結婚式の受付係をいざ頼まれたら、具体的に何をすればいいのか分からないですよね?
結婚式の受付は、いわゆる両家の「顔」です。
新郎新婦の代わりとなって、一番にゲストへおもてなしをする役目になります。
また、ご祝儀を扱うとても重要な仕事ですので、細心の注意を払わなくてはなりません。
そこで、当日ゲストに失礼のないように、スムーズな受付を行うにはどのような事に気をつければいいのかをまとめてみました。

受付係の服装

女性ドレス

女性の服装

受付係は自身もゲストを「招待する側」として行動をしなくてはいけません。派手すぎる格好は避けて、清楚でキレイめなワンピース等の服装が基本です。

足元はヒールのあるパンプスが無難です。フォーマルな場なので、カジュアルなオープントゥのパンプスはやめましょう。また、動物殺生を思わせるヘビ柄やファー付きのモノはNGです。

受付をする際は顔を下げることが多いので、髪がかからないように、髪が長い人はスッキリとまとめた方が良いです。髪に付けるアクセサリーも新婦とかぶるような大きいコサージュや派手なものは避けてください。

経験上、受付係は手元を見られることが多いので、女性の場合ネイルなどをして指先まで綺麗にしておくことをオススメします。

男性の服装

蝶ネクタイ

男性は女性と同じように、フォーマルの服装が基本です。
ブラックやグレー、ネイビーのスーツを着用し、シャツやネクタイも新郎より目立つことのないような色味のものにしてください。

また、靴は黒か茶のストレートチップかプレーントゥの革靴がオススメです。靴はTPOに合わせて選びましょう。

受付では様々なゲストに見られる事になるので、胸元にオシャレなポケットチーフを入れておくと一気に華やかになります。

当日の受付の流れ

式場

受付係の仕事は、

親族側の立場としてゲストに挨拶をする

ゲストに芳名帳を記入してもらい、ご祝儀を預かる

ゲストに席次表やお車代を渡し、会場への案内をする

受付終了時にゲストが全員揃っているか確認する

といった流れになります。

この流れを段取りよく行うために、以下のことを事前に準備しておくとスムーズな受付の仕事ができます。

受付係同士の打ち合わせ

自分以外の受付の担当者や式場担当者に挨拶をして、打ち合わせを行います。

受付に必要なものを会場の担当者や両家から受け取り、預かったご祝儀を誰に渡すのかを確認をしておきましょう。

また、この時に受付同士が役割分担をしておくと、実際に受付が始まってからスムーズに仕事ができます。

【受付に必要なものリスト】
・芳名帳
・ボールペンや筆ペンなどの筆記用具
・ゲストのリストとお車代(お車代を渡す人のリストも忘れずに!)
・ゲストに渡す席次表や席札

会場の場所確認

受付ではゲストを会場へ誘導する役割もあるので、披露宴の行われる場所や、クローク、お手洗い、更衣室、待合室の場所を確認しておくことが大事です。

ゲストに聞かれた際に、スムーズな受け答えができるといいですよね。

受付の集合時間

時計

受付の開始時間は大抵開演30分前からなので、遅くとも1時間前には受付係は集合しておきましょう。
早めに受付へ来るゲストのことを想定して、できるだけ早く準備をしておくと良いです。

もし受付の終了時間になってもゲストが揃っていない場合は、会場担当者に伝え、少なくとも受付の代表者が1名が残ります。
式や披露宴開始10分前になっても来ない場合は、式場のスタッフにその旨を伝え、ご祝儀袋と芳名帳を渡して、会場に向かってください。

受付係りとしてのマナー・挨拶の仕方

ウェルカムボード

当日はいらっしゃったゲストの方に失礼のないように、態度や言葉遣い、マナーには気をつけてください。また、晴れの日にふさわしい明るく丁寧な挨拶を心がけ、笑顔を忘れないようにしましょう。

【ゲストとの挨拶例文】
◆ゲストから祝福の言葉を受けて、「本日はお忙しい中、出席いただきありがとうございます。」

◆ご祝儀を手渡され、「(両手で受け取り)ありがとうございます。お預かりいたします。」

◆芳名帳をゲストの正面に出し、「恐れ入りますが、こちらにご記帳をお願いいたします。」

◆席次表を手渡し、「式(披露宴)が始まるまで、もうしばらく控え室でお待ちください。」

ご祝儀の管理・渡すタイミング

祝儀袋

たくさんのご祝儀を預かって管理する事は、とても緊張することですし、不安になりますよね。

大金を預かっているという責任を持ち、受付が無人にならないように注意しましょう。

また、ご祝儀を渡す人を事前に確認しておき、いつ渡せばいいのかも把握しておくことも大切です。

会場によっては式場スタッフが預かることもありますし、新郎新婦のご両親に直接手渡しするケースもあります。

直接親族に渡す場合は、担当スタッフに確認するか、新郎新婦が入場する前の時間にご両親に渡してください。

直前になって慌てないように、新郎新婦のご両親の顔をしっかりと確認して覚えておいて下さいね。

華やかな一日にふさわしいおもてなしを

人形

受付係として新郎新婦にとって晴れやかな一日を手伝うことは、とても責任のいることですが、同時に信頼されている証拠です。

新郎新婦や両家の「顔」として、ゲストへ最大限のおもてなしが出来るように、当日は慌てず落ち着いて受付の仕事をしましょう。