雪かき

雪国では、雪かき用のスコップなどを常備しています。

が、普段あまり雪の降らない、例えば、首都圏などでは、スコップを常備している人ってまずいませんよね。

何年かに一度の大雪のたびに、スコップの必要性を痛感しても、つい購入まで至らないものです。

そして、いざ大雪が降ると、スコップは品薄になって、入手が困難になります。

そこで、大雪の後の首都圏では、いろいろなものをスコップの代わりにして雪かきをする人が続出。

ここでは、そんな雪かきに使えるスコップの代用品についてまとめてみました。

雪かきに使えるスコップの代用品

雪かき

本来は、雪かき用のスコップなどを利用するのが一番ですが、雪が積もらない地域では、年に一度あるかないかの大雪のために準備するのはなかなかできないものですね。

そのため、大雪の後の首都圏では、いろいろなものをスコップの代用品として雪かきをする姿が目撃されるそうです。

ちりとり

浅く積もった場合の雪かきに使える道具です。

庭掃除などをするお宅には、よくある道具なので、利用しやすいですよね。

ただし、素材によっては柄が折れたり、雪の重みに耐えられず破損することもあるので、注意が必要です。

バケツ

たいていの家で、一つくらいはあるのがバケツですね。

バケツ自体で雪をかくこともできますし、板状のもので集めた雪をバケツで運ぶためにも使えます。

ご近所の方と協力して、「バケツリレー」で雪をどけることもできるかも。

プラスチックのものは破損するかもしれないので、アルミ製のものがあるといいですね。

風呂のふた

蛇腹式のふただと、長さもあり、腰をあまりかがめないで雪かきができるのがメリットですね。

大量の雪を移動するときにも便利ですが、力が要るのでお父さんにやってもらうのがいいでしょう。

段ボール

使い捨てられるのが利点です。

ただ、水分を含むとぐにゃぐにゃになってしまいますし、重い雪は運びづらいです。

が、何もないときには、使える道具です。

フライパン

大雪の時、実際にフライパンを使って雪かきをした人がかなり多かったようです、

スナップを入れて雪を持ち上げることができるため、意外と使える道具です。

四角い卵焼き用フライパンが、特に使いやすいようですね。

ただ、柄が短いので、道の雪などをかくとすぐに腰が痛くなってしまいます。

階段などの雪かきには向いているでしょう。

衛生面を気にしなければ、使える道具です。

大雪に備えて雪かき用のスコップを用意しよう

スコップ

上述のように、家庭にあるものでも、意外と雪かき用のスコップの代わりになるものですが、やはり、代用品ですので、腰が痛くなったり、強度に問題があったりします。

そこで、年に一回あるかないかとはいえ、大雪に備えて雪かき用のスコップを用意しておくと、いざという時に役に立ちます。

そこで、お勧めの雪かきの道具をご紹介します。

雪かき用スコップ

やはり、雪かき用の専用のスコップが一番のお勧めです。

ホームセンターなどで、2,000円程度で買うことができます。

ネット通販なら、もっと安く買えることも。

大雪が降ってからでは、品薄になり入手困難なこともあるので、事前に購入しておきましょう。

ママさんダンプ

大量の雪を移動させるために使う道具です。

お値段もそんなに高くはなく、探せば、3,000円台からありますので、探してみてくださいね。

剣先スコップ

固い雪や凍った雪を砕くときに便利です。

スノープッシャー

スコップの柄の先に、幅広のショベルがついている道具です。

雪を押し出すようにして使います。

深さが浅い場合や、水分を多く含む雪をかく場合に役立ちます。

まとめ

首都圏などでは、大雪は年に一度か二度程度ですから、専用の道具を用意しておく人は少ないですよね。

でも、大雪が降ってしまうと、雪かきをしなければ身動きが取れなくなってしまうことも。

そんな時、うちにあるもので代用するしかありません。

雪かき用のスコップの代用になるものを知っておくと便利です。

ですが、専用の道具を一つ用意しておくとさらに便利です。

収納に余裕があるなら、ぜひ雪かき用の道具を準備しておいてくださいね。