避難グッズ・最低限
9月1日は防災の日です。これにつきまして、改めて防災について考えてみましょう。
もしも災害が起こったときを考えて、避難グッズを揃えてみようとすると、結構な荷物になると思います。
出来れば最低限必要なものに抑えたいところです。
今回は最低限に必要な避難グッズは何がいいのか?についてまとめてみました。

最低限必要な物は何か?

貴重品(現金・通帳・印鑑・保険証・携帯電話)
これらは普段使うカバンなどに入れておいたほうがいいです。災害時はATMがすぐ復旧するとは限りませんので、家の中に多少の現金は置いておくほうがいいかもしれません。

リュック(できるだけ容量が多いものが好ましいです。)
両手をふさがずに使えるリュックがいいでしょう。ファミリーの方でしたら、家族一つずつ最低限の避難グッズが入ったリュックを持っているだけで、避難時に安心です。

飲料水・非常食
飲料水なら、最低3日分は用意しておくべきです。飲料以外にも怪我をした時に傷口を洗ったりもすると思うので、多めに準備が必要です。
非常食は、出来れば水やお湯を使わなくて済むような缶詰タイプやレトルトなどが多い方がいいと思います。
赤ちゃんなど小さいお子さんが居るご家庭はミルクや離乳食といったものも必要になります。

・軍手や防災ずきんやヘルメット
災害時には、防寒や後始末をする際に、軍手があると便利です。できるだけ分厚く、頑丈なものを用意しましょう。防災ずきんは、災害時に頭を守ることで重要になってきます。
最近では、耐火性や折りたためるタイプのものがあるので、機能が良く・小さく収納できるものを選べば持ち運ぶ時に邪魔になりません。

・サバイバルブランケット
アルミタイプのブランケットです。災害時の季節のもよりますが、防寒対策として備えておくことをおすすめします。普通のブランケットでも、圧縮袋に入れておけば荷物がかさばらないので、是非家族分用意しておきましょう。

・LEDライトや手回しラジオ
避難グッズ・最低限
地震や台風が起こると停電になる場合が多いです。そんな時に役立つのはLEDライトや手回し式のラジオです。
最近のものは懐中電灯や、ラジオ・携帯の充電器が一体になっているものもあるので、一つ持っておくと荷物も減るのでおすすめです。

・携帯充電器
災害時は連絡が取れなくなることがとても不安になります。連絡しようにも充電がないということにならないように用意しておきましょう。
電池式やソーラー式・手回し式などを備えておきましょう。

・簡易トイレ
災害発生直後は水が止まっていることが多いので、簡易トイレは必ず用意しておきましょう。
最低でも3.4日分備えていきましょう。

まとめ

避難グッズ・最低限
いかがでしたでしょうか?
最低限必要な避難グッズをまとめてみました。多くありそうですが、リュックに入れてみると意外と入り切る量です。これらを元に、自分に合った避難グッズをまとめてみるのもいいかもしれません。