川越・祭り・穴場
夏が終わり秋も近づいてきましたが、まだまだお祭りが開かれる場所は多くあります。
今回は、川越で開かれるお祭りについて穴場などの情報をご紹介したいと思います。

川越まつりについて

川越で開かれる川越まつり。耳にした方もいると思います。
川越は、『小江戸』と呼ばれ、昔から江戸の町並みに深く影響を受けた町並みや文化が有名な場所です。
秋になると、川越まつりでは山車が街中を歩く姿や、音色が江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が楽しめるお祭りになります。
そんな【川越まつり】は360年の歴史があります。
始まりは、慶安元年(1648年)に川越の藩主であった松平伊豆守信綱が氷川神社での祭礼を奨励したことが最初で、慶安4年(1651年)に華やかな行列が町を練り歩き、町民もそれに倣って歩いたことがこの川越祭りの起源と言われています。

【川越まつりの日程】
日程:10月15日(土)・16日(日)の二日間
時間:15日は13:00~21:00 16日は13:00~21:30 ※2015年度
(屋台などのお店は11:00頃から開いている。)

川越まつりの穴場スポットは?

川越まつりは昼と夜とでそれぞれ違った見所があります。

昼の部

人形や彫刻・幕の刺繍などそれぞれ違った味わいを持った山車を比べながら見て回り、
手古舞姿の小江戸小町や、山車操る鳶や曳き手の姿・まつり囃子などが見所になっています。

川越まつり・穴場
引用元http://kawagoematsuri.jp/enjoy/

【山車の曳き回し】
午後2時頃に市役所前に
全ての山車が 晴れ姿をお披露目の巡行するために集まります。

絢爛豪華な祭礼絵巻を再現する江戸系川越型山車の揃い曳きは、
川越まつりの一番の特徴であります。

この時間を狙って市役所前にいればいろんな山車を見ることができるので、おすすめです。

川越まつり・穴場
引用元http://kawagoematsuri.jp/enjoy/

【居囃子】
山車の出ない町内や囃子連が、道路に面して仮設舞台をかけておこなうものです。
笛や太鼓のリズムに合わせて、ひょっとこや天狗などのお面をつけて踊り手が舞を披露します。

夜の部

夜になると提灯に明りがともり、昼間とは全く違った山車の様子と、
囃子が入り乱れ、曳き方衆の提灯が乱舞する曳っかわせが見られ、
川越まつり最大のみどころとなります。

川越まつり・穴場
引用元http://kawagoematsuri.jp/enjoy/

【宵山】
山車行事の初日(10月15日)の午後6時~7時頃まで
街並みに山車が飾られます。

天降った神を現した人形などが装飾された美しい山車と、
軽やかな囃子の音色、踊りを見ることができます。

この時間は気になる流派の山車を各町内でじっくり見れるのがおすすめです。

川越まつり・穴場
引用元http://kawagoematsuri.jp/enjoy/

【曳っかわせ】
夜の午後6時半ごろから9時ごろまでに締めくくりとして、
中央通り、蔵造りの町並みと各交差点でくりひろげられる曳っかわせがあります。

曳っかわせとは?… 山車が四ツ角などで他町の山車に出会うと、お互いに囃子台の正面を向けて競いをすることです。

この曳っかわせに勝ち負けはないのですが、
囃子が入り乱れ、曳き方衆の提灯が乱舞する光景は迫力があります。

※各交差点でみられるのですが、出会うと急に始まり出すので、その時に人の動きが激しくなるので、注意して移動・歩行しないといけません。

川越まつりアクセス

楽しそうで行きたくなってきましたね。そんな方にアクセス情報です。

【電車】

大宮→JR川越線で20分川越駅下車
池袋→東武東上線急行で約30分川越駅下車
新宿→JR埼京線(新宿駅)快速で約50分川越駅下車 西武新宿線(西武新宿駅)特急で約45分 本川越駅下車
横浜→東急東横線で約78分 川越駅下車

【車】

東京方面→関越自動車道で練馬IC~川越IC 約21.2キロ
国道254号線で池袋~川越IC 約32キロ
首都高速与野IC~川越IC 約15キロ
八王子方面→中央自動車道八王子IC~八王子JCT~鶴ヶ島JCT~川越IC 約56.9キロ
中央自動車道八王子IC~八王子JCT~川島IC 約58キロ

※当日は川越市内は交通規制がかかるので、公式サイトを確認してください。なるべく公共機関で行くことをおすすめします。

まとめ

なんだか行きたくなってきましたね。

祭りの会場には、出店も数多く出店してあり、川越の地元グルメもたくさん味わえそうです。
周辺にも観光スポットもあるみたいなので、足を運んでみられるのもいいと思います。

2016年度川越まつりの詳しい時間や交通規制等の情報はまだ公開されていませんでした。
時期を見て行かれる方は公式サイトの情報をご確認ください。
公式サイト/http://www.kawagoematsuri.jp/index.html