足利花火大会

7月下旬から、足利市の中心街や足利織姫神社をメイン会場として行われる「足利夏まつり」

そんな夏祭りの最後を飾るのが、「足利花火大会」です。

穴場スポットなどを調べたので、ぜひお祭りの最後を締めくくる花火を楽しんでください。

足利花火大会ってどんな花火大会なの?

足利花火大会

見どころ

1903年から始まり、今年で103回目を迎える足利花火大会。

日本の有名花火師が作った名玉花火や仕掛け花火など、打ちあがる花火の数は約20,000発
フィナーレを飾るのは大ナイアガラです。
大ナイアガラは最後を飾る花火らしく、とても見ごたえがあります。

日程

2017年8月5日(土) 19時~20時45分
荒天時 翌6日(日)

打ち上げ場所

渡良瀬川田中橋下流河川敷

アクセス方法

JR足利駅南口より徒歩5分

東武伊勢崎線足利市駅徒歩10分

東北道佐野藤岡ICから国道50号経由で車で30分

北関東道足利ICから国道234号経由で車で10分


足利花火大会の臨時駐車場一覧

足利花火大会
足利花火大会では、周辺の学校や公共施設、ショッピングセンターなどが臨時駐車場として開放されます。

駐車場名 台数 駐車場名 台数
仮設駐輪場 桜小学校 200 東山小学校 172
けやき小学校 156 さいこう
ふれあいセンター
200
第三中学校 260 障害学習センター
多目的広場
200
 臨時駐車場 大日東 100 市民プラザ 525
地場産センター 78 アキレス(株)福富町 200
助戸公民館 52 消防署東 70
医師会館東 79 保健センター 40
足利市役所 120 市民会館 200
総合グラウンド 125 元学町緑地 150
トリコット会館跡地 38 山辺公民館・グラウンド 240
市民体育館 176 コムファースト 1,280
とりせん助戸店
ケーヨーデイツー
813 あしこタウンあしかが 2,000
足利商工会議所友愛会館 75

※利用時間午後3時~午後10時
※桜小学校・第三中学校は午後1時~午後10時
※助戸公民館・東山小学校は午後2時~午後10時

足利花火大会の有料席や場所取りについて

足利花火大会

有料席

広さ 値段
有料観覧席(ブルーシート) 1区画(1.8m×3.6m)大人8人~10人 8,000
0.5区画(1.8m×1.8m) 5,000
桟敷席 1坪(3平方メートル)大人5人 17,000

※桟敷席完売 キャンセル待ち
※公式サイトより申込書をダウンロードし、足利商工会議所に直接持って行くかファックスを送る(公式サイトはこちらをクリック)
※イス席やテーブルイス席を希望する場合は、㈱JTB関東法人両毛支店(TEL0284-70-0118)へ

場所取りについて

足利花火大会では、特に場所取りに関してのルールはありません。

桟敷席や有料席の後ろ側など正面から花火が見える場所では、当日の朝から場所取りを始める方がほとんどのようです。

足利花火大会を見に行くときは電車で

足利花火大会

先ほど紹介したように、足利花火大会ではかなりの数の駐車場を用意しています。
しかし会場の近くは単線道路のため、かなり渋滞します。
また、会場周辺は17時半ごろから22時まで通行止めが行われます。

なので、出来るだけ電車を使った方がいいでしょう。
花火大会当日は臨時列車も運行されています。

JR両毛線

上り(桐生方面) 時刻  下り(佐野方面) 時刻
桐生止  17:57  佐野止  17:27
桐生止  18:26  佐野止  18:55
桐生止  21:08  佐野止  20:37
高崎行き  21:42  小山行き  21:07
桐生止  22:25  佐野止  21:21
 小山行き  22:11

※花火大会当日、JR足利駅南口改札所は22時まで延長。

足利花火大会の屋台は約500店舗

足利花火大会
花火もいいですが、屋台グルメも欠かせませんよね。

足利花火大会の屋台が出る場所は、次の三か所。

・中橋の東側のニューミヤコホテル辺り
・足利庁舎から田中橋付近
・足利駅から土手沿い

約500の屋台が軒を連ねますが、特に足利庁舎から田中橋付近に集中しています。

屋台の営業時間は、16時から21時までなので花火が始まる前に屋台を楽しむといいかもしれません。

足利花火大会を見るならココ!

足利花火大会
最後に、穴場スポットを紹介します。

織姫公園

高台にある公園なので、花火がよく見えます。

田中橋の上

花火が始まると人混みがゆるやかになります。
花火を遮るものもありません。

ドコモショップ足利店の裏の土手

打ち上げ場所から近く、臨場感のある花火を楽しめます。
なのに、18時過ぎでも場所取りが可能です。


まとめ

足利花火大会

足利花火大会の情報をまとめてみましたが、いかがでしょうか?

今年は足利花火大会に足を運んでみませんか?
かなりの人出ですが、きっと大満足するはずですよ。

私も、見に行きたいなと思います。