静電気

冬場になるとニットやフリースなどの
洋服を着る人も多いですよね。

肌触りがよく気持ちいいのですが、
一つ困ることがありませんか?

そう、静電気。

ドアノブを触るとバチバチっと来て、
痛い思いをする人もいるでしょう。

どうして、ニットやフリースは静電気が
起きやすいのでしょうか?

静電気が起きないようにすることは、
出来るのでしょうか?
調べてみました。

静電気が起きるのは洋服の組み合わせが関係している

静電気

ニットやフリースだから静電気が起きるんだと思っていたんですが、
実は関係ないんです。

素材の組み合わせ方で、
静電気が起こっている可能性
があります。

洋服の素材は、
プラスの電気を帯びやすい素材
マイナスの電気を帯びやすい素材に分けられることが出来るんです。

プラスの電気を帯びやすい素材と、
マイナスの電気を帯びやすい素材を組み合わせると
静電気が起きやすくなります。

プラスならプラスの素材と合わせれば、
静電気は防げるでしょう。

プラスの電気を帯びやすい素材とマイナスの電気を帯びやすい素材

静電気

どの素材が、どの電気を帯びているのかまとめてみました。

服の素材
マイナスの電気を帯びやすい素材 塩化ビニル
アクリル
ポリエステル
服装
帯電しにくい素材
木綿
静電気
プラスの電気を帯びやすい素材

レーヨン
ナイロン
ウール・羊毛
静電気

下にいくほど、
プラスの電気を帯びやすい素材となります。
素材同士の距離が近い方が、
静電気は起きにくい
です。

例えば、フリースの洋服にマフラーを合わせた場合
フリースはポリエステルでマフラーは羊毛ですよね。
それぞれが離れているので、
静電気が起きやすくなります。

フリースなら、
アクリル製品や木綿などを合わせるといいでしょう。

木綿や麻は帯電しにくいので、
出来るだけそれらと組み合わせるといいかも知れません。

静電気防止スプレーは自分で作れる

静電気
洋服などにスプレーすることで、
簡単に静電気対策が出来る「静電気防止スプレー」
スーパーやドラッグストアなどでも売られているので、
手軽に入手出来ます。

だけど、自分でも作ることが出来るんですよ。
静電気防止スプレーに含まれているのは
「界面活性剤」と言われるもので
滑りを良くしてくれる効果があります。
だから、静電気が起きる原因となる
衣類の摩擦を軽減してくれるんですよ。

そんな界面活性剤が含まれている石鹸や柔軟剤を使えば、
静電気防止スプレーが作れます。
自分のお気に入りの香りの柔軟剤や石鹸を使えば、
オリジナルの静電気防止スプレーの完成です。

水100ml辺り5滴ほど入れるだけで出来ます。
スプレーボトルに作れば、
簡単に洋服などにスプレー出来ますよ。

敏感肌の人やお子さんは、
天然タイプのグリセリンを使うと
肌へのダメージが少ないです。
グリセリンは、人間の体にも含まれているので
安全でしょう。
水100ml辺り5ml入れてください。

グリセリンには、界面活性剤は含まれていませんが
似た作用があります。

無色のアロマオイルを数滴垂らせば、
自分の好きな香りを楽しめます。

洗濯の仕上げには柔軟剤を忘れずに

静電気
お洗濯をするとき、
仕上げにはちゃんと柔軟剤を使いましょう
柔軟剤には、界面活性剤が含まれているので
静電気を防止してくれます。

もしくは、柔軟剤入りの洗剤で
お洗濯をするといいでしょう。

ニットやフリースを普通に洗濯する人はいないと思いますが、
ちゃんとネットに入れて手洗いコースなどで優しく洗ってくださいね。
普通に洗濯をすると、
摩擦が強いので静電気が起きやすくなります。

まとめ

静電気
ニットやフリースを着ていて静電気が起きていたのは、
組み合わせが悪かったんですね。
言われてみれば、思い当たる節があります。

旦那は、あまり静電気が起きないんです。
冬場、起毛素材のトレーナーを着ているんですが
中に木綿のTシャツを着ています。
だから、組み合わせが良かったんですね。

私も、冬場は着る洋服の組み合わせを考えようと思います。
みなさんも、こちらを参考にしてみてくださいね。

静電気防止スプレーも簡単に出来るので、
ぜひ作ってみてください。