前橋花火大会
今年で61回目を迎える前橋花火大会は、戦後の復興祭として行われたのが始まりです。

人々の願いを込め打ち上げた花火は、今では「魅せる花火大会」へと変化をとげました。
今年も私たちに大きな感動をあたえてくれるでしょう。

そんな花火大会の気になる情報をいろいろとまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

前橋花火大会の見どころは?

前橋花火大会
「前橋の四季」と名付けられた花火がオープニングを飾り、「空中ナイアガラ」「虹のナイアガラ」と続いていきます。
幕を閉じるのは、「銀河浪漫」。

例年、前橋花火大会ではこのようなプログラムで進んでいきます。

中でも、「空中ナイアガラ」は見逃せません。
空中ナイアガラは前橋花火大会が発祥なので、元祖空中ナイアガラを楽しめるのです。

夜空を彩る1万5000発の花火は、いろんな工夫がされていて私たちを飽きさせません。

そして、忘れてはいけないのが「世界web花火大会」

世界中から動画でCG花火作品を募集し、その中から№1を決めます。
優勝作品に選ばれた花火は、実際に前橋花火大会で打ちあがります

自分で考えた花火が実際の夜空を彩るなんて素敵ですよね。

前橋花火大会の日程&会場への行き方

前橋花火大会

開催日時

 
2017年8月12日(土) 19時~20時40分 小雨決行
荒天時 2017年8月13日(日)

花火の打ち上げ場所

利根川河畔大渡橋南北河川緑地

会場への行き方

鉄道
JR前橋駅からバスに乗り15分。岩神小学校前下車徒歩10分


関越道前橋ICから国道17号・剣道105号経由で車で15分

前橋花火大会の駐車場&有料席

前橋花火大会
前橋花火大会では6300台の無料駐車場と人数に合わせて選べる有料席が用意されています。

駐車場

台数 備考
ドームパーキング 600 ドームパーキング内での花火鑑賞は禁止
王山運動公園駐車場 300
NSK職員駐車場 600
敷島ラグビー場北駐車場 600
敷島タクシー西駐車場 200
ばら園第2駐車場 500
敷島公園第1駐車場 206
敷島公園第2駐車場 88
敷島公園第3駐車場 24
敷島公園第4駐車場 90
敷島公園職員駐車場 20
敷島浄水場駐車場 200
上小出国体公園 400
グリーンドーム西駐車場 1,600 正午から駐車可
グリーンドーム東駐車場 470 正午から駐車可
前橋公園駐車場 250
るなぱあく臨時駐車場 25 午後5時から駐車可
県庁北駐車場 90 午後5時から駐車可

会場周辺の駐車場は午後5時を過ぎると満車になってしまいます。
その場合は有料になりますが、市営駐車場に止めるしかありません。

市営駐車場の空車情報が確認出来るサイトがあるので、ぜひ活用してください。

市営駐車場専用サイトはこちらをクリック

有料席

定員 駐車場の有無 座席数 値段
6名用テーブル席 6名 1台付き 250 20,000
個人用テーブル席 3名 なし 360 3,000
団体席タイプA 50名 5台付き 2 100,000
団体席タイプB 25名 2台付き 4 50,000

販売開始日

2017年6月20日10時~(先着順)

有料席の購入方法

前橋花火大会有料観覧席予約センター((株)JTB関東法人営業群馬支店内)へ申し込む。

詳細はこちらをクリック 
※JTB関東の予約ページへ移動します。

前橋花火大会のオススメ穴場情報

前橋花火大会
無料で花火を楽しみたい方のために、オススメの穴場情報を教えます。

前橋リリカの屋上駐車場

前橋の大型商業施設「前橋リリカ」
花火大会当日は無料で屋上駐車場を開放しています。

正田醤油スタジアム

臨場感のある花火を楽しむことが出来ます。

グリーンドーム前橋

少し会場から離れてしまいますが、打ち上げ花火ならきちんと見れます。

新坂東橋の上

会場から離れてしまいますが、視界を遮る建物がほとんどありません。
知る人ぞ知る穴場です。

上毛大橋

ここも視界を遮るものがなく、花火を鑑賞するにはうってつけの場所です。

大渡橋

ここは花火がよく見える場所と言われています。
早めに向かえるなら、おススメです。

前橋花火大会の交通規制は?混雑状況は?

前橋花火大会

交通規制

・16時~21時半 会場周辺車両通行止め
・15時~21時半 利根川西岸・ドーム南側河川敷(交通止め・立ち入り禁止)
・17時~21時半 大渡橋北側歩道(通行止め)
・19時~21時半 大渡橋車道並びに南側歩道(全面通行止め)
北側歩道は17時から。
・17時~21時  中央大橋歩道及び上毛大橋歩道(観覧禁止)

混雑状況

前橋花火大会の会場はインターが近いので車での来場者はかなり多く、
周辺の駐車場はすぐに満車になってしまいます。

16時から交通規制も始まるので、
車で向かう場合は16時前には現地入りしないと大渋滞に巻き込まれるでしょう。

運良く駐車できたとしても、駐車場から出るのに1時間はかかるようです。

普段車ばかり乗っている人にとって、
電車やバスでの移動は面倒に感じますよね。
でも、電車やバスを使った方がスムーズに移動できます。

前橋花火大会の屋台情報

前橋花火大会
前橋花火大会の屋台は、他とはちょっと違います。

まず、屋台の数ですが350から400店舗。
大渡橋と国体道路を貫くように2㎞、屋台が並びます。

他と違うのは、「T-1グランプリ」で勝ち抜いた店舗が出店する点です。
去年は13店舗、出店していました。

「T-1グランプリ」とは、前橋で行われる豚肉料理のお店の№1を決める大会です。

グランプリで勝ち抜いた店舗が出るということで、屋台は大変混雑します。
せっかく、行列に並んだのに買えないなんてことも。

屋台が開くのは16時なので、それぐらいの時間を目安に行くといいですよ。

まとめ

前橋花火大会
前橋花火大会では昨年、目玉のナイアガラで火災が起きました。
火の粉が木に燃え移り、橋が燃えるという大変大きな火事となってしまいました。

本来、火事など事故を起こしたら翌年は中止になるはずです。
しかし、前橋花火大会は今年もやります。

私の勝手な想像も含まれますが、昨年以上の厳戒態勢で花火大会に挑むんだと思います。
毎年楽しみにしている観客の為に、主催者たちは頑張っているんだと思います。
去年の火事を目撃した人は不安になるかもしれません。
でも、主催者たちを信じてもう一度足を運んでみてはどうでしょうか?

前橋花火大会は多彩なプログラムはもちろん、屋台も見ごたえがあります。
まだ、行ったことがない人も一度は訪れてみるといいですよ。