ジューンブライド

6月と言えば、何を思い浮かべますか?

梅雨ですか?

ジューンブライドですか?

ジューンブライドは『6月の花嫁』のことで、6月に結婚式を挙げると幸せになれる、と言われていますよね。

でも、雨の多い梅雨の時期の挙式で幸せになれるって、どうしてなんでしょうか?

その辺りを、まとめてみましたので、なるほど!と思っていただけたら嬉しいです。

そもそもジューンブライドとは?

ジューンブライド

日本でもすっかり定着して、常識のようになっているジューンブライドですが、そのそもそもの意味からまずご紹介します。

『ジューン(June)』は6月、『ブライド(bride)』は花嫁。

直訳すると『6月の花嫁』となり、「6月に結婚をした花嫁は幸せになれる」というヨーロッパに伝わる言い伝えに由来する言葉です。

では、何故6月に結婚した花嫁が幸せになれると言われているのでしょうか?

ジューンブライドの由来とは?

由来

ジューンブライドの言い伝えができた由来としては、幾つもの説がありますが、有名なものが3つあります。

結婚や家庭を守護する女神JUNO

英語の6月を指す『June』は、ローマ神話の女神JUNO(ジュノーまたはユノー)が語源となっています。

この女神ジュノーは、古代ギリシャ神話における女神ヘラに相当する女神です。

女神ヘラは、主神ゼウスの正妻で、結婚や出産を司り、女性と家庭・子供を守護する神として古より信仰されてきました。

そして6月は女神ヘラが守護する月であり、6月1日には彼女を祭る祭礼がおこなわれていました。

このことから、6月に結婚すると女神ヘラの加護を受けて一生幸せになれるという言い伝えが生まれたと言われています。

一年で最も気候の良い月 6月

日本では、6月というと梅雨ですよね。

ですが、ジューンブライドの言い伝えが生まれたヨーロッパでは、雨の日も少なく、一年で最も気候のいい日が続く月なんです。

華やかなウェディングドレスを着るのですから、できれば雨は避けたいもの。

気候のいい6月に結婚するというのは、非常に合理的ですよね。

爽やかに晴れ渡る6月は、『若者の季節』とも呼ばれているそうです。

気候もよく、祝福ムードもある6月に結婚すると幸せになれる、という言い伝えになるのも納得ですね。

農繁期には結婚どころじゃない?

昔のヨーロッパでは、3~5月の結婚は禁止されていました。

理由は、農繁期だから。

結婚式は一大イベントですから、農作業の妨げになるとして、この時期は結婚が禁止されていたのです。

その『結婚禁止期間』が明けるのが、6月です。

解禁となる6月には、結婚するカップルも多く、その分多くの人から祝福もされました。

このことから、6月に結婚すると幸せになれるという言い伝えとなったとする説です。

日本でのジューンブライドは、企業戦略?

日本

さて、ヨーロッパで、6月の花嫁は幸せになれるという言い伝えが生まれた理由を見てきましたが、翻って日本ではどうでしょうか?

日本の6月は、雨が続き、湿度が高くて蒸し暑い時期ですよね。

白無垢にしろ、ウェディングドレスにしろ、きちんとドレスアップすると暑くて大変です。

ジューンブライドという言葉があまり知られていなかった頃の昔の日本では、空調も今ほど高性能ではありませんでしたから、なおさらです。

そのため、梅雨の時期を避けて挙式することが多く、6月のホテルや結婚式場は閑散としていたのです。

その状況を打破しようとしたブライダル業界が目をつけたのが、ヨーロッパに伝わる『ジューンブライド』の言い伝えだったのです。

という訳で、日本での『ジューンブライド』は、ブライダル業界のキャンペーンから定着したものだったんですね。

ちなみに、現在の日本で実際に人気のある月は、10月や11月など、暑すぎず寒すぎず気候の良い季節だそうですよ。

まとめ

いかがでしたか?

男女を問わず、結婚を意識すると一度は気になる『ジューンブライド』。

ヨーロッパならではの由来ががあったんですね。

縁起を担ぐのもよし、良い気候を選ぶもよし、また、挙式をしないという選択もあります。

さらには、結婚という形式だけがすべてでもありません。

大切な人といつまでも共に過ごしていけるように、互いを尊重し合い、幸せな人生を送りましょうね!