神社の参拝

初詣はもちろん、
合格祈願など神頼みをするために
神社に訪れる人も多いでしょう。

しかし、正しい参拝の仕方は知っていますか?

強い思いがあれば神様は、
やり方が違っていても願いを聞き届けてくれるでしょう。
でも、せっかくなので
正しい参拝の仕方を覚えてみませんか?

鳥居をくぐるときは一礼

神社の参拝

ほとんどの神社には鳥居があると思いますが、
何も考えずくぐる人がほとんどでしょう。
しかし、鳥居をくぐるときもルールがあります。

まず、軽く一礼します。
誰かの家に遊びに行ったとき、
部屋に上がる前に家人に挨拶をしますよね。
それと同じで、神様に挨拶をするのです。

鳥居が一つだけならいいのですが、
複数ある場合は一番外側の「一の鳥居」から順にくぐっていきます。

参道の真ん中は神様の通る道

神社の参拝

鳥居をくぐり終えたら、
次は参道を歩いて拝殿へ向かいますよね。

※拝殿とは鈴があって、さい銭箱が置いてある場所

参道を歩くときも、
注意点があります。
参道の真ん中は、神様が通る道「正中」です。

私たちが神様の通る道を通るのは、
神様に対して失礼になるので端を歩くようにしましょう。

細かいことですが、
歩くときも注意しなきゃいけないことがあります。

右側を歩くときは右足、左側を歩くときは左足から
歩き始めましょう。

逆の足から出すと、神様に足を向けることになってしまいます。

身を清めよう

神社の参拝
まだまだ、拝殿には向かいませんよ。

手前に、「手水舎(ちょうずや)」と言う水が溜めてある場所が
あるのはご存知でしょうか。
そこで、身を清めます。

手水舎の使い方

➀手水舎に置いてあるひしゃくを右手で取り、
水を汲んだら左手にかける。
※ひしゃくに汲んだこの水一杯で一連の動作を行うので、
水はひしゃくにたっぷりと汲みましょう

➁ひしゃくを左手に持ちかえ、
右手にかける

➂再び右手にひしゃくを持ち、左の手のひらに水を受け、
その水で口をすすぐ
※ひしゃくはみんなが使うので、口をすすぐときに
口をつけるのは絶対にやらないでくださいね

➃すすぎ終わったら、
左手に水をかける

➄ひしゃくの柄に水が伝わるように立てて、
ひしゃくを清める

➅ひしゃくを元の位置に戻す

右手や左手の順番はどっちでもいいじゃんと
思いますよね。

しかし、「左右」と言う言葉から見ても分かるように
日本では昔から左手が右手よりも上だという考えがあります。
なので、左手から清めるのです。

たぶん、手水舎の所に使い方が書かれていると思うので
分からなくなったらそれを見るといいでしょう。

鈴を強く鳴らし神様にお知らせ

神社の参拝

身を清めたら、
いよいよ参拝です。

拝殿に来たら、
まずは軽く一礼をしましょう。

鈴を力強く鳴らし、神様に自分が来たことを
お知らせします。

身近な例で言うと、玄関のチャイムと同じ感じですね。

次に、さい銭箱にお賽銭を入れますが
静かに入れます
投げて入れる人も多いですが、
昔のお賽銭は物だったので投げて入れるような事は
していません。

投げたら、壊れてしまいますからね。
なので、お金でも静かに入れましょう。
金額に決まりはありません。
自分の好きな金額で大丈夫です。

お賽銭を入れたら、
「仁礼二拍手一礼」をし、お願い事をします。

仁礼二拍手一礼

仁礼
神前に向かって、二回お辞儀をします。
腰が90度に曲がるように、深くお辞儀をしましょう。

二拍手
両手を伸ばし、手のひらを合わせます。
一関節分位、右手を後ろにずらし拍手を二回しましょう。
この時、肩幅位に両手を開くようにして大きく拍手をします。
拍手を終えたら、再び手を合わせてお願い事をしてから
手をおろしてください。

拍手をするのは、神様を呼ぶためだと考えている人もいるでしょう。
しかし、神様は鈴ですでに呼んでいます。
拍手は、自分は素手ですよ、下心はありませんよという証です。

一礼
はじめの時と同じように、
腰を90度に曲げ深くお辞儀をします。

これで、神社の参拝は終わりになります。
鳥居を出たら、軽く一礼をして帰りましょう。

まとめ

神社の参拝

神社は神様のお家です。
ですから、参拝をする時は
神様のお家にお邪魔する気持ちで参拝をしましょう。

冬場はマフラーとか帽子をかぶると思いますが、
鳥居をくぐったら取るようにしてくださいね。
他人の家にお邪魔する時、
玄関をくぐったらマフラーや帽子を取るのと同じです。

「一礼二拍手一礼」など、
やり慣れない作法もありますが覚えちゃえば簡単ですよ。
ぜひ、神社の参拝の仕方を覚えてくださいね。