今の時期は潮干狩りにはぴったり。

春先は気候が良く、貝も肥えていて美味しいシーズンです。

ただ子連れで行くとなると準備が大変だし億劫、なんて思われる方も多いでしょう。

そんなあなたはこの持ち物リストを参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク

子連れで潮干狩りに行く時の服装は?

潮干狩りと言えば汚れるのは足元くらいと思いがちですが、干潟はそこにいるだけでも結構汚れるものです。

前提として濡れても良い服が良いですよね。

そして意外に重要なのは足元です。

海辺は意外と貝殻や釣り針などが落ちていて、素足だと怪我をする危険もあるので注意が必要です。

そこで、大人と子供別に服装の一例をまとめてみました。

服装 ー 大人向け ー

・長袖Tシャツやトレーナー

・上着(ウインドブレーカーが便利)

・短パン(もしくは水着)

・古い靴下を履いてサンダル(もしくは長靴がベスト)

・ウエストポーチ(貴重品やスマホなどを持ち歩くのに便利ですよ。)

服装 ー 子供向け ー

・長袖Tシャツやトレーナー

・上着

・水着

・長靴

あると良いもの

海は春先と言えど波による照り返しで日差しが強いです。

なので以下のようなものがあると便利ですね。

・帽子

・サングラス

・日焼け止め

さらにプラスで、首元にタオルを巻いておけばバッチリですね。

服の方は出来れば古いものを来ていくと後がラクですよ!

最悪汚れたらビニール袋などに入れてそのまま捨ててしまいましょう。

ただし濡れているものはしっかりと絞っておきましょうね。


スポンサーリンク

潮干狩りには何が必要?子連れに便利な持ち物も!

こちらもリストとしてまとめていきます。

チェックしてみて下さいね。

潮干狩り用

・手袋(軍手よりもラバータイプのピッタリしたものがベスト)

・熊手やクワ

・スコップ

・タッパー(ザル付きタイプ)もしくは目の粗い網

・バケツ(フタ付きのものが便利)

あると便利な持ち物

・クーラーボックス

・保冷剤(破れる心配がないハードタイプがオススメ)

・新聞紙(多め)

・古タオル

・レジャーシート

・携帯イス

・ビニール袋(濡れた服など入れるのに大きめサイズが便利)

・お弁当

・水分補給用の飲み物

・おやつ(お子様の好きなお菓子など)

・きれいなタオル(汗ふき用など)

・手洗い足洗用の水(ペットボトルやタンクに入れて)

・砂遊びの道具(お子様の退屈しのぎに便利!)

・救急セット(簡単に絆創膏や消毒液程度でもOK)

行きのクーラーボックスには出来るだけ荷物を詰めてしまいましょう。

百円均一にあるようなザル付きのタッパーは潮干狩りにオススメですよ!

採った貝はそのままタッパーに入れて持ち帰るまで海水を入れておけば砂抜きできます。

あとはタオルか新聞紙で巻いた保冷剤入りのクーラーボックスに、貝をタッパーごと入れたら濡らした新聞紙をかけてフタを閉めておけばOKです。

アサリなどは20℃くらいが適温と言われるので、少しひんやりするくらいで良いと思いますよ。


スポンサーリンク

子連れで行く時の注意ポイント

お子様の年齢によって注意するポイントがけっこう変わってきます。

小さいお子様なら、出来るだけ目立つ色の服を着せておきましょう。

もしはぐれて迷子になった時でも、探す時に目印になります。

よく動き回るようなお子様なら、伸びるチェーンや紐などでお互いを結びつけておくとより安心ですね。

小学生くらいのお子様なら、待ち合わせ場所を決めておきましょう。

姿が見えなくなったらここに集合、という具合に約束しておくと安心です。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

子連れだと何かと心配なことも多いでしょう。

ですが安全な服を着せて、退屈しのぎになるものがあれば小さい子供でもなんとか一日過ごしてくれそうですね。

ぜひご家族みんなで潮干狩りシーズンを楽しんで下さいね。