nyugakuiwai_R

こんにちは、のし袋はいろんな場面で書く出番がありますよね。

4月から入学、新学期を迎えるお子様をもつ祖父母や親せきの方は久しぶりですと書き方
を忘れてしまうのではないでしょうか。

今回は入学祝いに贈るのし袋の書き方とマナーをご紹介いたします。
是非参考にしていただければ幸いです。

入学祝い!のし袋選び方?書き方?

35fa5e3934fe6082a0da40207c2474f2-220x300

のし袋の選び方

入学祝いのし袋は金額に見合った失礼のないのし袋を選びましょう。
そして結び目ですが、結びきりではなく蝶結びを選んでください。蝶結びは結び目が何度も結びなおせるので入学祝など何回あってもいいことの場合に使用しますよ。

ちなみに結びきりは結婚祝いやおくやみの際に使われます。

気になる金額に見合うのし袋ですが、
1万円以下の場合は印刷してあるシンプルなのし袋で十分ですよ。
2~3万円の場合は紅白の水引がついたタイプにしてください。
裏面に包む金額の相場が書いてありますので購入する前に一度確認してくださいね。

のし袋の書き方

表面上の段に「祝御入学」
下の段に贈る方の名前を書きます。夫婦で贈る場合は右側に夫、左側に妻の氏名を書く。
妻は名前だけでも大丈夫です。

中袋に金額と住所、名前を書きましょう。金額の初めに「金」終わりに「也」を、また数字は壱弐参の漢字で書くとより丁寧ですよ。

あかりあかり

ペンですが筆ペンまたは毛筆が一般的です。色は黒にしてくださいね。
ボールペンなどはやめておいたほうが無難です。出来れば手書きがいいですが最近では祝御入学、入学祝いと既に印刷されているのもがあります。

入学祝いののし袋のたたみ方は下側を上にかぶせるのがマナーです。
嬉しいことなので上を向くと覚えておくと分かりやすいですよ。

また渡す時ですがそのままかばんから取り出し裸で渡すのではなく、ふくさを利用してください。
お祝いですから相手に失礼のないようにのし袋を相手のほうに向けお祝いの言葉を一言添えましょう。

ふくさはお祝いごとやおくやみごとで利用する場面が増えるので持っていて損はないですよ。
恥ずかしい思いをしないようにマナーを心がけてくださいね。

まとめ

21351

20代ではあまり気にかけてなかった入学祝いも30代40代になると渡す機会が増えてきますね。最初は分からないものですが何回か重ねるうちに慣れてきてしまいそうです。
ふくさも結婚式が多くなってきた20代中ごろで購入しました。おくやみでも使える2種類を同時に買っておいていまではとても助かっています。

少しの間違い、知らなかったことで大変失礼にあたりますので注意してくださいね!