2016年の十五夜

引越しの際、普通の荷物は早くから梱包できますが、食べ物を冷やして保存している冷蔵庫は、ギリギリまで置いておきますね。

でも、業者さんには、前日には電源を切ってくださいと言われます。

そうすると、中身はどうすればいいのか、前日と言っても何時間前までに切ればいいのか、初めての引越しの時は分かりませんよね。

そこで、引越しの際の冷蔵庫の電源や中身の扱い方について、まとめてみました。

どうして引越しの時には、早めに冷蔵庫の電源を切るの?

引越し

冷蔵しないとならない食べ物を保存しているのだから、できればギリギリに電源を切りたい冷蔵庫ですが、引越し業者には、前日には電源を切るように言われます。

何故かが分からないと、なんだか納得いかない人もいるかもしれません。

霜取りと水抜きの必要があるためと、故障を防ぐためという二つの理由があります。

最近の冷蔵庫には、霜取りの必要のない者も多いですが、製氷皿付近についた霜があるなら、霜取りが必要です。

冷蔵庫の下にある蒸発皿には、通常水が溜まっています。

融けた霜による水や蒸発皿の水が残っていると、水漏れをして、床を汚したり、場合によって荷物の破損を招きます。

また、冷蔵庫の内部の冷却装置となっている油やガスを安定させることで、故障を防ぎます。

短距離の引越しの場合、直前に電源を切ればいいという人もいますが、メーカーの方の話では、こうしたことが原因で冷蔵庫が故障した人が実際にいるということなので、気をつけましょう。

前日には電源を切るって、具体的には何時間前?

冷蔵庫

遅くとも、前日の夕食が終わった頃には、切っておきましょう。

庫内の掃除をしたり、水抜きをすることを考えると、前日の昼ごろには切っておきたいですね。

コンセントを外して電源を切ったら、一緒にアース線を外しましょう。

なお、新居に運び込んだ後は、すぐに電源を入れても特に問題はありませんが、2~3時間はそのままにしておくのが無難です。

冷蔵庫の電源を切る前に

製氷機能のある冷蔵庫では、まず製氷機能を停止します。

これは、引越しの2日前までに行いましょう。

引越しの前日には、製氷皿の氷を捨てます。

冷蔵庫の電源を切ったら

中の霜が融けてくるので、電源を切った後は冷蔵庫のドアを全て開けておきましょう。

水が出てきたところには、タオルなどを敷いておきます。

電源を切った状態の冷蔵庫は、菌が繁殖しやすい状態になっています。

庫内の水や汚れは、悪臭の原因となりますので、卵ケースや製氷皿を取り外して、きれいに掃除をしましょう。

水拭きでも十分ですが、アルコール拭きなどもすれば、よりいいですね。

冷蔵庫の下にある蒸発皿に水が溜まっている場合、当日に排水をしましょう。

蒸発皿を取り外せる場合は、取り外して、外せない場合は、冷蔵庫を傾けて排水します。

取扱説明書できちんと確認しましょう。

冷蔵庫の中身はどうすればいい?

電源

冷蔵庫の食材は、引越し前日までに使い切りましょう。

1~2週間ほど前から計画を立てて、買うものや献立を考えるといいですね。

どうしても使いきれなかった食材や調味料などは、保冷剤や氷を入れたクーラーボックスを利用して運びましょう。

スーパーなどで適当な大きさの発泡スチロールの箱を入手できれば、クーラーボックスの代わりになりますよ。

食材や調味料を廃棄する場合には、中身を処分した後の容器を処分できるよう、計画を立てておくとよいですね。

冷蔵庫の運び方は?

何時間前

トレーや製氷皿などは、冷蔵庫から外し、別に梱包して荷造しておきましょう。

冷蔵庫は、非常に重く、大きい家電です。

単身者用の小さな冷蔵庫でも、一人で運ぶことは無理だと考えてください。

二人で持つ場合には、横にして両端をそれぞれが持つと楽です。

が、横にして持つと、玄関から運び出したり入れたりすることができないことがあります。

また、マンションやアパートで、階段を使う必要がある場合、非常にたいへんなので、業者に頼む方が良いですね。

車へ乗せる時には、横置きは厳禁です。

冷蔵庫は、冷媒(フロンなど)を循環させて冷却しています。

この冷却システムは、非常にデリケートなので、横に倒して想定外の方向から重力がかかると、故障の原因となることがあります。

このように、冷蔵庫の運搬は非常に難しいので、冷蔵庫だけは引越し業者に任せた方が良いと思います。

1つからでも引き受けてくれますので、見積りを取りましょう。

また、使い込んだ冷蔵庫であれば、新しく買い替える方がいいかもしれません。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品ですから、廃棄処理費用が必要ですが、量販店で新しいものを買えば、廃棄処理費用と同程度の値段で古いものを引き取ってもらえます。

まとめ

引越しの時、冷蔵庫は準備にも運搬にも、気をつけないとならないことがいろいろあります。

準備はしっかりしておいて、故障や他の荷物の破損などのないようにしましょう。

また運搬は、引越し業者に任せましょう。

買い替えも一つの選択肢とすると良いですね。