日焼け止め

日焼け止めと一言にいっても、たくさんの種類やタイプがありますよね、
最近よく目にするのが、スプレータイプの日焼け止めです。
手の届きにくい所にスプレー、髪にもスプレーできるとあって、かなり人気が高いアイテムになっています。
そんな日焼け止めスプレーですが、どのくらいの効果があるのでしょうか?
また、顔に使ってもいいものなのでしょうか?
今回はそのあたりをリサーチしていこうと思います。

日焼け止めの種類

日焼け止め

日焼け止めにも様々な種類があります。主に
・クリームタイプ
・乳液タイプ
・ジェルタイプ
・ローションタイプ
・パウダータイプ
・スプレータイプ

といったタイプに分けられます。

それぞれ特徴や使い心地、顔用や体用といった違いがあります。

紫外線吸収剤を使用した日焼け止め、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めがあります。
紫外線散乱剤を使った日焼け止めはノンケミカルと呼ばれ、肌に負担が少ないとされています。
が、紫外線吸収剤の日焼け止めも、昔と比べれば低刺激になったものも多いです。

目的や用途、敏感肌の人は肌負担も考えて、自分に合う日焼け止めを選ぶようにしましょう。

日焼け止めスプレーの特徴

日焼け止めスプレー

日焼け止めスプレーの特徴は以下の通りです

日焼け止めを塗りにくい背中などに使いやすい

自分の背中に日焼け止めをきちんと塗るのは、なかなか難しいものですよね。
その点、スプレーであれば、簡単に素早くUVケアができるので便利です。
また、日焼け止めを嫌がる子供にも、さっとスプレーすることが出来ます。
石鹸やボディーソープで落とせるのも、便利な点です。

逆さにスプレーできる

 足に日焼け止めを塗るとき、逆さにスプレーできるものであれば楽ですよね。
店頭などで見る限り、逆さにスプレーできる日焼け止めスプレーがほとんどだと思います。
が、購入の際には一応確認してくださいね

べたつかない、さらっとした使用感で白浮きもなし

 スプレーしたらすぐに乾き、ベタベタした不快感はありません。
白浮きがないのも特徴で、つけ直しても気になりません。
ストッキングの上からスプレーして、UVケアできるのも特徴です。

髪にも頭皮にも使えるタイプがある

頭皮も顔の皮膚と同じ皮膚です。
紫外線の影響を受けると、当然、日焼けしてゴワゴワになります。
髪も日焼けしてパサパサ、傷みやすくなります。

日焼け止めスプレーでは、髪にも頭皮にも使えるタイプがあります。
これなら紫外線から、頭皮と髪を守ることが出来ますね。

日焼け止めスプレーの効果

効果

とても便利な日焼け止めスプレーですが、その効果はどうでしょう。

日焼け止め効果の指標として挙げられるPAとSSFを見たところ、
他のタイプのものと同じく、弱いものから強力なものまでいろいろあります。

ただ、いろんな意見を見てみると

・塗りこんでいるものとは違い、ウォータープルーフ効果が低い
・汗をかくと流れてしまう
・サラサラしているけど、肌が乾燥しやすい
・ムラにならないように塗るために、結局手で塗り広げないといけないから手が汚れてしまう
・こまめにつけ直さないと日焼けする

といったものがありました。
気になるのは、紫外線ブロック効果が長時間持続しないこと、それにウォータープルーフ効果が低いといったところです。

海やプールに行くときは、面倒でもウォータープルーフ効果の高い『塗るタイプ』が良いですね。
また、乾燥肌の人は顔もボディもしっかり保湿してから使うことが重要です。

こまめにつけ直さないといけない…というのは、他の日焼け止めでも言えることでしょう。

日焼け止めスプレーは顔に使える?

顔

日焼け止めスプレーを顔に使うことはできます。
ただし、顔に直接スプレーすることはやめましょう。
日焼け止め成分が目に入ったり、吸い込んでしまったりといったトラブルにつながります。

顔に使う時は、手にスプレーしてから顔につけます。

メイクの上からでも使える日焼け止めスプレーもあります。
が、メイクの上からであれば、日焼け止めパウダーの方が使いやすいですね。

日常紫外線であれば、UVファンデーションでも十分な効果が得られます。
メイク直しをすることが、紫外線対策になります。
無理に日焼け止めスプレーを顔に使用する必要はありません。

まとめ

まとめ

便利な日焼け止めスプレーです。
が、人によってはメリット・デメリット両方あるように思います。

しかし普段の紫外線対策には、なにより手軽で使いやすいことが一番重要です。
いくら強力な日焼け止めでも、こまめな塗り直しは必須です。

この点、スプレーするだけで簡単・こまめにつけ直しできる日焼け止めスプレーは、とても良いアイテムですよね。
ライフスタイルやシーンに合わせて、日焼け止めスプレーを選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか?