、見て驚きました!

一万円札が福沢諭吉ではなくなる…となんか心細くなりました笑
みなさんはどう思いましたか?

また新しいお札に載る人たちについて知っていますか?
今回は、新一万円札に載る渋沢栄一について教えていきますね!

スポンサーリンク

なんで1万円札が変わるの?

サラリーマン川柳

渋沢栄一を紹介する前に、なんでお札や硬貨が変わるのか理由は知っていますか?

それは、、、

偽造紙幣 偽造硬貨 を防ぐためなのです!

そのために約20年に一度変えているそうです!

スポンサーリンク

1万円札の顔、渋沢栄一について

渋沢栄一さんは、こんな顔をしています

0334C5CA-1D1A-4D35-BAD0-C5B34760FA0D

いかにも偉い人 という感じですよね!

渋沢栄一の経歴

天保11年(1840年)2月13日に長男として生まれ、
小さい頃の名前は栄二郎でした。

渋沢家は、農家に藍玉の製造販売、養蚕をしていて小さい頃から商業に強かったのです。

1845年頃から、四書五経や日本外史を学びました。
その後は、単独で藍葉を仕入れに行っていました。

1861年頃には、江戸に出て、北辰一刀流の千葉道場に入門しました。
尊皇攘夷の思想に目覚めたのもこの時です。

その後は、京都に赴き、一橋慶喜に仕え幕臣となりました。

1867年には、パリ万博に将軍の名代として出席する
徳川昭武の随員としてフランスへ渡航しました。

1873年からは、第一国立銀行の頭取に就任しました。

そのほかにも500以上の企業設立に携わってきました。

1923年には、関東大震災後、臨時病院や避難所を多く設置しました。
孤児院を作り親を亡くした子供達を助けました。

1万円札の裏側

お札の表側は、渋沢栄一が載っていますが
裏側に何が載る予定か知っていますか?

こちらが裏側です!

東京駅丸の内駅舎が載るのです!

スポンサーリンク

他のお札はどうなる?

他のお札はどんな人?誰が載るの?裏側は違うの?
と思いましたよね!

こちらも紹介していきます!

新5000円札

こちらが次の五千円札です!
みなさん誰だか分かりますか?

この人は、津田塾大の創始者でもあり、女子教育の先駆けとなった人です。
津田梅子です。

裏側はというと、、、

26E9CF31-9025-4D78-B7F0-AC47237DFBB2

藤の花が載っています!
津田塾大は、この話題で賑わっていることでしょうね!!

新1000円札

1000円札は誰が載るか分かりますか?
そうです、北里柴三郎が載るのです!

何をした人か知っていますか?どの人物も歴史を習った人なら一度は聞いたことがある名前ですよね!

北里柴三郎は、日本の医者であり細菌学者でした。
香港で蔓延していたペストについて調べペスト菌を発見した人でもあるのです!

裏側は何かというと、、、

葛飾北斎の富嶽三十六景が載っています。かっこいいですよね

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新しくなるお札について簡単にご紹介してきました!

経歴やその人についてもっと詳しく知りたい方は調べてみて下さい!

お札が変わる時代が来るなんて思ってもなかったですよね!

変わる前のお札を全種類1枚ずつコレクションとして取っておくのも良いですね♪

新しいお札は見本でしかまだ見ることが出来ませんが
今までに見たことない古風な色をしているので本物を見るのが楽しみですね!!

タイトルとURLをコピーしました