友人

結婚式という華やかな場で、友人代表としてスピーチを任されたことはありますか?
新郎新婦の両親や、沢山のゲストが出席している会場で挨拶をするとなると、とても緊張しますよね。

そこで、いざマイクを前にすると何を喋っていいのか分からないという人向けに、スピーチをする際のマナー、基本的なスピーチのつくり方や文例をまとめてみました。

せっかくの新郎・新婦の晴れ舞台を台無しにしないように、ステキなスピーチを作るための参考にしてみてください。

1 スピーチの基本的なマナー・流れ

マイク

1 スピーチの所要時間

友人代表スピーチの基本的な所有時間の目安は、だいたい2~3分です。

スピーチがあまり長すぎると聞いている人達が飽きてきますし、短すぎると素っ気ない内容になってしまいます。

2 スピーチの流れ

スピーチのはじめ

司会者に名前を呼ばれたらその場で席を立ち、他のゲストに向かって、まず一礼します。
その後マイクの前まで行き、マイクの前でもう一度一礼します。

スピーチを話している最中

スピーチを始めると多くの人が陥りやすいのが、早口になってしまうことです。出席者が聞きやすい速さで、自分が思うよりも少しゆっくり喋るとちょうど良いです。

スピーチが終わった後

スピーチ後は新郎新婦に向かって一礼し、その後両家の方に向かって一礼してから、自分の席へ帰って行き着席します。

2 忌み言葉を使わない

禁止

せっかくのおめでたい場なので、式にふさわしくない政治的な話や、宗教的な話は避けてください。
また、タブーとされる言葉を知っておくことで、本番で使用しないように注意しておきましょう。

忌言葉の例

別れる・切る・離れる・終わる・壊れる・破れる・失う・出る・絶える・去る・消える・逃げる・帰る・返す・流れる・飽きる・嫌う・滅びる・欠ける・変わる・弱る・殺す・亡くなる・苦しむ・割れる・薄い・弔う・葬る・散る・枯れる・捨てる・色褪せる・病・最後・死・血・四・九・再び・またまた・しばしば・再度・返す返す・いよいよ・重ね重ね・次々・繰り返し・再三   等

3 スピーチの構成・文例

手紙

1 スピーチの構成

スピーチの基本的な構成は以下の通りです。
—————————————————————————————————-
新郎・新婦、両家に花向けの言葉

自己紹介

新郎・新婦との具体的なエピソード

二人へのお祝いの言葉・締めの言葉

この流れを軸に内容を考えていけば、まとまりのあるスピーチになります。

2 スピーチ文例

はじめの挨拶

まずスピーチの出だしは、新郎・新婦へのお祝いの言葉や、結婚式への招待のお礼を述べましょう。出だしが一番緊張するので、ここは何回も練習して暗記しておくことがオススメです。

冒頭の文例
◆「○○君、△△さん、ご結婚おめでとうございます。また、両家ならびにご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。」

◆「○○君、△△さん、本日はご結婚おめでとうございます。また、ご両家、ご親族の皆様方におかれましても、心よりお喜び申し上げます。」

◆「○○君、△△さん、ご結婚おめでとうございます!本日はこのような素敵な式にお招きいただき、ありがとうございます。」

自己紹介

次に自身の自己紹介を、新郎・新婦との関係性や出会いを絡めて簡潔にお話します。

自己紹介の文例
◆「只今ご紹介に預かりました〇〇と申します。
新婦の△△さんとは、高校時代の同級生です。一年生の頃、同じクラスの、隣同士の席だったのがきっかけで仲良くなりました。」

◆「新郎の〇〇君と同じ△△会社に勤めております、●●と申します。
○○君とは同期で、一緒の仕事を担当する中で仲良くなり、プライベートでも気の合う友人です。」

新郎・新婦とのエピソード

新郎・新婦とのエピソードを話す際は、友人である自分だからこその話をしましょう。

新郎・新婦は友人の代表としてあなたを選んでくれたのです。
仲の良い友人として、新郎・新婦がいかに素敵な人物かをゲストにアピールする場面なので、新郎・新婦の人柄が分かるような具体的なエピソードにしましょう。

また、親しい間柄だと、思い出が沢山あって、あれもこれも話したい事が多いでしょうが、スピーチの時間は限られているので、エピソードは1つに絞ることが大切です。

エピソード文例
◆「始めて△△さんに話しかけた時は、正直緊張しました。ですが、△△さんはとても気さくな子で、いつもニコニコ笑顔で話しかけてくれました。」

◆「同じバレー部だった△△さんですが、厳しい練習が終わった後も、一人残って自主練習をしたり、私の練習に付き合ってくれたりして、人一倍頑張り屋で、とても仲間思いの優しい子だなと感じていました。」

二人へのお祝いの言葉・締めの言葉

はじめの挨拶と同様に、締めの挨拶も形式的で大丈夫です。
最後はカチッとした結びでスピーチをカッコよくまとめましょう。

締めの言葉文例
◆「お二人の末永い幸せをお祈りいたします。」
◆「○○君、△△さんがいつも笑顔でいられるように、幸せにしてあげてください。」
◆「お二人の素晴らしい未来をお祈りいたします。本当におめでとうございます。」
◆「以上をもちまして、お祝いの言葉とさせていただきます。」

4 まとめ

結婚式 友人

スピーチ会場には、新郎・新婦の両親や、関係者がゲストとして主席しています。友人代表だからといって砕けすぎたスピーチや話し方はあまりふさわしくありません。

新郎・新婦にとって一生の思い出になる場ですから、できるだけはっきりとして話し方で堂々とスピーチを行いましょう。

しかし、気負い過ぎても緊張してしまうので、スピーチを暗記する自信がない方、あがり症で不安な方は、念のため原稿を手元に持っておきましょう。

また、原稿の代わりにスピーチの内容を手紙にしたためて、その場で読んでもいいでしょう。その際は、「本日は大役を任され、大変緊張しておりますので、手紙を書いてきました。」と一言言葉をはさみましょう。

一番の目的は、新郎・新婦に「お祝いの言葉を述べる」ことです。出来るだけ顔は前を向き、新郎・新婦や会場の人たちにアイコンタクトをとりながらスピーチをすることができたら素敵ですね。

少し間違えたり、どもったりしても、一生懸命新郎・新婦に伝えようとする姿勢があれば大丈夫です。自分らしいスピーチをすれば、きっと喜んでもらえるはずですよ。