ちらし寿司の素

ひな祭りやちょっとした集まりの時、食卓を華やかにしてくれるのがちらし寿司ですね。

ちらし寿司の素もいろいろ市販されているので、昔と違ってお手軽に作れるのもうれしいところです。

簡単便利なちらし寿司の素ですが、作るちらし寿司の量によっては、余ってしまうこともありますよね。

ちらし寿司に特化しているので、なかなかちらし寿司以外の使い方が思い浮かばず、結局捨ててしまったりしていませんか?

そこで、ちらし寿司の素で作れる寿司以外のアイデアについて、ご紹介します。

ちらし寿司の素を寿司以外の料理に使うポイント

ちらし寿司の素

ちらし寿司の素は、具材も入っていて味付けもしてあるので、簡単にちらし寿司を作れるのがありがたいですよね。

ですが、寿司以外の料理に使おうと考えると、お酢の匂いが気になるところです。

とはいえ、せっかく甘酸っぱい味がついているのですから、寿司以外の料理にもこれを生かしたいですね。

もともとお酢を使う料理や、コクのある食材を用いた料理と相性がいいようです。

ちらし寿司の素で簡単サラダ

寿司以外

サラダのドレッシングには、お酢を利かせたものもありますよね。

そこで、ちらし寿司の素をドレッシング代わりにサラダを作ってみてはいかがでしょうか。

例えば、ピーマンや玉ねぎを薄くスライスしてレンジでチンしたものに、ちらし寿司の素を混ぜます。

白ゴマなどを散らして、冷蔵庫で冷やすと、味が馴染んでおいしいですよ。

混ぜる野菜は、チンして混ぜても崩れにくいものなら、お好みのものでいいでしょう。

ちらし寿司の素を卵と合わせて

ちらし寿司の素

卵って、結構コクのある食材ですよね。

そこで、卵をちらし寿司の素に合わせてみましょう。

簡単なところでは、オムレツの具にするのもいいですよ。

お好みでチーズを加えると、さらにコクが出て美味しいでしょう。

卵液に混ぜて薄い卵焼きを作り、大根おろしを乗せて食べるのもいいですね。

また、茶碗蒸しの具にするのもおすすめです。

ちらし寿司の素をお餅に絡めて

寿司以外

お手額簡単なアイデアとしては、お餅に絡めて食べるというものがあります。

搗き立てのお餅を食べやすい大きさにちぎり、ちらし寿司の素を絡めるだけでOKです。

市販の切り餅で作る場合は、深さ5~6センチの皿に切り餅を2、3個入れて、餅が隠れるくらいの水を入れます。

これを、500Wのレンジで2分を目安にチンして、餅が柔らかくなったら湯を切って、ちらし寿司の素を絡めるとよいでしょう。

まとめ

ちらし寿司の素を使えば、ちらし寿司だけでなく、いろいろな料理を簡単に作ることができます。

もともと酸味を利かせる料理に使うと、甘酸っぱい味が活きるでしょう。

また、酸味を抑えるようなコクのある食材と合わせるのもいいですね。

例えばパスタなら、醤油と合わせて和風にしたり、オリーブオイルを使ったりするとお酢臭さが抑えられます。

ポイントを押さえておけば、ご紹介したほかにもいろいろなアレンジができると思うので、試してみてくださいね。