十五夜 お月見団子 うさぎ

雨が降るたびに、段々と気温が下がってきて秋を感じるようになってきました。秋は空気が澄みきっているので、月が一番美しく見えていい時期ですよね。

秋といえば十五夜が思い浮かびますが、どうして十五夜なのか、またお月見団子をなぜ供えるのか由来などを知らないので、十五夜を迎える前に、調べてみたいと思います。

十五夜について

十五夜と呼ばれる由来

旧暦の8月15日の夜には、お月夜に秋の収穫物を供えて収穫を祝う十五夜の祭りが行われます。旧暦では8月が秋のちょうど真ん中にあたるため、十五夜のことを「中秋の名月」とも呼びます。また、この日の月は「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」とも呼ばれています。

十五夜の歴史

十五夜の月の美しさを見る風習は中国から伝わったとされいます。日本でも奈良時代から平安時代には和歌の題材に用いられるようになりました。
一方で、庶民の間では月に秋の収穫物を供えて、五穀豊穣を祝って実りに感謝する十五夜祭りが定着し、満月は豊穣のシンボルとされていました。
また、月光には精霊が宿っていると信じられておりました。

十五夜の歴史は奈良・平安時代と昔に作られた行事から始まったようです。

十五夜のお月見団子について

十五夜 お月見団子 うさぎ

十五夜の日には月見団子が思い浮かびますが、その月見団子のルーツは十五夜が伝わった中国伝統のお菓子・月餅からきてるとと言われています。

そのため十五夜のお供え物は、月に見立てて丸い形に丸めた月見団子が有名になりました。また、供える月見団子の数には2説あります。

  • 1.その年に出た満月の数である12個(うるう年は13個)を供える。
  • 2.十五夜にちなんで15個を下から9個、4個、2個と階段状に並べて供える。

お供え物は、必ずお月見団子とは限りません。関西には里芋のような形に餡をつけたものもあるそうです。

十五夜とうさぎについて

十五夜 お月見団子 うさぎ

月にうさぎの由来

月の影の模様がうさぎに見えることからですが、昔から伝えられている伝説に由来されているそうです。

山の中で力尽きて倒れているみすぼらしい老人に猿、狐、兎の3匹が出会い、老人を助けようとそれぞれ行動をしました。猿は木の実を集め、狐は川から魚を捕り、老人に食べ物をあげました。しかし兎だけは、何も採ってくることができなかったために、火を焚いて自らの身を食料として捧げるため、火の中へ飛び込みました。その姿を見た老人は、老人から釈迦の姿に戻り、兎の捨て身を哀れに思い、兎を月へと昇らせました。

この伝説は、仏教説話『ジャータカ』を発端とし、『今昔物語集』などで語られています。
このお話を聞くと、とても切なくなります。

十五夜のまとめ

十五夜の日の月は一年で最も明るく美しいだけだと思っていましたが、調べてみて、十五夜には歴史があるということや、お供えのルーツなどが色々とわかりました。
今年の十五夜の夜は月を眺める月見台を用意して、じっくりとお月見を楽しみたいと思いました。