静電気

寒くなってくると、
静電気に悩む方も多いでしょう。

冬は静電気が起こって当たり前みたいな感覚で、
諦めている人もいるんじゃないですか?

私も、静電気が起きるのは仕方ないと諦めています。

しかし、静電気が起きるのはちゃんとした理由があるんですよ。

なので、その理由が分かれば静電気を防ぐことができます。
なぜ静電気が起きるのか、まとめてみました。

重ね着をするから摩擦が起こりやすい

静電気

静電気が起きる理由として、
乾燥と摩擦が挙げられます。

冬場になると、
寒さ対策として重ね着をしますよね。

しかし、その重ね着が静電気の原因となっているんです。

複数の洋服を着ることで、
洋服同士がこすれ合い、摩擦による摩擦帯電が起きます。
その為、静電気が起きやすくなるのです。

ヒートテックインナーなどを利用し、
着る洋服の枚数を減らせば静電気は防げるでしょう。

素材の組み合わせに問題あり

静電気

洋服の素材は、
プラスの電気を帯びやすい素材とマイナスの電気を帯びやすい素材に
分けられます。

プラスの電気を帯びやすい素材

羊毛、ウール、ナイロン、レーヨン、絹、皮

マイナスの電気を帯びやすい素材

塩化ビニル、アクリル、ポリエステル

以上のように分けられます。
木綿や麻は、帯電しにくい素材です。

これらの組み合わせ方で、
静電気が起きやすくなります。

プラスならプラスの素材と組み合わせれば静電気は起きにくいのですが、
プラスとマイナスを合わせると静電気が起きやすくなります。

例えば、セーターとウール素材のボトムスの組み合わせなら
静電気は起きにくいです。

しかし、セーターの素材がアクリルだったら静電気が起きやすくなるので
素材のチェックをするといいでしょう。

乾燥だけじゃない⁉汗も静電気の原因⁉

静電気

体に溜まった電気は、金属に触れたときに放出するので
手は一番静電気を感じやすいです。

しかし、体内に電気が溜まっていなくても
手が乾燥していたり、手汗をかいていると
静電気は発生してしまいます。

汗をかいているんだから、
手は乾燥していないんじゃないって思いますよね。

だけど、汗によって手の水分は奪われてしまっているんです。
その為、手汗をかいていても静電気が起きてしまいます。

ハンドクリームなどを使って、手の乾燥を防ぎましょう。
手汗をかいている場合は、手足用の制汗剤で汗をおさえてください。

靴の素材も静電気と関係している

静電気

靴の素材も、要チェックですよ。

昔は、下駄や草履を履いていたので
自然と足から地面へ電気が放出されていました。

しかし、現代は靴の素材も変わり
靴底はゴムやプラスチック製が主流となっています。

それらは、電気を通さない性質を持っているので
電気は地面へ逃げることが出来ません

厚底など、靴底の高い靴ほど電気が逃げにくいので
体内に電気が溜まりやすくなります。

静電気防止スプレーをふりかけるなどの
対策をとるといいでしょう。

ブラッシングをするだけで数万ボルトの電流が流れる

静電気

私たちの体の中で一番、
静電気を発生しやすいのは髪です。

髪は量が多いので、摩擦が起こりやすいんですよ。

小学生の頃、男の子たちがアニメのキャラクターになりきるために
下敷きで髪の毛を逆立てて遊んでいませんでしたか?

プラスチック製の下敷きと髪の毛をこすることで、
静電気が発生して髪が逆立っていたんですよね。

それぐらい簡単に、
髪の毛は静電気が発生しやすいんです。

ブラッシングをするだけで、
数万ボルトの電流が流れる
と言われるんですからすごいですよね。

対策としては、
やっぱり髪の毛を乾燥させないことが大事になってきます。

洗い流さないトリートメントなどを使うといいでしょう。

洗い上がりが気持ちいいからと、
洗浄力の強いシャンプーを使うのもやめて下さい。

頭皮の皮脂を取り過ぎてしまい、乾燥を引き起こします。

ブラシやくしは、プラスチック製のものが多いですが
摩擦を減らすためには天然素材の毛が使われたブラシを使うといいですよ。

まとめ

静電気

静電気が起きる原因をまとめてみましたが、
いろいろと原因はあるんですね。

ちょっとビックリです。

洋服だけ気をつけるなどしても、
他が静電気の起きやすい状況では意味がありません。

ここに書かれたことを参考に、全体的に静電気対策をとるといいでしょう。