結婚式 招待状

結婚式の日程が決まると、友人や職場の人へ案内状の発送の準備を始めなければいけません。

ですが、どのタイミングで発送すればいいのか正直分からないですよね?

そこで今回は結婚式の案内状を送る時期や、書き方のマナーを簡単にご紹介していきます。

1 案内状を送る時期は?

カレンダー

案内状を送るタイミング

結婚式の案内状を送る時期として多いのは、大抵式の2~3ヶ月前です。

招待客側にも都合がありますし、早めに招待を受け取っていれば、スケジュールを空けることもできるので、式まで余裕を持って案内状を送ることをオススメします。

発送や消印は?

案内状を送る消印ですが、縁起の良い大安がベストです。大安の日が無理な場合は友引でもいいでしょう。

ご年配の方は六曜を気にする人がいるので、できるだけ縁起の良い日に直接郵便局へ出しに行ってください。

案内状を送る前に事前連絡を!

ある日突然結婚式への招待状が届いて、友人の結婚を知った!なんてことは経験されたことはありますか?

いきなり案内状を送るよりは、事前に式の連絡を入れておくと、出欠の確認を大まかに取ることができます。招待客側としても一言事前に教えてもらえると嬉しいですよね。

この時確認しなくてはいけないのは、案内状を送る招待客の住所やフルネームです。
親しい間柄といえどもマナーを忘れず、名前の漢字間違いなどがないように注意しましょう。

2 宛名の書き方・マナー

筆を持つ手

案内状の宛名書きは、式場によってはプロの筆耕に頼むことができます。

ですが、プランナーとしての経験上、ご本人達に宛名書きをしてもらうことをオススメしていました。なぜなら、宛名を手書きすることで、招待するゲストへのおもてなしの思い丁寧さを感じることができます。

中には、「パソコンで印刷した」、「字があまり綺麗ではないので書きたくない」なんて人もいると思いますが、字の綺麗さよりも、自分の字で自分らしさを出した案内状であるかが大切です。温かみが出るので、是非宛名は手書きをしてみてください。

ペンは毛筆

宛名書きをするときは、毛筆か慶事用の黒い筆ペンで書いてください。
薄墨は不祝儀の時に使用するものなので、間違っても使わないように注意してください。

宛名住所の書き方

まず、封筒が横書きの場合は、切手を張る部分を考えて、左詰めで書いていきます。
縦書きの場合は右詰めで住所を書いていきましょう。宛名の住所が長い場合、都道府県名を省略して書いても良いです。
全体のバランスが悪くならないように、住所を書いていってください。

名前の書き方に注意

案内状を送る前の確認として、住所や名前を聞いておくことを挙げましたが、教えてもらった情報を間違いなく書いていかなくてはなりません。
特に多いのが名前のミスです。例を挙げると、「祐介」という名前が「裕介」になっている場合があるので、失礼のないように書き間違いは防ぎましょう。

また、会社関係の人へ送る場合、役職や肩書きは名前の左側に書いてください。(縦書きの封筒の場合は、名前の上に)
敬称も使い分けると丁寧ですが、大抵招待するゲストとは面識のある人ばかりなので、「様」を使用するのが無難です。

お世話になった恩師には「先生」という敬称を使うのが一般的でしたが、これも最近では「様」に統一する人もいるので、自分なりに使い分けてみてくださいね。

3 切手の準備を

切手

送付用の切手と、返信用はがき用の切手も忘れずに用意してください。返信用はがきには事前に切手を貼っておくことが招待側のマナーです。

切手は慶事用の切手を使用します。どのような切手か分からなくても、郵便局の人に伝えれば用意してくれるので安心してくださいね。

また、案内状の重さによって切手の金額も変わってくるので、事前に一部郵便局へ持っていき、重さを測ってもらいましょう。

4 案内状は招待客へのおもてなしの一つ

招待状

忙しい仕事の合間や休日を使って、結婚式の案内状を作るのは結構大変です。

記入漏れや間違いがないか、何度も確認して細心の注意を払わなくてはならないですし、招待客が多ければ案内状を書く量も増えますよね。

ですが、案内状の作成は、新郎新婦としてゲストへのおもてなしの第一歩です。

ゲストの負担にならないように、余裕を持って発送をして、素敵な結婚式になるように準備をしていってください。