ウェディングドレス

結婚式での主役はやはり、花嫁のウェディングドレスですよね?

そして、そのウェディングドレスをキレイに着こなすために必要になるのが、ブライダルインナーです。

ブライダルインナーとは、普段身に付ける下着とは違って、ドレス用の特別な仕様になっている下着のことです。

ウェディングドレスはくびれを強調するためにウエストが高く作られているので、インナーもそれに合わせたものを着用します。

でも具体的にブライダルインナーってどんなものがあるのか分かりませんよね?

またどこまでを揃えていいのか分かりません。

そこで、ブライダルインナーの種類や選び方をご紹介していきます。

1 ブライダルインナーを選ぶ時期

女性 化粧台

基本的にはインナーを決めるのは、ウェディングドレスやカラードレスが決まってからです。

デザインやシルエットによっては必要になってくるモノが違ってくるので、早めに買ってしまうと「必要なかった!」なんて事になりかねません。

購入する場合は、衣装屋さんが用意してくれるものを買い上げるか、自身で事前に用意するかの二択です。

衣裳店のウェディングインナーを購入する場合

衣装屋さんが用意してくれるものは、ドレスの試着の際にインナーも一緒に試着できるので、本番で失敗することはありませんが、価格が高いのがネックになります。

さらにオーダメイドで作ってもらうと、もっと高くなります。

私の場合はインナーだけで4万円ほどかかりました。

出費のかさむ時期に、数度しか着ないものへ4万円の出費は結構イタイですよね。

自分で購入する場合

一方自分で購入する場合は比較的安価で手に入れることができます。

最近はネットでもインナーを購入することができるので、手頃にインナーをゲットしたい人は自分で購入することをおすすめします。

ただ、買ったものがドレスと合わなかったり、インナーがドレスから出てしまったりと失敗談も聞くので、購入には慎重になったほうが良いと思います。

2 ブライダルインナーの種類

ブラジャー

ブライダルインナーの種類は大きく分けて4つあります。

【ブラジャーとウエストニッパー】

バストを補正する役割のブラジャーと、ウエストを引き締める役割のあるウェストニッパーの組み合わせは一番花嫁さんが選びやすいインナーかもしれません。
もし式中に緊張などで気分が悪くなっても、セパレートタイプならニッパー部分を外すことができるのが利点でしょうか。

【ロングビスチェ】

ブラジャーとウェストニッパーが一緒になったものです。これ一枚でバストからウェストラインまで一度に補正できます。
ただ、「自分にピッタリのインナーを探すのが大変だった」という意見もあるようです。

【ガードル】

ガードルはウエストからヒップ、太ももまで綺麗なラインを作るためのアイテムです。
また、姿勢をよくする役割や、ビスチェのずり下がりを防ぐ役割など綺麗なドレス姿を作る上での必要な役割をたくさん持っています。
特にマーメイド等のウエスト~ヒップのラインが出るドレスを着用する場合はガードルがオススメです。

【フレアパンツ】

フレアパンツの役割の一つは、汗をかいた際のベトつきを防ぐことです。
また、ドレスの足さばきを良くする役割があり、衣装を着替える際の目隠しとしての役割もあります。

私自身はAラインのドレスを着たので、ブラジャーとウエストニッパーのセパレートタイプと、フレアパンツを使用しました。

3 オススメのブライダルインナー3選

ウェディング 衣装

ブライダルインナーを探すにしても、色々なメーカーがあってどれを選んで良いのかわからなくなりますよね?
そこで、私がオススメするブライダルインナーのメーカーを3つ厳選してご紹介したいと思います。

【Wacoal ワコール】

下着といえば女性なら誰しもが一度は耳にしたことのあるワコールです。

ネットではインナーの種類別に販売をしており、分かりやすいです。

また、店舗数も全国各地にたくさんあるので、気軽に試着や相談しに行きやすいのがメリットです。

お値段はだいたい1万円~2万円のものが多い印象です。

Wacoal ブライダルインナーガイド

【Triumph トリンプ】

こちらも定番のメーカーです。

可愛らしいデザインが多いトリンプのインナーを普段着用している方は多いと思いますが、トリンプのブライダルインナーも素敵なデザインのモノばかりです。

こちらも店舗数が多いので、お店に直接行って購入できますよ。

値段も一番リーズナブルで、高いものでも1万円ちょっとなので、手が届きやすいメーカーさんです。

Triumph ブライダルインナー特集

【C’EST MOI セモア】

セモアといえば、20年以上人間工学の研究を積み重ね作られた、まさに作り手のこだわりを感じられるインナーです。

セモアのブライダルインナーは大抵衣裳店と契約しているので、ドレスの試着時に初めて名前を知る人もいるのではないでしょうか。

お値段は3つの中で一番値がはります。一番下の価格でも1万5千円~2万円はします。

中には、ニッパーやビスチェだけこだわってセモアを購入して、ガードルやフレアパンツを安価のものにする人もいるようです。

C’EST MOI ブライダルインナー

4 まとめ

白黒 ウェディングドレス

個人的な考えですが、ドレスを着る際に、バストやウエストラインが一番気を遣う気がします。

ブライダルインナーの重要度としては、ブラジャーやニッパー、ビスチェ等が一番お金をかける傾向がある印象を受けました。
ただ、ドレスの形によって違うので一概には言えませんよね。

一生の思い出だからと気合を入れて購入する人もいれば、一度しか着ないのだからと、コスト面を重視して購入する人もいます。

私自身、結婚式後ブライダルインナーを使用したのはブラジャーくらいです。
あとは全てクローゼットの奥底に眠っていますよ。

ですが、やはりドレスを着る機会なんてそうあることではないので、せっかくならキレイに着たいと思うのが女性だと思います。

自分にあったものをキチンと購入すると良いと思います。