七五三

うちの娘が今年6歳、
夫と11月には、七五三やらなきゃね。
なんて話をしていました。

夫と、娘にどんな衣装を着せるとか、
どこでご祈祷してもらうとか話しているうちに、
「どうして七五三のお祝いをやるようになったんだろうな」
と夫が言ったことが気になり、
七五三のお祝いをやるようになった理由や
経緯について知りたくなり、
調べてみることにしました。

七五三を正式にやる時期はいつ?

七五三は本来、
11月15日に行う行事です。

なぜ、11月15日に行うかというと、
諸説ありますが江戸時代、徳川将軍家で、
「袴着の儀」が行われていたことに
由来するそうです。

なぜ、徳川将軍家で11月15日に、「袴着の儀」を行ったのでしょう。

それは、旧暦で11月は
1年で最初の月であり
15日は満月の日ということで、
1年で最初の満月の日ということで、
江戸時代の人達には、
とても特別な日だったため
11月15日に「袴着の儀」が
行われたのが始まりとされています。

なぜ、7歳5歳3歳のお祝いをするようになったのでしょうか?

七五三

江戸時代はまだ、
現在のように医療が発達しておらず
0歳から2歳までの乳幼児の死亡率が高く、
3歳になって初めて戸籍ができたためその祝いと、
3歳までは、男女ともに髪を伸ばさず、
髪をそる習慣があったためそれを終了し、
髪を伸ばし始めることをお祝いし、
それを「髪置の儀」として祝ったとされます

江戸時代には、
男の子が5歳になると袴をはくようになる習慣があり、
初めて袴をはいたことをお祝いしたのを
「袴着の儀」とよびました。

7歳は、女の子が今まできていた子供用の着物を脱ぎ、
本仕立ての着物を着て、
丸帯をするころとされ、
大人と変わりない着物を着るようになることを祝う
「帯解の儀」
が行われました。

このように、
江戸時代では3歳5歳7歳は、
子供が大人になる節目として
七五三が祝われていたようです。

この儀式、現代に伝わり
七五三の行事になったといわれています。

現代の七五三はどのようになっているのでしょうか?

七五三の歴史的背景は、
あまり知られておらず、
11月に、7歳5歳3歳の子供が正装をし、
神社のお参りをし写真やさんで
写真を撮る行事として定着
し、
11月の土日になると、
神社や写真館が混雑しています。

また、七五三を祝う年齢も
昔からの数え年でやる人や
満の年齢でやる人など様々です。

もう少し、七五三の意味が多くの人に
理解されることを願います。

最後になぜ七五三には千歳飴をなめるのでしょうか?

千歳飴の始まりは諸説あり
江戸時代に浅草の商店が売り出したとか、
大阪の商人が江戸に行き、
飴を売り出したのが始まりだとか
言われていますが、
千歳飴には「親の子への長寿の願い」
を込めて食べさせるようになったと、
言われています。

今まで、七五三について話してきましたが、
七五三の歴史を知り親が子供の成長と
長寿を願いを込めて行う行事です。

11月15日にやる行事とされていますが、
2016年の11月15日は火曜日、
平日のため15日近くの土日に着物などの
晴れ着を着た子供たちの笑顔が見れるのが楽しみです。