消費税10%でもポイント還元でお得にお買い物を

2019年10月、消費税がいよいよ10%に引き上げられます。
本体価格の1割分もの消費税は家計に大きなダメージを与えますね。

そこで、増税の影響を少しでも減らしたい人に耳寄りなポイント還元に関する情報をお知らせします。

スポンサーリンク

消費税10%への増税対策、ポイント還元とは?

日常の買い物に大きな影響を与える消費税の増税。

そのため、今回の増税では景気対策としていくつかの政策が行われます。

一部の日用品は今まで通り8%の消費税で買える「軽減税率」、条件を満たせば購入額の25%分のお得がついた商品券を購入することができる「プレミアム付商品券事業」、そしてキャッシュレス決済するとポイントがもらえる「ポイント還元」です。

このポイント還元とは、対象店舗にてキャッシュレス決済で買い物をすると2%または5%分のポイントがもらえるというもの。
ちなみにこの還元されるポイントは国の補助金、つまり税金から賄われます。

キャッシュレス決済にはクレジットカードだけでなく、今や生活に欠かせないSuicaLIN PayPayPayなども含まれています。

大まかに分類するとコンビニや外食、ガソリンスタンドなどのフランチャイズ店なら2%、中小小売、宿泊施設などの利用では5%のポイントが付きます。

ただし、永久的なものではなく消費税10%となる2019年10月1日から2020年6月までの9か月間だけです。
短い期間ではありますが、少しでも節約できるのはうれしいですね。

これを機にクレジットカードや電子マネーを利用するのも良いかもしれません。

消費税10%になったらクレジットカード払いでポイント還元、注意点は?

ポイント還元と聞くとお得な気がします。

現金かクレジット化支払方法を選べるのなら断然ポイントが付くクレジットカードがいいですね。

しかし実際は増税分で多く払う分くらいのポイントしかつきません。

5%のポイントが付くなら3%分お得!と言う気もしますが100円で3円、1000円で30円と考えるとすごいお得と言うわけでもありません。

そのため増税前と払うお金は変わらず、ポイントが付くからと余計なものまで買うとかえって損することに。

なにより、クレジットカードになれていない人は財布や口座のお金がその場で減らないため、ついつい使いすぎてしまう場合もあります。

一方、明細で使った額を一括で管理できるクレジット払いの方が家計管理しやすいという人もいるので、レシートを取っておいたりこまめに家計簿をつけたりするのが苦手な人はキャッシュレス生活の方が向いているかもしれません。

現金派でもキャッシュレス派でもちょっとのポイントや割引に惑わされず、自分に合った支払方法と身の丈に合った買い物をすることが大切ですね。

まとめ

今回のポイント還元は景気対策だけでなく、オリンピックに合わせてキャッシュレス化の推進も目指しています。

すでにキャッシュレス生活を送っている人はもちろん、キャッシュレス生活に不安がある人もこれを機に試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました