宮島水中花火大会
世界文化遺産のひとつ、宮島。

そこで打ち上げられる花火と歴史的建造物の織り成す世界観は、写真愛好家たちからも人気で日本花火百選にも選ばれています。

そんな宮島水中花火大会についての情報をまとめてみました。

宮島水中花火大会の見どころは?

宮島水中花火大会

宮島で行われるだけでも魅力を感じますが、見どころはそこだけではありません。

「水中花火」の名前通り、水中花火が見どころのひとつです。
しかも、ただの水中花火とは全然違います。

宮島水中花火大会で打ち上げられる花火の数は、約5000発

その内の150発は水中花火です。しかも、100発は30㎝の尺玉
これは、宮島でしか見れません。

気になる宮島水中花火大会の日程&会場への行き方

宮島水中花火大会

今年の日程

・2017年8月26日(土) 19時40分~20時40分(雨天決行)
荒天の場合は、次の週の9月2日(土)

会場への行き方

・JR宮島口駅から徒歩で約5分 宮島口桟橋➡船に乗り宮島港行き約10分 終点で下船してすぐ
・広島港から宮島港瀬戸内シーラインで約30分

宮島へ行くには、船を利用するしかありません。車で行っても車は港に駐車して、船で行くことになります。

打ち上げ場所は、厳島神社大鳥居沖合400mの海上の打ち上げ台船

宮島水中花火大会の混雑状況もチェック

宮島水中花火大会

地元の小さな花火大会なら気にする必要もないと思いますが、有名どころの大きな花火大会となると混雑状況も気になりますよね。

去年花が火を見る為に訪れた人はなんと30万人。この数字だけでもいかに混雑するか予測がつきますよね。

今年の宮島水中花火大会では交通規制が実施される予定です。
宮島と本土の対岸で車両通行止めを行います。

宮島側 17時半~深夜0時
本土側 16時~21時

花火大会の当日の午前中に、宮島口周辺へ着けば駐車場も空いています。
しかし、お昼を過ぎると駐車場は満杯になり臨時駐車場も無いので立ち往生してしまいます。

行きは何とか駐車出来たとしても、帰りも混雑するので宮島口周辺はほとんど車が動きません。
自宅に帰れる時間も読めなくなるでしょう。

電車も混雑しますが、早い時間ならさほど混みません。
花火大会の時間が近づいて来るとだんだんと混んできます。

混雑状況に置いて、諦めなきゃいけない点が2つあります。

・何時に行っても、宮島へ渡ると人は多い
・帰りは一斉に帰るので、宮島から本土に渡るのは大変。フェリーに乗れるまで、1時間かかることも。

帰りは混雑して、フェリーのチケットや電車のチケットを買うのも大変になるので往復分買っておきましょう。

車はあまりオススメ出来ません。
電車で行くようにしましょう。

遊覧船で宮島水中花火大会は見れる?

宮島水中花火大会
花火を船に乗って見たことがある人はいますか?
私はありませんが、船から見る花火は憧れます。

足腰の弱い高齢者や小さなお子さん連れの方にとって、船での観賞はのんびりと花火を見る事が出来るのでオススメです。

しかし、残念ながら遊覧船で花火を見ることは出来ないんですよね。

アクアネット広島の「宮島参拝遊覧船」という船があり、ナイトクルーズもしているんですが花火大会の時は運休になってしまうんです。

クルーズで宮島水中花火を見よう

宮島水中花火大会
クルーズ船で宮島水中花火大会を楽しむことは出来ます
しかしクルーズ船は人気で、予約開始10分程で完売してしまいます。

今からクルーズ船の予約は出来ませんが、来年の参考になるように情報を載せておきます。

・広島ベイクルーズ

日時 8月26日(土)
広島港 18時発~ディナータイム~花火大会~広島港 21時40分着

受付 広島港「宇品港湾ビル」1階。17時から受付。

料金

大人 小学生 幼児
1階 18,000円 10,000 8,000円
2階 21,000円 10,000 8,000円
3階 27,000円

※乗船料・コース料理代・税込み
お食事時の飲み物付き
※お子様はお子様ランチ。大人と同じ料理を希望の場合は、大人料金から1,000円引き。

7月1日(土) 9時より受付開始 予約専用電話 082-255-3344

五島トラベル

もう一つ、五島トラベルのクルーズ船もありますが受付を終了していて詳細情報は調べられませんでした。
しかし、クルーズ船とホテル予約も一緒になったこちらのプランはチェックする価値あり。

来年、花火大会が近づいて来たらホームページをチェックしてみてください。

五島トラベルHP http://www.gt-net.co.jp/

場所取りをするならココ!オススメの穴場情報

宮島水中花火大会

宮島水中花火大会を見るために、有料の観覧席も用意されています。

1席6000円 一回の電話で6人まで受付。
7月1日(土) 9時から受付開始 (完売)

有料の観覧席もすぐに完売してしまうので、予約をしなくても花火を見る事の出来るオススメの場所を紹介します。

・厳島神社鳥居前

真正面から花火を見る事が出来ます。
しかし、潮位によって左右されやすい場所なので早めに場所取りをすると損することも。
潮の満ち引きの判断は難しいですが、ギリギリまで粘った方がベストポジションを確保出来ます。

・清盛神社・西松原周辺

真正面ではありませんが、近くから見る事が出来ます。

・宮島水族館裏手

ここは宮島で花火を見るのに一番のおススメスポットです。
フェリー乗り場から遠くなってしまうので、あまり人は来ません。

本土から見るならこちら。

・安芸グランドホテル

対岸に位置し、宮島に渡らなくても花火を見る事が出来ます。

・阿品3丁目の防波堤沿い

本土で見るなら、ここが一番おススメ。
防波堤の上は立ち入り禁止なので、注意して下さい。

・宮島競艇

冷房の効いた室内から花火を見る事が出来ます。
しかし、地元の人しか知らない場所なのでかなりの穴場ですよ。


わりと花火を見れる場所があるので、有料の観覧席が取れなくても安心ですね。

宮島水中花火大会だけでなく、宮島観光も一緒にしたいけど旅館の予約はどうしたらいいの?

宮島水中花火大会
近くの人なら、花火を見て帰るのもいいでしょう。
だけど、遠方からわざわざ足を運ぶなら近くの宿やホテルに泊まって宮島観光もしたいと思いますよね。

でも、宮島にあるほとんどの旅館は簡単には泊まることが出来ません。
宮島水中花火大会の間の宿泊は、抽選で決めます
当選しないと泊まれません。

例えば、「宮島 錦水館」は今年の1月5日~5月31日の間、受け付けをしていました。

なので、宮島で宿泊するなら早めに計画して旅館の受け付け情報をチェックしないといけません。

本土のホテルなら、抽選などはないので普通に予約で大丈夫です。

花火を見るだけじゃなく、泊まるのも大変みたいですね。

まとめ

宮島水中花火大会

世界遺産と花火の共演は、一度くらいは見てみたいですよね。
でも、フェリーを使って宮島に渡らないといけないのでフェリーに乗るだけでも大変です。
早め早めの行動をとるようにしましょう
宮島は観光スポットがあるので、午前中に行っても暇つぶしは出来ますよ。
ただ、小さいお子さんや年配の方は疲れてしまうかもしれないので無理のないスケジュールをたててくださいね。