2020年熊谷花火大会、穴場スポットや場所取りの仕方は?

真夏の暑さで有名な熊谷市。[br num=”1″]
今回は、そんな暑さに負けない活気あふれる夏のイベントをご紹介します。[br num=”1″]
熊谷市で行われる第68回熊谷花火大会、穴場スポットや場所取り方法を確認して楽しんできてくださいね。[br num=”1″]
熊谷花火大会[br num=”1″]
引用元:http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/42303/[br num=”1″]

第68回熊谷花火大会の情報

・開催日時:2017年8月12日(土) 19:00~21:00[br num=”1″]
小雨決行(荒天時は2017年8月13日(日)、19日(土)・20日(日)のいずれか1日に延期)[br num=”1″]
・打ち上げ場所:埼玉県熊谷市 / 荒川河畔(荒川大橋下流)[br num=”1″]
・アクセス:JR熊谷駅南口から徒歩5分、関越道東松山ICから車で30分[br num=”1″]
[br num=”1″]
・駐車場:3200台臨時、料金未定[br num=”1″]
・有料席:あり[br num=”1″]
マス席:4名2万2000円、[br num=”1″]
テーブル席:4名1万6000円、[br num=”1″]
イス席:1名3000円、[br num=”1″]
ブルーシート自由席:4名6000円。[br num=”1″]
販売中[br num=”1″]
・花火の打ち上げ数:約1万発[br num=”1″]
・問い合わせ先:048-524-1111 熊谷市観光協会[br num=”1″]

スポンサーリンク

見どころ

花火と一緒に伝える思いを込めたメッセージ[br num=”1″]
結婚や誕生日のメッセージを花火と共に伝えるものや、花火業者7社によるスターマインコンクールなど。見晴らしがよいため、遠くからでも眺められるのも魅力ですね。[br num=”1″]
また、花火だけではなく・・・約500の夜店が並び、夏を楽しむ気分を盛り上げてくれます。[br num=”1″]

おすすめ!穴場スポット

・イオン熊谷店の屋上[br num=”1″]
無料で屋上を開放。少し早めに場所取りをしておけば、食事などの心配をする必要がないので安心です。[br num=”1″]
また、イオン熊谷店を利用する場合は、上熊谷駅を利用すると比較的混雑も避けられるのでオススメですよ。[br num=”1″]
・石原公園[br num=”1″]
会場から距離がありますが、視界を遮るものがないのでキレイに花火を見ることができます。[br num=”1″]
公園とういことで、遊具がたくさんあるので、小さなお子様連れの方にもオススメ![br num=”1″]
アクセスは石原駅を利用。こちらの穴場は、まず場所取りをする必要はないスポットです。[br num=”1″]
・熊谷大橋[br num=”1″]
[br num=”1″]
ひろせ野鳥の森駅から歩いて約16分の場所にある熊谷大橋。打ち上げ場所から約4駅分もの距離がありますが、河川敷なのでキレイな花火を見ることができます。[br num=”1″]
音の迫力は減ってしまうのですが・・・混雑が嫌いな方にオススメです。[br num=”1″]

タイトルとURLをコピーしました