お彼岸

お彼岸とはいつのこと?

お彼岸になるとお墓参りに行ったりします。

お彼岸って春と秋に聞く言葉ですが
いったいいつなのでしょう??

お彼岸って聞くけど
あまりわからないという人も多いと思います。

お彼岸の日に墓参りをする風習というのも
日本だけの独特の風習のようです。

お彼岸と聞くだけで墓参りや
ぼたもちやおはぎなどを想像してしまいますが
まずお彼岸とはいつのことをいうのでしょうか?

 

お彼岸は、
春分の日と秋分の日の頃をいいます。

春分の日と秋分の日を中日として
前後3日くらいの期間を彼岸というようです。

春分の日と秋分の日の前の日は、
彼岸入りといわれ後は彼岸明けなどといいます。

2016年のお彼岸

【 春彼岸 】

3月17日:彼岸入り
3月20日:彼岸の中日(=春分の日。21日振替休日)
3月23日:彼岸明け

【 秋彼岸 】

9月19日:彼岸入り
9月22日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月25日:彼岸明け

お彼岸とは?

お彼岸

春分と秋分は
昼と夜の長さが同じになります。

仏教の世界で生死の海を渡り
悟りに到達する世界のことを彼岸といいます。

そして私たちがいる世界の
煩悩の世界を此岸といいます。

彼岸は西、此岸は東にあるといわれていて
春分と秋分にはこの二つの世界が通じやすくなると考えられ
先祖供養をするようになったとされています。

そのためお墓参りをする風習があるようです。

またお彼岸の中日である春分の日と秋分の日は
国民の休日でもあるために
お墓参りにも家族で行きやすいです。

お彼岸の供養は?

お彼岸の日には、先祖に感謝をし
供養をするという風習が残っています。

おはぎやぼたもちがスーパーやデパートなどの
店頭でお彼岸によく売っているのをみかけます。

お彼岸のお供えがぼたもちやおはぎが主になっています。

おもちは五穀豊穣、小豆は魔除けに通じるといわれていて
日本の行事ではよく使われています。

そして昔はおはぎやぼたもちが御馳走であったため
大事な客をもてなす意味もありました。

大切なご先祖様にこのような感謝のしるしをお供えしたのです。

ぼたもちとおはぎの違いは?

実は、ぼたもちとおはぎというのは
言い方の問題でどちらも同じものなのです。

春は、牡丹餅「ぼたもち」
秋は御萩「おはぎ」といいます。

それぞれの季節に咲く花にちなんで言い方があり
形状もぼたもちは大き目で
丸い形でおはぎは俵型で作ります。

小豆もこしあんと粒あんにわかれています。

小豆の収穫の時期には、
粒事使ったものが使われています。

春は、硬くなった皮をとって
こしあんにしています。

昔は、この差があったのですが
現在ではどちらでもよいような形で
売られている傾向があります。

そこまでこだわりがなく
好み問題で買う人もいるようです。

最後に

お彼岸に先祖の供養をするという風習は
変わりなく続けられています。

お彼岸には、先祖に感謝をして供養をするという事だけを
日本人として覚えておきたいですね。