潮干狩り

暖かくなってきましたね。
水も温んできますから、いよいよ潮干狩りシーズンが到来します。

潮干狩りは、海で楽しんで、美味しい貝を食べられて、一石二鳥の家族で楽しめるアウトドアレジャーですよね。
そこで、今回は神奈川の穴場スポット情報をまとめてみましたので、お出かけの参考になさってくださいね。

潮干狩りのシーズン

神奈川

さて、潮干狩りのシーズン到来と言いましたが、本当のところ、一番適した時期っていつ頃なのでしょうか。

潮干狩りのシーズンを決めるポイントは、潮の引く時間と貝の味・サイズの2つです。

潮の引く時間は、季節によって変わります。

潮の引く時間が長くなるのは、3月の半ばごろからです。

しかし、この時期はまだ、潮干狩りを楽しむには、水温も気温も低いですね。

4月から5月中旬にかけてなら、気温も水温も温かくなり、潮の引く時間も十分に長く、潮干狩りに向いています。

一方、貝の味とサイズですが、こちらも季節によって変わります。

貝自体は、一年中採ることができるのですが、十分育ってなくて中身がすかすかの時期もあるんです。

例えばアサリで一番身が詰まっておいしいのは、7~8月の産卵シーズンに備えて栄養を蓄える時期、4月中旬~5月にかけての時期です。

ということで、潮の引く時間の長さ、貝の味やサイズの両方が揃う、4月中旬から5月にかけてが、まさに潮干狩りシーズンということになります。

神奈川の潮干狩り穴場スポット

穴場

さて、今回は、東京など関東圏から行きやすい、神奈川の潮干狩り穴場スポットをご紹介したいと思います。

潮干狩りには、干潮の前後2時間が適しています。

横浜海の公園潮干狩場

東京湾沿い、三浦半島にある穴場の潮干狩り場です。

元は人工のビーチでしたが、天然のアサリが繁殖して、潮干狩りを楽しめるスポットとなった場所です。

時期

昼間に潮の引きの良い3月から9月中旬ごろまで楽しむことができますが、適しているのは、3月中旬から6月頃です。

干潮時刻表(潮見表)が公開されていますので、参考にしてください。

コチラからPDFで閲覧・ダウンロードができます。

料金

無料

採れる貝類

主に採れるのは、アサリ、シオフキ、マテガイ、カガミガイです。

シオフキやカガミガイは、アサリに比べて砂抜きが難しいです。

海の公園のHPで、貝の写真を見ることができますので、参考にしてみてくださいね。

潮干狩りのルール

資源を維持して毎年潮干狩りを楽しめるよう、下記のルールを守って、潮干狩りを楽しんでくださいね。

  • 幅15cm以上の貝採り器具を使用しないこと
  • 2cm以下の稚貝を採らないこと
  • 一人が一度に採ることができる貝の量は、2kg以内

スポットデータ

所在地:神奈川県横浜市金沢区海の公園10

問合せ先:海の公園 045-701-3450

施設:トイレ、更衣室、休憩所、コインロッカー(有料)

レンタル用品:なし

アクセス

電車:横浜シーサイドライン海の公園柴口駅徒歩2分、横浜シーサイドライン八景島駅海の公園南口徒歩2分

自動車:首都高幸浦出入口⇒国道357経由2.5km、横浜横須賀道路並木I.C⇒国道357号経由2.5km

駐車場:あり(有料) 駐車場情報

野島公園

神奈川県に唯一残っている自然海浜です。

予約をすれば、バーベキューやキャンプもできますよ。

ただし、海岸付近はバーベキューやキャンプは禁止されています。

時期

4月中旬から6月が適したシーズンです。

料金

無料

採れる貝

アサリ、バカガイ、マテガイなど

潮干狩りのルール

  • じょれんの使用禁止
  • くまでの幅は15以下のみ使用可
  • 殻の幅が2cm以下のアサリの採取禁止

スポットデータ

所在地:神奈川県横浜市金沢区野島町24

問合せ先:野島公園センター 045-781-8146(TEL・FAX)

施設:トイレ(トイレットペーパー持参)

アクセス

電車:金沢シーサイドライン野島公園駅徒歩5分

自動車:

横浜方面から国道16号線「瀬戸神社前」左折

首都高湾岸線幸浦出口⇒国道357号線「金沢柴町」右折⇒「帰帆橋」左折⇒「野島町」左折

横浜横須賀道路朝比奈I.C⇒環状4号線(県道23号線)⇒「六浦」右折⇒国道16号線⇒「内川橋」左折⇒「夕照橋」左折⇒「野島町」直進

駐車場:あり(有料) 駐車場情報

横須賀走水海岸潮干狩場

三浦半島の潮干狩り場です。

名水の湧き出る豊かな海で育ったアサリを堪能できます。

時期

例年、3月末から7月中旬です。

潮見表がありますので、参考にしてくださいね。

料金

大人(中学生以上)1,200円(2kg)、小人(小学生)600円(1kg)

スポットデータ

所在地:神奈川県横須賀市走水海岸

問合せ先:横須賀市東部漁協走水大津支所 046-841-0680

施設:トイレ

レンタル用品:くまで100円

アクセス

電車:京急馬堀海岸駅⇒京急バス観音崎行で5分⇒伊勢町バス停下車徒歩2分

自動車:横浜横須賀道路馬堀海岸I.C⇒国道16号経由2km

駐車場:あり(有料;近隣の市営・民間駐車場)

東扇島東公園 かわさきの浜潮干狩場

都心から近く、バーベキュー広場やドッグラン、芝生広場などのある広大な公園です。

人工海浜(かわさきの浜)で、潮干狩りを楽しむことができます。

この浜のアサリは、東京湾の天然の海の幸です。

時期

開催時期は通年です。

気象庁の潮位表(川崎)が公開されていますので、参考にしてくださいね。

料金

無料

かわさきの浜でのルール・潮干狩りのルール

  • 砂浜へのペットの連れ込みは禁止
  • ボート・ヨットなどの持ち込み・使用・係留などは厳禁
  • 遊泳禁止
  • 幅15cmを超える貝採り用具の使用禁止(使用できるのは幅15cm以下のくまでのみ)
  • 殻の長さ2cm以下のアサリの採取は禁止
  • 1人が1日に採取できるアサリの量は2kgまで

スポットデータ

所在地:神奈川県川崎市川崎区東扇島58-1

問合せ先:東扇島東公園管理事務所 044-288-5523

施設:トイレ、休憩所、足洗い場

レンタル用品:なし

アクセス

バス:川崎駅東口から川05系「東扇島循環」で東扇島東公園前バス停下車徒歩3分

コチラからバスの時刻表を確認できます。

自動車:国道132号線を東扇島方面に向かう⇒海底トンネルを抜ける⇒国道357号線を東京方向へ

駐車場:あり(有料)

まとめ

神奈川の潮干狩場の穴場スポットをまとめてみました。
潮見表を参考に、潮干狩りに向いた日を選んで、お出かけくださいね。
潮干狩りのルールを守って、お楽しみください!

スポンサーリンク