高校生だけ

高校生にもなると、家族と遊びに行くより、1人でまたは友人同士で遊びに行きたくなりますよね。

GWや夏休みなどの長期休暇のプチ旅行や卒業旅行など、そういう機会も多くなります。

とはいえ、高校生が使えるお金には限りがあり、できれば交通費を抑えたいところです。

そうすると、利用したくなるのが夜行バスですが、未成年の高校生だけで乗れるものなのでしょうか?

そこで、高校生だけで夜行バスに乗れるのか、その場合の注意点は?などについてまとめました。

高校生だけでも夜行バスに乗れる!

高校生だけ

まず、結論から言えば、高校生だけで夜行バスに乗ることは可能です。

2013年8月より、「新高速乗合バス」という制度が導入され、事業許可の下りた優良事業者が運行する夜行バスや高速バスが「路線バス」という区分に入ることになりました。

路線バスは、公共交通機関ですから、誰でも乗ることができます。

ただし、高校生が、大人の同伴なしで乗ることのできる夜行バスは、優良事業者が運行するものに限られます。

高校生だけで利用する場合には、そのバスが「新高速乗合バス」制度の対象であることを確認しましょう。

高校生だけで夜行バスに乗るには同意が必要

夜行バス

高校生だけで夜行バスに乗ることは、制度上可能ですが、保護者の同意が必要です。

一部の深夜バスでは、保護者の同意書が必要になる場合もあります。

また、観光目的のバスツアーやバスにセットプランがついているものに参加する場合、必ず保護者の同意書が必要になります。

ツアー会社によってそれぞれ規定が異なるので、ツアー詳細で同意書が必要かどうか、よく確認してくださいね。

もし、警察官に声をかけられても、同意書を見せて説明すれば補導されることもないので、規定で必要ない場合でも、持っている方が安心して乗車できますよ。

高校生だけで夜行バスに乗るときに気をつけたいこと

高校生だけ

高校生だけで、夜行バスに乗る場合、気をつけたいことについてご紹介します。

節度ある行動を

旅先では、大人でも羽目を外してしまう人もいます。

高校生で、しかも友達同士なら、ついついはしゃいだり騒いだりしてしまいがちです。

ですが、夜行バスでは寝て移動するつもりの乗客が多いので、騒ぐと周囲の迷惑になったり、それがもとでトラブルに巻き込まれたりすることもあります。

楽しい旅にするためにも、乗車中は静かに過ごしましょう。

防犯対策

貴重品の管理には、特に気をつけたいですね。

高校生の普段の生活では、あまり気にかけていないかもしれませんが、いろいろな乗客が乗り合わせる夜行バスですから注意が必要です。

眠ったりトイレに行ったりするときは、貴重品を手元から離さないようにしましょう。

また、女子高生の場合は、残念ながら、痴漢についても気を付ける必要があります。

未成年の女性は特に被害に遭いやすいので、できれば女性専用車両などを利用することをお勧めします。

まとめ

高校生だけで夜行バスに乗ることは可能ですが、保護者の同意が必要です。

また、同意書を必要とする場合もあります。

警察官などに聞かれたときに説明しやすくするためにも、同意書を持っておくと安心ですね。

楽しい旅行にするためにも、保護者の方とよく相談して同意を得てから、夜行バスを利用してくださいね。