京都

歴史的建造物の多い京都の秋はとても、
きれいな紅葉がみれるため
多くの人が京都を訪れます。

今年も、紅葉の見頃には、
多くの人が、
京都を訪れ紅葉を楽しむでしょう。

今年の紅葉の見頃はいつ?

今年は、夏から秋にかけて、
ラニーニャ現象が発生し、
夏が平年より暑く、
冬が極寒と予想されているため、
紅葉も、平年並から
平年より遅く始まります
が、
12月に入ると、いきなり、
冷え込みが激しくなり散ってしまうため、
平年より紅葉を楽しめる期間が
短くなる予想がされています。

そのため、見頃の紅葉をみるためには、
こまめに紅葉情報をチェック
したほうがよさそうです。

京都の紅葉情報は、
日本気象協会が、2016年10月から
提供する予定です。

しっかり、チェックして、
きれいな紅葉をみれるといいですね。

京都の紅葉の名所は?

京都の紅葉の名所として有名なのは、
京都市右京区嵯峨にある嵐山(見頃11月中旬から下旬)、
北区にある金閣寺(見頃11月下旬)、
東山区にある清水寺(見頃11月下旬)

など多数あります。

どこも混雑し渋滞も、
覚悟していかなければなりません。

紅葉の混雑の回避方法はないの?

京都の紅葉の時期は、
地元の人でも渋滞を覚悟するほど
混雑することが当たり前になり
混雑を回避する方法はありませんが、
3つ試してみたい対策があります。

1つ目車で移動しないこと。

紅葉シーズンの京都は、
いたるところで渋滞が発生し、
駐車場を見つけるのも大変なことです。

渋滞や駐車場を探すだけで
時間をかなりロスしてしまうことが多くあります。

それを避けるために、
徒歩や自転車、電車で
移動
することをおすすめします。

2つ目、なるべく平日に紅葉を楽しみに出かけましょう。

当然のことながら、
この時期多くの人が
土日に紅葉を楽しむために出かけます。

そのため、土日は確実に混雑するので、
それを避けるために平日に行きましょう。

3つ目雨の日に傘を差しながら、紅葉を見ることです。

どしゃ降りの日に無理して
見に行くことはありませんが、
小雨の中、紅葉を見るのも
風情があっていいものです。

雨の日は、人の出が少ないので
混雑を避けることができます。

晴れの日でも混雑なく見れる穴場はないの?

京都

あります。あります。

調べれば調べるほど京都には、
まだまだ知られざる紅葉の名所が
たくさんあります。

その中で私が「これは」
と思った紅葉の名所を3つご紹介します。

1つ目赤山禅院(見ごろ11月中旬)

京都市街の北東、
比叡山にあるお寺で、
もみじ寺として有名で、
知る人ぞ知る紅葉の名所と言われています。

叡山鉄道 叡山本線 修学院駅より
徒歩20分のところにあります。

住所は、
京都府京都市左京区修学院開根坊町18

見学時間

9時から16時30分

2つ目善峯寺(見ごろ11月中旬から下旬)

3万坪ある境内を有する回遊式庭園で
ノムラモミジやヤマモミジが、
色づき絶景をかもしだすといわれています。

1周30分くらいでお参りできます

住所

京都府京都市西京区大原野小塩町1372

見学時間

8時から17時

料金

大人500円
高校生300円
小・中200円

3つ目、醍醐寺(11月中旬)

世界遺産に登録されている由緒あるお寺で、
洛南に位置し、
醍醐駅から徒歩10分の場所にある名所です。

夜は毎年ライトアップされ、
昼の紅葉とまた違い、
何とも言えない風情が楽しめます。

住所

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

見学時間

9時から17時
(16時30分受付終了)

料金

大人500円
子ども200円

まだまだ、紹介しきれないほど
京都には多数の紅葉の名所が存在します。

 

混雑を避けるために
徒歩で目的地に移動している間に、
信じられないほどのきれいな紅葉に
出会えるかもしれません。

秋の京都は、渋滞を避けるため、
車ではなく徒歩で紅葉を楽しみ、
新たな紅葉の名所を自分で
開拓していくのも1つの楽しみかもしれません。

歴史ある京都の紅葉ゆっくり楽しんでみませんか?