熊野花火大会
国の名勝地の一つ、鬼ヶ城。

そこで行われるのが「熊野花火大会」

直径600mに広がる3尺玉海上自爆やフィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛」など見どころが沢山な花火大会です。

そんな花火大会の気になる情報をいろいろとまとめてみました。

熊野花火大会の日程&会場への行き方

熊野花火大会

お盆の初精霊供養の為に打ち上げた花火が起源とされる「熊野大花火大会」
300年余りも続く三重を代表する花火大会です。

では、気になる日程などを見ていきましょう。

熊野花火大会の日程

開催日時 2017年8月17日(木) 19時10分~21時半
小雨決行(荒天時は2017年8月22日(火)、23日(水)、28日(月)、29日(火)のいずれか1日に延期)

打ち上げ場所

七里御浜海岸

会場への行き方

・鉄道
JR熊野市駅から徒歩5分

・車

熊野尾鷲道路 熊野大泊ICから国道42号(熊野大泊ICから約5分)

熊野花火大会の有料席の値段は?

熊野花火大会
無料の花火大会で、お金を払って有料席を買うのはためらってしまう人もいると思います。

でも、場所取りの労力を考えると有料席の方がいいと思いませんか?

それに、熊野花火大会では有料席の収益はすべて花火の打ち上げ費用に充てられるんですよ。
有料席を買えば、あなたも花火大会のスポンサーになれるんです。

では、気になる値段をチェックです。

定員 値段
1マス席 180cm×180cm 5名 10,000円
半マス席 90cm×180cm 2名 6,000円

※花火プログラム・レジャーシート・オリジナル花火うちわの特典付き
※延期の場合は、延期日に使う事が可。キャンセル・返金は不可。
観覧場所 第4ゲートから第5ゲート(約100m)にかかる海岸 花火本部の近く

入場時間 午後4時から

販売開始日 2017年6月30日(金) 10時より販売開始

有料席の購入場所

1回あたりの購入数 備考
熊野観光協会の窓口 1マス席 10席
半マス席 5席
販売時間 9時~12時 13時~17時
(販売開始日は10時~)
住所 三重県熊野市井戸町656-3 
(熊野市駅前特産品館2階)
電話番号 0597-89-0100
受付時間 9:00~17:00
チケットぴあ 1マス席 2席
半マス席 6席
電話予約の際、「Pコード 635-632」が必要
電話番号 0570-02-9999(24時間受付音声案内)
公式サイトhttp://w.pia.jp/t/kumano-hanabi/
チケットは1マス席の場合は5枚、半マス席の場合は2枚発券される
要手数料
楽天チケット 1マス席 4席
半マス席は購入不可
公式サイトhttp://r-t.jp/kumano
支払いはクレジットカードのみ
要手数料

※チケットぴあ楽天チケットの場合、1回の上限数以上買う場合は同じ手続きを繰り返す。
しかし、席が離れる場合や売り切れて購入出来ない場合もあり。

熊野花火大会の駐車場情報

熊野花火大会
熊野花火大会では有料の駐車場が用意されています。

今年はまだ駐車場についての情報が公開されていません。
しかし、駐車場の場所が毎年変わることはないので2016年と同じだと思われます。
正確な情報を知りたい方は、熊野花火大会の公式サイトをチェックしてみてください。
駐車場の案内図も公式サイトに載っています。

公式サイト
https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/

2016年の駐車場一覧

駐車台数 料金
有馬中学校 510台 2,000円
市営陸上競技場 510台 2,000円
市営野球場 400台 2,000円
熊野精工 185台 2,000円
旧近大高専 400台 2,000円
山崎運動公園 270台 2,000円
金山小学校 300台 2,000円
不燃物処理場 250台 2,000円
金山工業団地 900台 2,000円
金山トンネル 300台 2,000円
旧建設省 80台 2,000円
木本中学校 300台 2,000円

駐車場料金として、2,000円かかります。
また、会場からは離れているので駐車場からはシャトルバスが運行されます。

オススメの駐車場

駐車場から会場までシャトルバスが出ていますが、困ったことに行きだけなんです。
帰りは歩いて、駐車場に戻らないといけません。
その為、出来るだけ近くの駐車場に止めた方がいいです。

会場から一番近い駐車場は…本木中学校 徒歩15分

一番遠い駐車場は…金山小学校 徒歩60分

有馬中学校付近でも徒歩30分はかかります。

その他の駐車場

行政が用意した駐車場よりも割高になりますが、個人の方が臨時の駐車場を用意しています。

付近のコンビニの一部も臨時駐車場として、解放されます。
しかし、すぐに満車になってしまいます。

穴場の駐車場

熊野花火大会は、午前中で駐車場がいっぱいになってしまいます。
その為、前日に熊野入りをして車中泊する人もいます。

そんな方が利用するのが「道の駅 パーク七里御浜」

普段から車中泊する人の多い道の駅です。
駐車場には300台と多めなのもありがたいです。

パーク七里御浜は会場から離れているので、阿田和駅から会場へ向かいます。
しかし、帰りの電車は1本しかないから乗り遅れないように注意が必要です。

熊野花火大会の渋滞情報

熊野花火大会
公式サイトでも渋滞情報をお知らせするぐらい、熊野花火大会の渋滞は半端ないです。

お昼ぐらいから渋滞は始まり、15時を過ぎるとかなりの渋滞になってしまいます。
何とか現地入り出来ても、駐車場が見つからなくて花火が始まってしまったなんてこともあり得ます。

お昼前には、現地入り出来るようにしましょう。

帰りは、行き以上の渋滞を覚悟してください。
4000台を超える車が一斉に帰ろうとするからです。

抜け道があればいいのですが、抜け道もありません。

熊野花火大会の臨時列車について

熊野花火大会
熊野花火大会では臨時列車が運行されます。
しかし、本線が一つしかないのでそこまで多くはありません。

その為、当日みどりの窓口で切符が販売されますが徹夜で並ぶ人もいます。

熊野花火大会の場所取りにオススメの穴場情報!

熊野花火大会

七里御浜沿いにある獅子岩周辺

ここは、花火を撮影するのにもうってつけ。
花火に浮かび上がる獅子岩のシルエットに思わず、シャッターを切りたくなるでしょう。

打ち上げ場所からも近いので、花火も大迫力で楽しめます。

花窟神社周辺

会場から離れていますが、会場を一望出来ます。

しかし、道中には足元の悪い場所があるので気をつけて下さい。

まとめ

熊野花火大会
熊野花火大会は海の上で上げる花火のため、天気だけでなく海の状態も大事です。

その為、晴れていても高潮で延期になることもあります

遠方から行かれる方は、公式サイトを確認して下さいね。
当日の朝6時に開催されるかどうか決定するので、お出かけ前に確認するといいかも知れません。

海上自爆は熊野花火大会ならではなので、ぜひ見に行ってみてください。