laundry-706621_640

北風が吹き、寒くなってくると気になるのが、空気の乾燥ですね。
そこで、秋冬のシーズンに、使われる家電が加湿器です。

ただ、加湿器を何台も持っている方はあまりいないですよね。
また、乾燥が強い時期になると加湿器だけでは補えきれなくなる時があります。

そんな時に、加湿器を使わずに加湿できる方法がたくさんあります。
今回は、加湿器を使わずに加湿できる方法を紹介します。

空気が乾燥すると良くない訳?

空気が乾燥すると良くない訳は、多くの方は皮膚がガサガサして痒くなり、つやがなくなる。
ひどくなるとあかぎれを起こす方もいます。

また、手や顔などの皮膚が乾燥するだけではなく、空気の乾燥によって、風邪のウィルスが増殖しやすくなったり、
のどや鼻の粘膜が乾燥することで風邪をひきやすくなります。

他にも、これは家の中の乾燥とはかけ離れますが、森林では摩擦によって、山火事が起きてしまうなんてこともあるのです。

お部屋の湿度は何%がベストなの?

夏と冬で気温の感じ方も違うように湿度の感じ方も違います。
気温が高く湿度が高いと蒸し暑く感じます。

冬は、室温もそんな高くありませんので、夏の気温では蒸し暑く感じる湿度ですが、湿度を50%~60%くらいに保つと快適に過ごせます。
また、美容に良い湿度が60%以上らしいです。

冬の部屋の湿度?加湿器は?

houseplants-792091_640

冬の部屋の湿度は、40%以下にあることがあります。
もっとも湿度は低い時は30%になることもあるようです。
この湿度では、静電気もバチバチ起きて、のどや粘膜も乾燥してしまいますね。

また、ホテルなどの空調管理をしている客室は、最も乾燥しやすい場所です。
湿度は20%くらいとのことです。

そんな時にも、加湿器なしで加湿できる方法を知っていると良いですね。

加湿器なしでの加湿6つの方法

copper-kettle-276939_640

1、洗濯物を干す

洗濯物を干せば、ものすごい加湿効果があります。洗濯物ではなくても、使ったバスタオルでも効果はあります。
ただ、洗濯物を部屋干しすると臭いが気になりますよね。夜は仕方ありませんが、昼間は日差しの当たる窓側に干すと良いです。

2、観葉植物を置く

観葉植物は、二酸化炭素を吸って、酸素を吐き出します。その時に水も一緒に放出されていますので、加湿効果はあります。ただ、観葉植物を置くことでものすごく湿度が上がりませんので、乾燥しやすい場所に急激に加湿したい時は、この方法は不向きだと思います。

3、やかんや鍋などにお湯を張る

やかんや鍋を沸騰させて、そのままにして置くだけです。湯気が上がり、お手製の加湿器になります。昔、ストーブの上にやかんを置いていたのは、お茶を飲むだけではなく、加湿作用も狙っていたのですね。

4、霧吹きをまく

霧吹きをまくと瞬間的に加湿されます。たくさんまくのには限界がありますが、アロマオイルなどを混ぜて霧吹きをすれば香りも良く、癒し効果もありますね。

5、浴室の湿気をリビングに回す

浴室は、とても湿度が高い場所ですね。その湿度をそのままにしておくと、カビの原因にもなってしまいます。その浴室の空気をリビングに回せば、カビ対策にもなりますし、乾燥対策にもなって一石二鳥です。

6、暖房器具をファンヒーターにする

ファンヒーターは灯油が使われていますが、灯油が燃焼する時には、水が発生します。その為、エアコンで部屋を暖めるよりも乾燥を防ぐことができるのです。ただ、定期的に換気を行ってください。

まとめ

各部屋に加湿器を置けたら最高ですが、加湿器なしで加湿できる方法を知っていれば、そんな悩みなくなりますね。

しかも、加湿器を片づける手間もありません。

特に、これからインフルエンザやノロウィルスなどの強い増殖力のある風邪が流行る季節になりますね。
インフルエンザは湿度に弱いそうです。いろいろな加湿方法を知って、風邪や乾燥対策ができるといいですね。