調理の途中、気づくと切れていたりする調味料。

砂糖などの甘みなら代用がききやすいですが
「お酒」となるとなかなかピンと来ませんよね。

また、料理酒はお酒だからとりあえず何か余ってるお酒を適当に入れればいいか、というのも実は間違いなんです。

そこで今回は料理酒の代用に使えるお酒についてご紹介していこうと思います。


スポンサーリンク

料理に使う料理酒の役割は?

普段煮物や煮魚などを作る際になんとなく入れている料理酒。
あなたはなぜ入れるか知っていますか?

料理に料理酒を使う主な理由は「臭み消し」です。
肉や魚の臭みを取ってくれるので重宝します。

料理酒に漬け込んだり、料理酒を加え加熱することでアルコールと一緒に臭み成分が抜けていきます。

また、これは知らない方が多いですが
実は料理酒を入れると料理の仕上がりが早くなるんですよ。

味が食材に染み込みやすくなります。

しかも料理にお酒を加えると保存がきくようになります。
料理は作って時間がたってくると菌やバクテリアが増えて腐ってしまいます。

ですがお酒はアルコールが入っていますので、
アルコール消毒してくれるようなものなんですよ。


スポンサーリンク

料理酒の代用として使えるお酒は?

いくつかあるので順番にご紹介したいと思います。

日本酒

日本酒は実は料理にも適していて、料理酒よりも好んで使われる方も多いのです。

肉や魚などの生臭みも取れ、コクが出ておいしく仕上がるのでオススメです。

本みりん

「みりん風調味料」ではなく、必ず「本みりん」を使ってください。

みりん風ではほとんどアルコールが入っていない事が多いのであまり効果がありません。

料理酒の代用として使う場合、みりんは甘いので砂糖など甘みを加減しながら調理してください。

ビール

こちらはお肉料理にオススメです。
「ビール煮」はよく聞きますよね。

臭みが取れる上にコクが出ますし
お肉も柔らかくなるのでおいしく仕上がりますよ。
しかも料理酒と同じくらいの分量で入れればOKなので簡単ですね。

基本的に料理酒の代用に使うなら「醸造酒」を使うようにしましょう。
また、焼酎やウイスキーなどの「蒸留酒」はクセが強く難しいので料理には向かないものが多いので気をつけましょう。


スポンサーリンク

お酒がなくても諦めないで!臭み消しならこんな方法もあります!

たとえばお魚ってどうしても臭みが気になりますよね。

そういう時は料理酒が無くても調理方法を工夫したり、
他の調味料を入れてみましょう。

魚の生臭さの大半は魚から出るドリップです。

焼き魚なら下ごしらえとして塩を振って10分ほど置き、洗ったあとにペーパーなどでしっかり水気を拭き取りましょう。

魚焼きグリルなら水溶き片栗粉を入れて焼けば、
片栗粉が臭みを吸収してくれますよ。

また、煮魚ならあらかじめ臭みが出やすい皮に
しっかり焼き目をつけたり、出汁が沸騰してから入れるなどしてみましょう。

私もたまにやる方法ですが、料理酒を切らした時には
しょうがを多めに入れたりします。

割と気にならなくなりますよ。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

こうしてみると意外とご家庭にありそうなもので代用出来そうですね。

最後に私個人の好みですがオススメごとにまとめておきます。

  • 煮物などは日本酒や本みりん
  • お肉料理ならビール
  • 煮魚なら本みりんやしょうが

入れる時はちょっとずつ味見しながら使ってみてください。