子供

疲れやすいし、食欲ないし、やる気は出ないし…夏バテするたび、
『あ~ぁ、子供の時に戻りたいよね。子供の時ってすごく元気だった』
『ほんとね~、一日中遊んでもバテなかったよね』

なんて会話をしていたものです。
しかし。
昔と違って最近は、夏バテする子供が増えているそうです。

もしかしてうちの子も…?
そう思ったら症状をチェックしましょう。
大人でも辛い夏バテ、子供ならなおさらですよね。
今回は、正しい対処法や予防についても、お話ししていきたいと思います。

急増する子供の夏バテ

夏バテ

夏バテする子供さんが増えているのには、様々な原因が考えられます。

汗腺の未発達

夏にはクーラーを使うのが当たり前の昨今、汗をかかない時間が多いですよね。
赤ちゃんの時からあまり外に出さず、家の中でずっと過ごしている子供さんは、汗腺が発達しません。
汗腺が発達せず、汗をかきにくいため、体に熱がこもりやすくなります。
暑い季節に熱っぽく、ぐったりとしている場合は要注意です。

子供は大人よりも食が細い

子供は、大人のようにたくさん食べられないものです。
夏バテしてしまうと、さらに食が細くなり、栄養不足になりがちです、
栄養不足でまた夏バテがひどくなり…といった負のスパイラルに陥ってしまいます。

水分が不足、もしくは過剰になる

水分が不足すると脱水症状から熱中症になります。
喉が渇いてから飲むのでは遅い…と言われますが、一方で水分のとりすぎも問題になります。
水分のとりすぎは水毒という症状を起こし、自律神経に作用して体調不良につながります。
なぜか、水毒になる事でも熱中症を引き起こすという事もあるので要注意です。

子供の夏バテチェック

夏バテチェック

1. 食欲不振、体重減少
2. 疲れやすく無気力、脱力感
3. 情緒不安定、イライラしている
4. 微熱
5. 便秘または下痢
6. 立ちくらみ、めまい
7. 吐き気、嘔吐

こういった症状が出ていたら、夏バテしている可能性があります。
これらの症状には、自律神経が大きく関わっています。
自律神経は自分でコントロールできないので、大人でも辛いものですが、子供にはもっと辛いものです。子供は体も心も未発達ですし、心身共に不安定になりがちです。
子供の夏バテには、大人たちの理解が最も重要ですね。

子供の夏バテ、どうやって対処する?

夏バテ対処法

子供が夏バテしている…というのはわかっても、正しい対処をしないと余計に悪化します。
症状をしっかり見極めて、早く良くなるよう気を付けてあげましょう。

水分を与えるor控える?

先にも少しふれたように、摂取する水分の量は少なくても多すぎてもいけません。
では、子供が摂取する水分はどれくらいが良いのでしょう。

≪子供の水分摂取量 1日当たり≫
乳児 150ml/1㎏
幼児 100ml/1㎏
学童 80ml/1㎏

体重1㎏につき、上記の水分を摂取するのが基本です。
ただし、これは食事に含まれる水分も含みますので、間違えないようにしましょう。
1日当たりの水分摂取量が、上記の基準値よりも大きく上回ったり下回ったりしていないか、よく見てみましょう。水分を与えるときは一度にがぶ飲みしないように、少しずつ与えることも大切です。
発汗が多いときは少し余分に与えても良いですが、食事で摂る水分のことも念頭に。

ジュースやアイスクリーム、糖分のとりすぎはNG

ジュースやアイスクリーム、口当たりの良いお菓子などを摂取すると、糖質を代謝するために大量のビタミンやミネラルが消費されてしまいます。特にビタミンB群とカルシウムがたくさん奪われることになります。
食欲がないからと、少しでも摂取カロリーをキープしようとしてお菓子を与えると、逆に大きなダメージになって跳ね返ってきます。
飲み物は麦茶や水、おやつにはフルーツを与える方が賢明です。

