温泉

パパさん、ママさん、育児って大変ですよね。
ときには、家族で旅行して息抜きをしたくなりますね。

そんな時、温泉はゆっくり過ごせる点がうれしい旅行先ですよね。

でも、せっかくの温泉だから、赤ちゃんも一緒に入りたいのが人情です。

そこで、赤ちゃんと温泉に入る場合、いつごろからOKなのかや、おむつはどうするかなど、マナーも含めてご紹介します。

赤ちゃんの温泉デビュー!いつからOK!?

温泉

赤ちゃんの温泉デビューは、思っているより早くから可能です。
まずは、赤ちゃんの体の成長段階について考えましょう。

赤ちゃんがいつから温泉に入れるかには、お医者さんでも意見が分かれるところで、医学的に決まりはありません。

が、絶対守りたいのは、生後1ヶ月以上経っていることです。
この時期は、まだ自宅でもベビーバスで沐浴していますよね。

感染症の心配があるので、へその緒が取れてへそがきちんと乾燥していることが絶対条件です。
また、首が座っていないと湯船の中でそっくり返ったりして危険です。

一定時間お座りができるようになっていないと、一緒に入った大人がずっと抱っこしていなくてはならず、リラックスどころではアリアません。

赤ちゃんと温泉デビューの宿泊施設選び

温泉

赤ちゃんや子供歓迎と言う旅館やホテルをネットなどで探して、予約しましょう。

できれば、ベビーバスチェアやベビーベッドなど
赤ちゃん用品が備え付けられている施設ならベターです。

温泉施設によっては、赤ちゃんや乳幼児の入浴を禁止しているところもあるので、事前にネットなどで調べたり問い合わせたりして確認しておきましょう。

おむつの取れない赤ちゃんのために

おむつ

おむつの赤ちゃんが温泉に入る前に、気を付けておきたいことが幾つかあります。

どんな泉質がいい?

赤ちゃんは、まだまだ肌がデリケートです。

まず刺激の少ない泉質の温泉を選びましょう。

酸性泉のように大人でも肌がピリピリするようなものや、硫黄泉のようなにおいのきついものやラドンなどは、赤ちゃんには不向きです。

熱すぎるお湯はNG

温泉のお湯は、結構温度が高いですよね。
赤ちゃんには、高すぎる温度なのです。

が、大浴場では湯船のお湯に水を足して温度を調整することはできませんね。

おすすめは、水を足してお湯の温度を調整できる部屋風呂付のお部屋を取ることです。

もしぐずったりしたら?

入浴前や入浴中に赤ちゃんがぐずったり泣いたりしてしまったら、
潔く温泉デビューはあきらめましょう。

温泉に入りたいのは大人です。

赤ちゃんも温泉に入れてあげたいというのも、大人の考えです。
無理に入れたりするのは、良くありませんね。

湯船に入る前にシャワーでしっかり洗って!

湯船にいきなり入れるのは、絶対にしてはいけません。

赤ちゃんは、おむつをしていれば通気性は良くないし、
排せつ物が残ってしまうこともあります。

かけ湯の前に、シャワーでしっかり洗いましょう。
特にお尻は念入りに洗ってくださいね。

露天風呂など洗い場のないお風呂では、
かけ湯を繰り返し、やはりお尻をよく洗ってください。

長湯はしない

赤ちゃんは、体が小さいので、すぐに温まってしまうので、
長時間湯船につかっているとのぼせてしまいます。

赤ちゃんの様子を見て、早めにお湯から上がってくださいね。

水分補給を忘れずに!

ミルクやお水、白湯を持ち込むか、自販機で飲ませられそうなものがあるなら、小銭を持っていきましょう。

施設によっては、衛生上または営業上の理由から
持ち込みを禁止しているところも多いので気を付けてくださいね。

赤ちゃんは体が小さい分、脱水症状を起こしやすいのです。
入浴後に必ず水分補給をしてあげましょう。

周囲に迷惑をかけないために

温泉

もし、大浴場に赤ちゃんと入りたい場合、周囲のお客さんへの配慮をしないと、
周囲を不快にさせたり、施設にクレームが入ったりすることになります。

せっかくの温泉デビューですから、そういうトラブルは避けたいですよね。
そこで、周囲に迷惑をかけないために気をつけたいことをご紹介します。

泣いたら退散!

子供というのは、普段行かない場所に行くと、はしゃいでしまうものですね。
赤ちゃんの場合は、逆に怖がって泣いたりします。

脱衣所や浴室、湯船で泣き出してしまったら、潔く上がってしまいましょう。

入浴前にトイレを!

赤ちゃんは、思わぬところで粗相してしまいます。
おむつが取れている子は、事前にトイレに連れていきます。

おむつをしている赤ちゃんは、いつ排せつするか分かりません。

が、普段の生活のリズムから、しそうな頃ってわかりますよね。
その時間帯の入浴は避けましょう。

必ずおむつチェックをして、おむつが濡れていれば、入浴中の粗相はかなりの確率で防げますよ。

また、入浴前には水分をあまり与えないようにするとよいですね。

もし粗相をしてしまったら

どんなに注意をしていても、そこは赤ちゃん。
粗相をしてしまうこともあります。

その場合は、決して隠したりしないでください。
排水溝にそのまま流すなど、もってのほかです。

きちんと申告して、謝り、きちんと処理をしてくださいね。

まとめ

せっかく温泉に行ったら、赤ちゃんにも温泉を体験させてあげたいのは親心ですよね。

でも、赤ちゃんにとっては、温泉は熱すぎたり、慣れない場所で怖かったり、
必ずしも心地よいものではないかもしれません。

粗相させないために、気をつけないとならないこともあります。

できれば、お風呂のついている部屋を予約して、家族でゆっくり入ったほうが、
パパ・ママも赤ちゃんもリラックスして温泉を楽しめるのではないでしょうか。