潮干狩り

春の定番レジャーの一つ、潮干狩り。
4月から5月と言えば、気候はよいのですが、紫外線が強くなり始める頃ですね。
特に海で遮るもののない潮干狩りでは、紫外線対策にも気をつけたいところ。

また、暖かくなったようでも、海風があったり、濡れてしまったりして冷えてしまうことも。
そう考えると、潮干狩りに行く時の服装ってどんなものがいいのでしょうか。

簡単にポイントをまとめてみましたので、お出かけの際の参考になさってくださいね。

潮干狩りに行く時の服装 女性編

服装

デートで行く時などは、おしゃれをしたいと思いますが、アウトドアレジャーであることを忘れずに。

まず、動きやすい服装を念頭に置きましょう。

帽子

日焼けや日射病を防ぐために、潮干狩りで帽子は必需品です。
顔や首すじの日焼けを防ぐためには、全体につばのあるものがおすすめ。

また、海風が強いこともあるので、顎紐付きなら飛ばされることがなく安心ですね。

トップス

しゃがんでいることが多いので、長めのインナーを着用しておきましょう。
胸元のあまり広くないTシャツの上に、長袖のパーカーなどを羽織りましょう。

日焼け対策と寒さ対策になります。

ボトムス

潮干狩りにスカートは厳禁、パンツが必須です。
ハーフパンツや半パン、裾があげられるタイプのパンツがおすすめです。

日焼けが気になる方は、長いものを選び、長靴を履くといいですね。
ほとんどしゃがんでいるようなものですから、股上の浅いものは避けましょう。
ストレッチ素材のものを選ぶと楽ですよ。

足元

長靴やマリンシューズまたは靴下にしましょう。

ビーチサンダルは、流されたり、かがみづらかったりしますし、
貝殻などでけがをする可能性もあるので、おすすめできません。

靴下は、けがを防ぐこともでき、かつ、かがみやすいので、おすすめです。
使わない靴下を持って行くといいですね。

薄い靴下の場合は、二枚重ねをすると良いでしょう。

手元・首元

日焼け防止はもちろん、潮干狩りで手掘りをする時のけがを防止できるので、手袋を着用しましょう。
軍手でもいいですが、ゴムの手袋の方がベターです。

また、首元はタオルかネックガードで紫外線対策をしましょう。

タオルなら、首筋の日焼けを防ぐだけでなく、
汗や汚れを拭けるので、用意しておくといいですね。

バッグ

財布など貴重品を持ち歩く場合、リュックサックやボディーバッグを利用して、両手が空くようにしましょう。

潮干狩りに行く時の服装 子供編

女性

基本的には、女性編と同じですが、子供ならではの注意点もあります。

まず、着替えを十分に用意していきましょう。
子供は、はしゃいだり夢中になって転んだり、服が汚れることを前提にしておくことです。

また、迷子対策として、帽子やトップスには目立つ色やデザインのものを選びましょう。
風に当たっているとすぐ冷えてしまうので、寒さ対策をしっかりしてあげるのもポイントです。

帽子

子供も、日焼けや日射病を避けるために、帽子を準備しましょう。
全体につばのあるものか、首筋をカバーするタイプの帽子で、顎紐のあるものが良いですね。

レインコート

服が濡れてしまうのを防ぎ、また寒さ対策にもなりますので、用意しておくとよいでしょう。
暑くなってしまったら、脱いで砂浜に置いてしまっても汚れなどが気にならないので便利ですよ。

ボトムス

子供は、かがむとパンツまで濡れてしまうことも間々ありますので、
セパレートタイプの水着を着せてあげると良いですね。

汚れや濡れてしまうことが気にならずに、お子さんも思い切り楽しむことができます。

足元

足元は、靴下かマリンシューズがおすすめです。
長靴は重いので、時間が経つと脱ぎたがることが多く、あまりおすすめできません。

まとめ

潮干狩りはアウトドアレジャーですから、
動きやすくシンプルな服装を心掛けると良いですね。

また、想定外に濡れたり汚れたりすることもあるので、
子供だけでなく大人の方も、下着を含めて着替えを持って行くことをおすすめします。

しっかり服装を整えて、潮干狩りを楽しんでくださいね。