調布花火大会

夏の暑さがやわらぎ、涼しくなってくる10月。
運動会や文化祭などいろんな行事が待ち受けていますが、忘れてはいけないイベントがもう一つ。

それは、東京の多摩川で行われる花火大会「調布‘‘秋’’花火2017」

花火を見るのにオススメの穴場情報はもちろん、屋台情報や見どころなどもまとめてみました。

調布花火大会の日程や打ち上げ場所情報

調布花火大会

まずは、調布花火大会の基本情報です。

日程

2017年10月28日(土) 荒天中止
開会式 17時
打ち上げ開始 17時半~18時半

打ち上げ数

8,000発

打ち上げ場所

調布市多摩川周辺

調布花火大会の見どころは「ハナビリュージョン」

調布花火大会

調布花火大会を語る上で忘れてはならないのは、「ハナビリュージョン」
音楽と共に上がる花火はコンピュータで管理されていて、他では見られない完璧なコラボレーションを楽しめます。また、映画のまちと言われるだけあって使われる音楽はすべて映画のBGM。
花火を眺めながら、映画のストーリーを思い浮かべるのも楽しいかもしれませんね。

他にも、最大8号玉を中心とした大スターマインも見ごたえがあります。

東京の中ではかなりの数が出る調布花火大会の屋台情報

調布花火大会

調布花火大会の屋台が出るのは、布田会場・京王多摩川会場・電通大グラウンド会場の三か所

有料席エリアは、14時半から屋台が並び始めます。自由観覧エリアは、11時からです。
どちらも花火大会終了と共に屋台は終わるので、早めに来て屋台を楽しむといいかもしれません。

調布花火大会の屋台は東京の花火大会の中では出店数が多く、屋台を目当てに来る人もいるそうです。

調布花火大会の会場へのアクセス方法は?駐車場はあるの?

調布花火大会

会場へのアクセス方法や車で向かう時に気になる駐車場情報や交通規制についてまとめてみました。

会場へのアクセス方法

最寄り駅 距離
布田会場  布田駅  徒歩20分
 調布駅  徒歩25分
 京王多摩川会場 京王多摩川駅 徒歩10分
調布駅 徒歩20分
電通大グラウンド 布田駅 徒歩20分
調布駅  徒歩20分

交通規制

会場付近と会場までの主要道路は交通規制が行われます。
今年の情報はまだ出ていないので、参考までに2016年の交通規制の情報を載せておきます。

時間
多摩川堤通り 16時20分~21時20分
市役所前通り
調布駅周辺道路
17時50分~22時50分
桜堤通り
稲田堤駅前通り
中野島駅前通り
三中通り
17時50分~21時20分
布田南通り 17時20分~10時50分
サイクリングロード 7時~翌日7時
多摩沿線道路 17時50分~20時50分
多摩川原橋下流側歩道 18時20分~19時50分

駐車場

調布花火大会の臨時駐車場はありません
会場周辺の有料駐車場に止めるしかありません。
しかし、午前中には満車になってしまうので早い時間に来ないといけません。

上記の通り交通規制も行われるので、車を止められても車両の出し入れが出来ないので花火が終わったからとすぐに帰る事が出来ません。車を使うなら、会場から離れた駅の周辺の有料駐車場を利用し電車で会場に向かうのが得策です。

調布花火大会の有料席情報

調布花火大会

臨場感あふれる花火をのんびりと眺められる有料席の情報です。
今年は8月の発売を予定していて、詳細な情報がまだ出ていないので2016年の情報を載せておきます。

有料席一覧

種類 値段 人数 用意数
布田会場 土手上 テーブルS  20,000 4 200
 60周年記念  4,000  1  500
 布田会場 土手下 テーブルA  18,000  4  900
 ペア椅子  8,000  2  300
 椅子A  3,000  1  3,300
 シート  10,000  4  650
 布田マス  45,000  10  17
京王多摩川会場  多摩川マス  40,000  10  15
 多摩川椅子  2,500  1  500

電通大グラウンド会場では、1人90㎝×90cmの区間を2,000円で販売しています。
自由席なので、区間内でしたらお好きな場所に座れます。

有料席の購入場所

ローソン(ロッピー)  公式HPはこちらをクリック

チケットぴあ 公式HPはこちらをクリック

イープラス 公式HPはこちらをクリック

調布花火大会の穴場スポットはココ!

調布花火大会

有料席を購入しない方でも、花火を楽しめる穴場スポットをご紹介します。

自由観覧エリア

布田会場・京王多摩川会場に自由観覧エリアがあります。
場所取りをする際、ルールがあるので確認してくださいね。

※当日の午前0時から場所取り可
※1人90cm×90cm
※場所取り後、必ず誰か待機
※水を入れたペットボトル以外の物を使っての場所取り禁止(石や杭、スプレー、ガムテープ等)

これらのルールが守られていない場合、撤去される可能性があるのでご注意ください。

イトーヨーカドー国領店

17時から花火が終わるまで、屋上駐車場を開放。
打ち上げ場所からは少し離れていますが、十分に花火を楽しめます。

最寄り駅は国領駅ですが、こちらの駅は屋台も出ているのに比較的混雑がないので帰りも安心です。

布田公園

上布田公園と下布田公園と2つありますが、どちらも十分花火を楽しめます。
比較的空いていて、場所取りにはおススメです。

稲城大橋

ここは穴場として有名ですが、大混雑とまではいかないのでゆっくりと花火を楽しめます。
ただ橋なので、立って見ないといけないという難点はあります。

川崎市側の多摩川土手

調布花火大会は川で打ちあがるので、当然、反対側の川崎でも見れます。
メイン会場ではないので混雑はありませんが、念の為夕方頃までには場所取りをした方がいいでしょう。

稲田少年野球場

打ち上げ場所から離れているので、混雑は少ないです。
でも、花火はよく見えます。

まとめ

調布花火大会

秋に行われる花火大会ですが、人出は約38万人と夏の花火大会と変わらない大盛況ぶりです。
打ち上げ時間間近になると駅から会場への道は人であふれかえり、ものすごいことになります。

早め早めの行動を心掛けるといいでしょう。
もしくは、布田会場周辺や川崎あたりなら混雑は少ないのでそちらに向かうのもいいかなと思います。

ぜひ、映画音楽と花火のコラボレーションを楽しんでください。