設置場所

冬場に入り、空気が乾燥してくると
大活躍してくれる加湿器。

インフルエンザ予防の為に使っている人も
多いと思います。

だけど、加湿器の正しい設置場所は
ご存知でしょうか?

まずは加湿器を置く要注意の場所を説明します。

加湿器を床に置くのはダメ

設置場所

ほとんどの人が、加湿器を床に置いていると思います。
しかし、床に置くのはダメなんですよ。

理科の授業で習ったと思いますが、
冷たい空気は重いので下に溜まります。
その為、床付近はとても乾燥した状態に
なっちゃうんです。

湿度は十分足りているのに、
床付近に置いていると加湿器は乾燥していると判断し
必要以上に稼働するでしょう。

湿度が高くなり、部屋の中がジメジメしちゃう可能性もあるし、
電気代の無駄にもなってしまいます。

あなたのお宅では大丈夫でしょうか?

設置場所が高すぎるのもダメ

設置場所

床がダメなら高いところに置けばいいのって
思いますよね。

だけど、高い場所も注意が必要です。

加湿器の設置場所の位置が高いと、
天井が結露する可能性があります。

床もダメ、高い場所もダメなら
どこに置けばいいのでしょうか?

効果的な加湿器の設置場所は?

設置場所

加湿器の設置場所として、
床から70cm~1mぐらいの高さが丁度いいと言われています!

その位の高さが、低すぎず高すぎずベストなポジションなんです。
サイドテーブルや台の上などに置くといいかも知れません。

おススメの設置場所はエアコンの真下

加湿器の設置場所としておススメなのは、
エアコンの真下です。

加湿器は部屋の真ん中で使う方が効率がいいと言われれることがあります。
それは、加湿器から出る蒸気が対流して部屋全体に行きわたるからです。

でも、部屋の真ん中には置く場所がない人もいますよね。

そんな方におススメなのが、
エアコンの真下なんです。

加湿器から出る加湿された空気は上に上がっていきます。
その空気を、エアコンから出る風が部屋の隅々まで
運んでくれるんです。

そしてエアコンの下にテーブルやサイドボードを置き
その上に設置できれば高さもベストな位置になりますね。

まとめ

設置場所

加湿器の設置場所についてまとめてみましたが、
どうでしょうか?

加湿器の効果をきちんと得るには、
設置場所はとても大事です。
おススメの場所は、エアコンの真下なので
床などに置いている方は加湿器を移動させてくださいね。

高さも大事なので、
エアコンの下にテーブルやサイドボードを置き
その上に設置できればベストですね。

ぜひ、これらのことを参考に
加湿器の設置場所を見直してみてくださいね。