食が細くてもしっかり栄養が摂れる食事を

大人でも夏バテすると食欲が減退しますよね。子供ならさらに食べなくなります。
食が細くても、少しでしっかり栄養が摂れるように
・肉や魚、卵のたんぱく質
・野菜や果物のビタミン、食物繊維
・カロリーを効率よく摂れる油脂
を意識したおかずを用意しましょう。
冷たいものの食べ過ぎは内臓を冷やしますが、夏野菜を食べることで自然な体温低下を図ることができます。トマトやピーマン、きゅうりやなすびといった夏が旬の野菜をしっかり食べられるようにしたいものです。
塩分も普段よりは少しだけ多くすることで、発汗による低ナトリウム症を防止できます。

ぐったりしているときは休ませる

夏バテから微熱、吐き気・嘔吐がみられるようなときは、まず休ませることが最優先です。
無理に食べさせたり、発汗を促したりするのも逆効果になります。こういったときはゆっくりと休ませて体力の浪費をブロックします。食欲が戻ってきたら、消化の良いものを少しずつ与えるようにします。

夏バテは予防が大事

夏バテ予防

夏の暑さに備えて予め、子供の体力を作っておくことが何より大切です。
夏バテから子供を守る秘訣について考えていきましょう。

冷房の設定温度を高くする

夏は冷房を使う機会が多くなりますね。
ついつい快適な温度を求めるうちに、だんだんと室温が低くなってしまう事があります。
子供は大人に比べ筋肉量が少なく、体温を上げる機能が低いものです。
冷房の設定温度が低いと、子供の体は冷えやすくなり、汗腺の発達に影響を与えます。
室温の理想は26度~28度と言われています。
大人の体感で涼しい…と感じるときは冷えすぎなので注意しましょう。

外遊びは大切

暑いからと室内でずっと過ごすと、汗が出にくい体質を作ってしまいます。
出来れば毎日外に出て遊ぶようにしたいものです。
脱水症状に気を付けて、冷たすぎないお茶などを水筒に入れて持たせてあげましょう。

食が細くても栄養バランスがとれる食事

食欲がないときにあれこれ食べさせようとしても、子供は嫌がるばかりです。
栄養価が高くて、食べやすいものを食卓に並べましょう。

ギョウザ

たっぷりの野菜と挽き肉をよく混ぜて、手作りするのがおすすめです。ギョウザの餡をつくるときに、ごま油を混ぜるとカロリーが高くなり、風味も良くなります。炭水化物の皮で包むことで、栄養のバランスもとりやすくなります。

カレーライス

夏野菜のサラダとカレーライスでを組み合わせると、とてもバランスが良いですね。ギョウザにしてもそうですが、適量の香辛料や香味野菜を使う事で、食欲を増進させる効果も期待できます。

卵豆腐・ごま豆腐

食欲がないときは、冷たいものも少々取り入れると良いでしょう。卵豆腐はたんぱく質が豊富ですし、ごま豆腐は脂質が豊富です。口当たりが良いので食べやすいですが、これだけだと栄養が不足します。あと一品…という時のおかずにぴったりですね。

チャーハン

ごはんが余ったらチャーハンにしましょう。具とご飯の割合を5:5にすると、おかずがなくてもバランスが取れます。野菜、卵、焼き豚などの具に、ちりめんじゃこを加えるとカルシウムの摂取にもなります。

麺類は具沢山が基本

冷やし中華、うどん、そうめんなどの麺類には、野菜やハム、卵などの具を乗せましょう。冷たい麺類よりは、焼きそばなどの温かいものがおすすめです。

まとめ

まとめ
子供は大人と違って、体も小さく未発達です。本人も気づかないうちに、体調が悪くなることもしばしばですよね。大人が常にチェックしながら、正しく対処してあげることが大切です。
もしかして…と思ったとき、少しでも参考にしていただけたら…と思います。