2016年の十五夜

 

2016年十五夜は、9月15日です

 

十五夜の日付毎年変わるんです。
しってました?

 

十五夜ていうだけに、
9月の15日の夜のことを
言うんだと思ってました!?

大人になって初めて知った事実
そのため十五夜について調べてみることにしました。

十五夜の決め方は?

十五夜は、
旧暦で8月15日の夜のことを言います。

1年の中で最も、
空が澄み切って月がきれいに見える時期でなので、
旧暦の8月にお月見をしたの始まりと言われています。

十五夜の由来

1 秋の実りの時期でもあるため、豊作祈願と収穫への感謝

2 先祖への感謝

3 月への感謝

 

十五夜にお月見をするようになった歴史は古く、
平安時代に貴族から始まったとされているます。

それが、
江戸時代になり秋の収穫に感謝する祭りとして、
庶民に広がっていったそうです。

旧暦の8月なので、
稲刈り前の豊作祈願と、
里芋などの野菜の収穫への感謝を込めて始まったようです。

 

また、
電気がなかった時代、
夜遅くまで畑仕事をやるためには、
月明かりがた大切な存在でした。

そのため、年に1回、
空が澄みわたってきれいな
この時期にお月様に感謝をする意味で始まったそうです。

お月見にはすすきとお団子というイメージがありませんか?

お月見には、
なぜススキを飾るようになったんでしょうか?

ススキって、
稲穂に似てませんか。

 

まだ、
稲刈りをしないこの時期に豊作を願い
稲穂に似たススキを飾るようになりました。

またススキは、
お月さまの神様の依り代として
飾るようになったようになったそうです。

ススキの切り口が、
鋭いため魔よけの意味もあります。

 

また、
地域によっては、
魔よけのためにお月見に飾った
ススキを来年のお月見まで、
屋根に飾っておくところもあるようです。

なぜお団子供えるようになったのでしようか

お団子を供え始めたのは
江戸時代からのようです。

 

その前は、
お月見の頃に採れる里芋や栗を供えていました。

十五夜の時期は、
新しい里芋や栗が採れる時期でもあり、
月の神様に収穫の感謝をするために、
お供えしたのが始まりとされます。

 

江戸時代に入り、
米の収穫に感謝して
団子が供えられるようになりました。

団子は何個供える?

2016年の十五夜

 

十五夜だから、
15個供えるとかや満月が年に12回あるから12個だとか、
十五夜の15から10引いて5個供えるとか諸説あります。

 

月見団子は「三方(さんぽう)」という台に乗せ、
なければお盆などにのせ、
白い紙を引き、
2段から3段に重ねて供えます。

まん丸のお団子は亡くなった人の
「枕団子」に通じてしまうため、
少し真ん中をつぶし、
少しいびつな団子に作ります。

また、
団子の大きさは十五夜にかけて
一寸吾分(4.5センチ)で作ると
縁起がいい
そうです。

最後に衝撃の事実

十五夜は毎年満月ではない。

十五夜は、
旧暦の8月15日になっており、
旧暦と月の満ち欠けには誤差があり、
十五夜=満月ではないのです。

 

満月と十五夜が重なるのは、
2020年とのこと。

東京オリンピックの年。

なんかすごくプレミアムな
お月見になりそうな予感。

 

いかがでしたか?

十五夜の歴史的な意味や
ススキとお団子を飾る理由がわかり、
十五夜を理解しましたが、
単純に年に1度澄み切った空の下、
恋人や家族、
友人と月を眺めて十五夜を楽しんではいかがですか?