連休有給休暇、取れていますか?

上手く有休を使えば、連休にすることもできるので、上手に利用したいものですね。

でも、会社に理由を聞かれて、困った経験もあるのはないでしょうか。

そこで、連休を取るときに有休を取る理由について、考えてみました。

そもそも有休を取る理由って言わないとならないもの?

連休

職場にもよりますが、有休って取りにくいものですよね。

理由を聞かれたり、上司や同僚からなにかと言われたり。

ですが、労働基準法第39条で、使用者は労働者に対して有給休暇を与えなければならないと定められています。

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

そして、有休取得の理由は、本来問われないものなのです。

つまり、有休取得の申請で理由を聞かれても、「私用」として、別段問題はないのです。

有休を使って連休を取りたい 使える理由は?

取る

本来、有休を取る理由は、何でも構いませんし、会社に詳細に伝える必要もありません。

とはいえ、申請書類には「理由」の欄があり、書かないわけにもいかないですよね。

上述の通り、「私用」とすれば基本的には問題ないのですが、職場によっては理由を詳しく聞かれることもありますよね。

そんな時、具体的に理由を答えられれば、無用な摩擦を避けられますね。

そこで、有休取得に使いやすく、職場に納得してもらいやすい理由をご紹介します。

旅行や帰省

旅行や帰省は、「遊び」と取られるかもしれませんが、そもそも「私用」と書くだけでも構わないのですから、堂々と申請しましょう。

冠婚葬祭

どうしても外せない、と思わせられるのが、冠婚葬祭ですよね。

親戚や友人の結婚式や、葬儀、法事などは、上司や同僚も文句のつけようがないですよね。

入院の立ち合いやお見舞い

家族が入院するとなると、準備をしたり立ち合いをしたりする必要がありますよね。

また、入院している家族のお見舞いも、有休取得の理由として使えます。

PTAや学校行事

お子さんのいらっしゃる方なら、PTAや学校行事って年に何度かありますよね。

そんな時は、堂々と有休を取って、お子さんのために時間を使ってあげてくださいね。

役所での用事

免許の更新や住民票の取得など、本人が役所に行かなければならない用件などは理由として十分です。

まとめ

繰り返しになりますが、本来有休取得の理由は何でも構わないし、詳細に職場に伝える必要もありません。

「私用」と伝えるだけで構わないのです。

ただ、具体的に聞かれたときには、きちんと伝えれば無用な摩擦が起きません。

また、休暇中の連絡先やおよその滞在場所は伝えておいた方がベターかもしれませんね。

何かトラブルが起きたときに、自分も職場も対処がしやすくなります。

ともあれ、有休は権利ですから、上手に利用したいものですね。