サマーランド

東京サマーランドは、東京都あきる野市にある室内プール・遊園地・夏季限定屋外プールが揃った、一日中楽しめるレジャースポットです。

2017年には、開業50周年を迎えました。

そこで、東京サマーランドの混雑予想や施設案内など、取りまとめましたので、お出かけの際の参考になさってくださいね。

東京サマーランド 混雑予想&施設案内・料金案内など

サマーランド

東京サマーランドは、人気のスポットだけあり、たいへんな混雑が予想されます。

東京サマーランドの年間入場者数約100万人のうち、7割ほどは7月~9月の3ヶ月間に集中すると言われています。

お盆の時期や週末は、まさに「芋洗い」状態と言ってよいでしょう。

東京サマーランド 営業時間

東京サマーランドでは、開演日時と営業時間が一定ではありませんので、行きたい日の営業時間を確認してからお出かけくださいね。

年間開園日カレンダーがありますので、参照してください。

東京サマーランド 料金

入園料金は、季節によって異なり、下記の通りです。

夏季期間

(7/1 ~10/1)

通常期間

(3月~6月、10/2~11月営業日

入園券 フリーパス券 入園券 フリーパス券
中学生以上60歳まで 3,500円 4,500円 2,000円 3,000円
小学生 2,500円 3,000円 1,000円 2,000円
2歳~未就学児・61歳以上 1,800円 2,000円 1,000円 1,500

一方、15時以降の利用料金は、時間割引料金となってお安くなっていますし、福祉割引料金もあります。

料金の詳細は、コチラでご確認ください。

東京サマーランド アクセス

【所在地】東京都あきる野市上代継600番地

【お問い合わせ】予約センター:042-558-6511

 

アクセス

【バス】

JR東日本・五日市線「秋川駅」より路線バスで約10分、サマーランド行き直行バスなど

新宿駅西口から「サマーランド行き高速バス」(新宿から60分、夏季のみ運行)

【車】

圏央道あきる野I.Cより滝山街道(国道411号線)約0.5km(2分)

*夏季には混雑するので、迂回ルート(こちらを参照)があります。

東京サマーランド 駐車場

第1駐車場と、約1.5km離れた第2駐車場があります。

駐車場を利用する場合、駐車料金がかかります。

                   大型バス・マイクロバス 3,000円(1日1台)
乗用車 1,500円(1日1台)
二輪車 300円(1日1台)

東京サマーランドのプール

混雑

東京サマーランドには、4つの見所がありますが、そのうち2つが屋外・屋内のプールです。

アドベンチャーラグーン

冒険体験型の空間で、7月1日から10月1日までの期間限定の屋外プールです。

アドベンチャードーム

天候に左右されない全天候型の屋内プールは、南国ムードの空間になっています。

東京サマーランド 混雑回避法

2017

たいへん混雑することが予想される、というか、確実視される東京サマーランド。

少しでも混雑を回避したいですよね。

そのためにしておくべきことをいくつかピックアップしますので、必ず実行してくださいね。

混雑回避(1) 割引前売りチケットの購入

前売りチケットは、各コンビニ(ローソン、セブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス)で購入可能です。

そのほか、クレジットカードで事前購入し、入場はスマホチケットを提示するだけの『スマホで割引チケット』もあります。

混雑回避(2) 駐車場は第1駐車場を利用

夏休み期間中は、朝8時前から近隣道路が渋滞します。

朝7時には駐車場に着いているようにすると良いでしょう。

第2駐車場は上述の通り、入場ゲートから1.5km離れているため、帰りはシャトルバス待ちで長蛇の列に並ばなくてはなりません。

是非、第1駐車場を使える時間に到着しましょう。

混雑回避(3) お目当てのアトラクションには最初に並ぶ

東京サマーランドで一番人気のあるアトラクションは、『デカスラ』ですが、こちらは最大200分待ちにもなるので、入園したら真っ先に並んでしまいましょう。

混雑回避(4) 週末・お盆を避ける

平日でもプールは混んでいるのですが、週末やお盆時期に比べるとずいぶんマシになります。

できれば休みを取ってでも、平日に行くのがいいですよ。

混雑回避(5) 弁当持参

レストランは、土日は9時~、平日は10時~営業していますが、11時を過ぎると徐々に混雑してきます。

レストランを利用する場合は、10時30分ごろには食べるくらいのつもりで入りましょう。

混雑を回避するには、お弁当持参がおススメです。

東京サマーランドは、飲み物や食べ物の持ち込みがOKになっています(ビン類、缶類は禁止)。

お弁当を持参すれば、レストランでの待ち時間をなくすことができますよ。

混雑回避(6) 100円玉を人数×5枚用意

これは、コインロッカー用の小銭です。

コインロッカーの料金は500円ですが、使用後400円が帰ってくるシステムのためか、500円玉が使えません。

したがって、100円玉を人数分持っていないと、両替の列に並ぶ羽目になります。

まとめ

東京サマーランドは、都内でも1,2を争うほどの混雑ぶりで有名な人気スポットです。

プールのほかにも、スリルマウンテン、アウトドアスポーツエリアもあり、大人も子供も1日楽しめる施設。

夏はたいへん混雑しますが、それだけ人気がある、楽しい施設だということですよね。

混雑回避の方法などを参考に、是非、東京サマーランドを満喫してくださいね。