結婚式

結婚式の会場や披露宴会場が決まってホッとするのも束の間、次に決めなくてはならない1つに、式の席次表があります。
席次表とはゲストが座る場所の配置のことで、式場には職場の人や友人、お世話になっている人等様々なゲストがいらっしゃいます。
その方々に気持ちよく式を過ごしてもらうには、席次表の配置はとても重要になってきます。

そこで、今回は基本的な席次表の並び方や順番をご紹介します

席のタイプ別 基本の配置

結婚式

席次表を決めるにあたってまず会場のテーブルのタイプを把握しておきましょう。

一般的には丸テーブルと長テーブルの2種類があります。

丸テーブル

丸テーブルは、招待客の人数を調節する際に融通のきくテーブルです。
また全員の顔が見えるので、余興でゲームを行う際には向いているテーブルです。

長テーブル

長テーブルは昔ながらの厳粛な披露宴向きです。
収容人数も丸テーブルより多くの人数を入れることができるところがメリットです。

席次表の基本のルール

結婚式

まず新郎新婦の席に一番近い席が上座、一番遠い場所が下座になります。

上座の方から主賓席・来賓席(会社の上司や先輩、同僚など)、友人・知人席、新郎新婦の親戚と並んでいき、下座に新郎新婦の両親、家族という順番で座ります。

また、新郎家のゲストは席次の左側、新婦のゲストは席次の右側に座ります。

主賓・職場関係者の並び

ビジネスマン

会社関係者の席順は基本役職が上の人が上座に座ります。

そして、役職の一番上の人が主賓として祝辞の挨拶をするのが一般的です。

同じ役職の人がいる場合、年齢や社歴などで順番を決めます。
また会社関係者の人数が多い場合は、上司と先輩のテーブル、同僚のテーブルと分けることもできます。

友人・知人の並び

友達

友人や知人に上下関係は無いので、自由に席を組んでも大丈夫です。

よく両家のゲスト数に差が出る場合、新郎新婦の友人席を混合にしてバランスを取ることがあります。

また仲の良い友人で固めたり、独身同士のテーブルを作ったりと、会話が弾み、皆が楽しめるような配置にすることを心掛けましょう。

両親・親族の並び

家族

親族の並びは血縁関係が濃い方から下座に座ります。

つまり末席から、新郎新婦の両親、兄弟、祖父母、叔父叔母(伯父伯母)、従兄弟という順で配置していきます。

親族の中には小さな子連れや、足の悪い方がいる場合もあります。その場合は、席を出入り口の近くにしておき、途中退座し易いようにしましょう。

会場側にベビーカーの用意があるかどうかも聞いておくと、赤ちゃん連れのゲストに喜ばれます。

まとめ

結婚式の席次表は皆が楽しく気持ちよく過ごしてもらうためのおもてなしの一歩です。

基本的なルールを守れば、応用がきくので、まずは式場のプランナーさんに相談してみましょう。

特別な一日の為に自分達らしさの出る席次表をぜひ作ってみてください。