1

もうすぐ幼稚園の運動会。

お子さんの活躍が楽しみな一方、「お弁当のメニューどうしよう?」というのが、お母さんの共通の悩みです。

運動会当日は、朝早く出発してレジャーシートやテントの場所取り。

お弁当作成に費やせる時間は限られています。

自分の親だけならともかく、義両親も来るとなると、量もたくさん必要ですし、献立にも気を遣いますよね。

 

今年はこんなメニューはいかがでしょう。

・唐揚げ     ・エビフライ

・焼鮭      ・玉子焼

・かまぼこ    ・いなり寿司

・ミニトマト   ・漬け物

・かぼちゃの煮物 ・きんぴらごぼう

一見ありきたりなメニューですが、手早く作れて、幼稚園児にも義両親にもウケがいいように工夫してみました。

以下で詳しく説明していきます。

 1. 運動会弁当の定番、揚げ物はノンフライヤーで

2

運動会メニューの定番といえば、唐揚げやエビフライなどの揚げ物ですよね。

子ども達の大好物です。

とはいえ、朝から揚げ物を大量に作るのは、時間がかかるし片付けも大変。

 

これを機に、ノンフライヤーを是非利用してみて下さい。

前日に下味をつけておけば、朝に粉をまぶして、バスケットに放り込むだけ

他の料理を仕上げている間に、唐揚げやエビフライが自動的にできあがります。

ノンフライヤーは、調理油をほとんど使わず、食材がもつ脂を最大限に利用して揚げ物を作ります。

 

ですから、ノンフライヤーで作った唐揚げやエビフライは脂っこくなく、さっぱりと食べられ、義両親にもオススメです。

 2. 義両親も喜ぶ、揚げ物以外のおかずも忘れずに

3

年配の方の中には、揚げ物がどうしても苦手という方もいるでしょう。

揚げ物以外のおかずも用意しておけば安心。

焼鮭、かまぼこ、玉子焼などがオススメです。

 

写真のように並べたら、一番上の一切れにだけ少し海苔で細工してみてください。

ほとんど手間なしで、サンリオのキャラクター「きりみちゃん」と「かまぼこちゃん」ができますよ。

お子さんには一番上のキャラおかずを、大人にはその他のおかずを食べてもらえば、みんな大満足ですね。

3. 手に取りやすい主食に幼稚園児向けのひと工夫を

4

野外では、おにぎりやサンドイッチなど、手に持って食べやすいものが一番です。

凝ったキャラクターおにぎりを作っている時間はありませんが、ちょっと工夫するだけでお弁当が華やかになりますよ。

おにぎりやサンドイッチは、いろいろな具を揃えるのが意外と手間。

おすすめはいなり寿司です。

オープン型のいなり寿司をキャンバスに見立てて、型抜きで抜いた花や動物などを置いてみましょう。

彩りも良くなりますし、見た目にもかわいらしく、義両親にもウケが良いのではないでしょうか。

 4. 運動会は炎天下!非加熱の野菜はミニトマトと漬け物でじゅうぶん

5

5月10月いずれの運動会でも、かなり暑くなる日があります。

クーラーボックスなどを利用する方も多いとは思いますが、サラダなどは食中毒が心配です。

思い切って、非加熱の野菜はミニトマトと漬け物に限定してしまいましょう。

ミニトマトは、ヘタを取ってしまったほうが、細菌が増殖しにくいです。

漬け物は、高齢の方にもうれしい箸休めになりますから、浅漬けの素などを利用してぱぱっと作っておきましょう。

 5. お弁当箱につめるだけ!前日作成で冷凍→当日自然解凍の煮物・炒め物

6

栄養のバランスを考えると、煮物や炒めものがひとつあると安心です。

カボチャの煮付けやきんぴらゴボウは、前日に作成して、冷凍しておくことができます。

当日の朝、冷凍庫から出して自然解凍することで、昼頃にちょうど食べ頃になっています。

冷凍庫に入れる時は、汁をしっかり切ってから入れるようにしましょう。

 

 

運動会弁当の一例をご紹介しました。

参考にしていただけたら幸いです。

ちなみに、年配の方の中には、衛生上の問題などを理由にキャラ弁に否定的な方もいます。

運動会のお弁当をデコレーションするのは控えめにしておきましょう。

見た目の華やかさや、蓋を開けた時の園児ウケを意識しつつ、バランスの良い、衛生的なお弁当を作るようにしましょうね。