最近では、秋めいてくると街の装飾もすっかりハロウィン色になるようになりましたね。
ハロウィンの日に仮装して街に出かける方やパーティに参加する方も年々増えているようです。

ところで、ハロウィンって本当の意味を知っている方はどれくらいいるのでしょうか?

今回は、子供から高齢者までわかりやすくハロウィンの由来や意味をお話しましょう。

ハロウィン

ハロウィンの由来と意味

古代ヨーロッパ中部地方が発祥(始まり)で、そこに住んでいる民族のケルト人が

秋の収穫を祝い、悪霊(悪いおばけたち)を追い払いという意味を込めて行った儀式

が始まりです。

ケルト歴では新しい年は11月1日に始まるとされていたので、11月1日の前夜の10月31日ハロウィンが行われています。
昼は新年を迎える儀式、夜は死者(亡くなった人)が家族のところにやってくるという祭りです。
日本で言う「お盆」のような感じでしょうか・・・。
宗教的要素が強かったハロウィンですが、最近はそのようなこともなくなり、多くの人が仮装をして街を歩き、
「トリックオアトリート」と子供たちが言いながらたくさんの家を周りお菓子をもらうというイベントになっています。

仮装をする理由?

夜は死者の祭りのハロウィンですが、日本のお盆違うところは、日本は良い霊、ご先祖様が家に来るとされていますが、ハロウィンは悪い霊や魔女もついてきてしまうという事なので、仮装をして悪い霊や魔女に混じり、連れ去られないようにしています。また、現世の人間はこんなに怖い!という事を示す意味でも仮装をしていました。
このことからハロウィン=仮装になったのです。

子供たちがお菓子をもらうのは?

世界中に諸説(いろいろな理由)があるようですが、悪いおばけにお菓子を渡してしまわないように子供に仮装をさせていたそうです。玄関にかぼちゃのランプ(ジャックオランタン)を飾った家に子供たちが仮装をしてお菓子をもらいます。ハロウィンの起源(始まり)というよりイベント的な要素が強そうです。

かぼちゃのランプ

ハロウィンでかぼちゃのランプを良く見かけますね。ハロウィンの象徴ですね。
それは、ジャックオランタンという名前で、もともとはカブをくり抜いてランプにしていたのが、ハロウィンがアメリカに渡った時に、かたちを変えてかぼちゃになりました。
ジャックオランタンは悪霊を寄せ付けないという意味があります。発祥は、ヨーロッパのアイルランドです。

お菓子

ハロウィンの楽しみ方は?

最近は、日本でも盛り上がっているハロウィンですが、古くはヨーロッパやアメリカなどで行われていた習わしです。
そのやり方は、
悪霊に連れ去られないように仮装をする。
仮装をした子供たちにお菓子を配る。
子供たちは「トリックオアトリート」と言って家を周り、お菓子をもらう。
(その時に「ハッピーハロウィン」と言います。)
家の玄関などに、かぼちゃのお化け(ジャックオランタン)を飾る。
(中をくり抜いて、ろうそくを立てたかぼちゃを飾ります。)

トリックオアトリートの意味は?

子供たちがお菓子をもらいに行く時に「トリックオアトリート」と言います。
それは、なぜでしょうか?

単語の意味は・・・
トリック=いたずら
トリート=もてなす、待遇する

です。

いたずらをされるか、もてなしをうけるかということであれば、いたずらされるくらいであれば、お菓子をあげよう!
となったようです。

子供から高齢者まで参加できるのもハロウィンの良いところ

お年寄りは、この文化を受け入れるのは少し抵抗があるかもしれません。
クリスマスやバレンタインが定番化してきたように、ハロウィンも諸説意味合いはありますが、
老若男女のお楽しみイベントとしての要素があって良いのではないかなと思います。

お年寄りの方も、100円ショップなので簡単に手に入る猫耳や魔女の帽子をかぶるなどの仮装をしてみるのも面白いですし、
子供たちにお菓子を配るのも、交流の場が増えて良いかも知れません。お菓子は、チョコやラムネ、キャンディーなど決まりはありません。いまは、ハロウィンの包装をされたお菓子も多く販売されていますので、それを渡しても良いですね。
子供たちは、仮装もできて、お菓子がもらえていいことづくしですよね。
これを機会に英語の意味を教えたりするのも良いでしょう。
何を着せてもかわいい子供たちに毎年着せる楽しみがあるのもこのイベントの良さですね。

仮装

まとめ

ハロウィンは、発祥はヨーロッパ中部ですが、それがヨーロッパやアメリカに渡り、その国ならではの形に変わりながら定番化して来ています。
日本でも商業施設などでハロウィンを盛り上げるイベントが企画されています。ハロウィンの意味や由来を理解して楽しむのもいいですね。