お食事

そろそろ七五三ですね。
お子さんが七五三をお迎えのみなさま。
おめでとうございます。
写真撮りや服装、お参りはどこでやるの?など、
初めての七五三ですと調べることも多いし準備も大変ですよね。
特にご両親とともに食事会をする予定なら更に迷うことも多いはずです。
このページでは七五三の食事会にまつわる「疑問」をクリアにしていきます。

七五三のお祝いの食事会はどこで?自宅はダメなの?

七五三のお祝いの食事会はどんな場所でするのか?

お食事

七五三のお祝いとなると
親だけでなく、両家の両親も楽しみにしていて
神社へのお参りに一緒に来られて、その後食事会をされる
ことも多いようです。

家族だけや片方の両親しか七五三のお祝いの食事会に来られないという場合は、
ファミレスや回転ずしなど、子供が行きたいというお店でOKかなと思います。

ただ 両家が集まるとなるとやはり個室があり静かに落ち着いて食事ができるようなレストランやホテルなどのお店で、
メニューもお祝いにふさわしいものがあるお店を選ぶのが無難です。

自宅でのお食事会でもいいの?

お食事

絶対お食事会が外でないといけない!ということはありません。
外で食事会とはいかなくても家で両家の両親を招いて食事会をと思うのであれば、
自宅で七五三のお祝いの食事会をしても全く問題ありません。

今でこそお外での食事が主流となってきていますが、
昔は大抵ご自宅で七五三のお祝いをされる方が多かったのです。

七五三の食事会 予算は?誰が払う?手土産は?

七五三の食事会での予算はいくらくらいだろう?

お昼ご飯の場合、目安は3000~10000円くらいです。
値段の違いは場所と料理のグレード。

ファミレスを選ぶのか、レストランを予約するのか
ホテルを利用するのかによっても費用に開きがあります。

○和風ファミレスなら
店舗によっては個室もありますので意外とくつろげて、
子供たちも比較的自由度が利きます。
3000円程度でリーズナブルに食事ができるのもいいですね。
○レストランなら
お料理のおいしさやお祝い用のメニューを特別に作ってくれるような
小回りの利くお店がいいですね。
お昼なら予算は大人5000円程度で十分です。
○ホテルなら
七五三プランなどのセットメニューが出ていることが多いですが
値段設定は結構高め。
両親連れての食事ならホテル従業員が配慮してくれるので、
何かとラクかもしれません。
お昼なら予算は大人5000~10000円くらいです。

七五三

楽しい食事会、さてお会計は誰が?

こちらが食事会の場所を決めてご両親を招待する形なら
当然費用は自分たちが払うのが普通ですが
「食事会はしないのか?」等の打診をご両親側からしてきた場合は
支払いはお願いしてしまうパターンになることもありますが、
基本的には自分たちの子供のお祝いなので、自分たちが費用を負担する
心づもりでお店選びや予算を組んだ方がいいかと思います。

手土産やちょっとしたお返しは必要?

お食事

お住まいの地域や各家庭のやり方によって考え方が違います。

一般的には、食事に招待するならお返しの手土産は必要ないとされていますが
子供の名前で手土産を用意する方も増えています。
お赤飯と七五三の千歳飴程度で問題はありません。

もう少しきちんとしたお礼をとお考えなら、紅白饅頭やお和菓子の菓子折りなどを
のし付きで準備しお渡ししたら良いと思います。

七五三のお祝い ご自宅での食事メニューとデザートのご紹介。

お参り後、自宅でお祝いの食事会をしようとお考えの方。
せっかくなら七五三ならではの食事メニューでお祝いしたいですね。

七五三のお祝いの食べ物とは??

地域によっては赤飯や紅白餅をご近所さんへ配るなどありますが、
一般的に「七五三のお祝いメニュー」といえるものはないようです。
そのため、「七五三のお祝いの食事には好きなものを」ということになります。

仕出し屋さんなどの「お祝い膳」を参考にすると、
和食中心のメニューになりますので、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に
お祝いをする場合でも、お口に合いやすいですね。
ぜひお子様の好きなものもメニューに加えて「お家のオリジナルお祝い膳」を作ってみてはいかがでしょうか?

ご自宅で七五三の主なお祝いのメニューは、

・お赤飯
・ちらし寿司やてまり寿司
・鯛の御頭
・大海老料理
・茶碗蒸し
・天ぷら
・お吸い物

また、子供の好きなも入れて
・ポテト
・から揚げ
・ハンバーグ

こういったものです。
大皿で好きなものを取ってもらうというスタイルが好きなものを取れてご自宅ならではかと思います。
また、オードブルを予約してしまうというのもありです。

お食事

七五三ならではのデザートは?

お祝いの食卓には、
デザートも欲しいところ。

七五三スイーツといえば「千歳飴」ですね。
しかし、千歳飴を食卓に並べるのも考え物です。

食事メニュー同様に、七五三にはこれといったデザートはありませんので、
ご家族の好みを考慮したデザートを用意するようにしましょう。

果物を食べやすくカットするだけでももちろんOKですし、
フルーツポンチなどもお祝い感が上がります。

何と言っても、
お祝いの席での定番デザートといえば、お子さんが大好きなケーキですね。
最近は七五三ケーキを出しているお店は多い様です。
こちらを活用されても良いですね。

お食事

まとめ

ご両家見えるお食事会は家族だけでお祝いするのとは違いあれこれ気を使うことも
多くなりますね。
みんなが気持ちよく楽しく過ごせるように食事会の場所や料理、
そして当日の段取りはしっかりご主人とご相談されてお子さんが一番喜んでくれるのは
何かな?と言う視点でセッティングしてみるといいと思います。
また、お家でのお食事会は定番メニューがないので迷ってしまうところですが、
ご家族の好きなものを詰め込んで、お子さんに楽しい思い出も詰め込んであげましょう。