栓抜きがない!そんなときに使える代用品は?

栓抜き

友達など大勢が集まるとき、
瓶ビールを用意する人もいますよね。

でも、いざ瓶ビールを開けようと思ったら、
栓抜きが無くて困ったことありませんか?

そんなとき、
覚えておくと便利な栓抜きの代用品を紹介します。

スポンサーリンク

金属スプーンを使う

栓抜き

どこの家庭にもある金属スプーン
バーベキューのときに持参する人も多いですよね。
そんな金属スプーンを使って、
瓶の栓を外しましょう。

1.スプーンの先の部分(柄じゃない方)を、仰向けにして栓に引っかける。
2.柄を下に押し上げる。

[br num=”1″]

てこの原理を利用した開け方です。
プラスチックのスプーンだと、
力が加わると折れる可能性が高いので、
必ず金属スプーンを使ってくださいね。

10円玉を使って開けよう

栓抜き

10円玉も、栓抜きの代用品になります。

金属スプーンと同じように、てこの原理を利用すれば、
簡単に開けることができますよ。

1.利き手ではない方の手で瓶を持つ。
できるだけ栓の下を持ちましょう。

2.利き手で10円玉を横に持ち、瓶の栓の下にあてる。
3.瓶を握っている手を台にして、上に向かって10円玉に力を入れる。

[br num=”1″]

このお金を使った開け方は、
10円玉以外はおすすめできません。

5円玉や50円玉では穴が開いていて、力が加わりにくいし、
他のお金だとサイズが合わないんですよね。

100円玉や500円玉だとサイズが大きく、
1円玉では小さすぎるので、10円玉がピッタリなんです。

ベルトのバックルもおすすめ

栓抜き

男性なら、ベルトをはめている人も多いと思います。
そのベルトを使って、栓を開けましょう。

ベルトのバックルに瓶の蓋を引っかけたら、
あとは栓抜きと同じように開けるだけです。

バックルの形が、
栓抜きと似ているので簡単に開けることができますよ。

紙でも開けることができる⁉

栓抜き

意外に思うかもしれませんが、
紙を使っても開けることができます。

何回か紙を折ると強度が出るので、
金属スプーンや10円玉と同じように、てこの原理を利用して開けることができるんです。

目安としては、握れるぐらいの大きさで紙が曲がらないぐらいの堅さ。

紙も身近にあるものなので、覚えておいて損はないでしょう。
だけど、紙を折るのがちょっと大変です。

栓抜きの代用品は他にもある

栓抜き

栓を抜くとき、てこの原理を利用して開けます。
なので、ある程度の堅さがあれば栓抜きの代用品になりますよ。

・鍵
・キーホルダー
・割り箸
・はさみ

[br num=”1″]

これらが、
栓抜きの代用品になります

まとめ

栓抜き

栓抜きの代用品として使えるものは、いろいろとあります。
どの方法も簡単に開けることができるので、
ぜひ覚えておいてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました