相場

ピアノは、家具類の中でも高価なものですよね。

自分やお子さまが、小さいころから習っていたら、思い出もたくさん詰まっています。

そんな大切なピアノですから、引越しする時は、信頼できる業者に頼みたいですね。

高い料金で損をするのは嫌だけれど、安すぎると今度は不安になります。

そこで、ピアノの引っ越し費用の相場と、安く安全に引越しするためのポイントについてお届けします。

ピアノの引越しは、安心の専門業者に

ピアノ

ピアノはデリケートな楽器で、温度や湿度の影響を受けやすくなっています。

また、作りも非常に精密なので、わずかな振動や数メートルの移動でも音色が変わってしまいます。

さらに、ピアノは200kg以上の重量がありますから、誰でも簡単に運べるというものではありません。

通常の引越し業者に依頼することもできますが、この場合も業者が提携しているピアノの専門業者が対応しています。

ですから、やはりピアノの引越し専門業者に依頼するのがベストだと思われます。

ピアノの引越しで知っておきたいポイント

引っ越し

ピアノの引越しの流れをチェック

一般的なピアノの運送方法の流れは以下の通りです。

  1. テープなどを使い、ピアノの蓋や鍵盤蓋が開かないように固定する
  2. 壁などにぶつかって傷がつかないよう、ピアノ本体にカバーをかける
  3. 旧居の床や壁に傷がつかないよう養生を行う
  4. ピアノの引っ越しに慣れた作業員2人以上で搬出を行う
  5. 新居の床や壁に傷がつかないよう養生を行う
  6. 搬入後、調律で音色を整える

特に注意が必要な場合

万が一のトラブルを防ぐために、依頼前に、ピアノ本体や鍵盤に傷やへこみがないかを確認しておくとよいでしょう。

デジカメなどで、撮影しておくとなお安心ですね。

高層階への搬入

事前にエレベーターの大きさ、階段の幅や曲がり角のスペースの大きさを確認しましょう。

エレベーターがない場合

エレベーターがない、または、搬入通路の幅が狭くエレベーターや階段を使えない場合、クレーン車を使って窓から搬出入する必要があります。

2階以上に置きたい場合

ピアノは200kg以上と重量があるので、床の構造など置き場所として問題がないかを、事前に確かめる必要があります。

ピアノの引越し費用はどう決まる?

費用

ピアノの引越し(運送)費用の計算方法は、

基本運送費用+特殊作業料金=ピアノの運送にかかる総額

となります。

基本運送費用とは、移動距離に応じて決まる料金です。

特殊作業料金とは、段差の有無や特殊な運搬方法(クレーン車の利用など)の有無によって決まる料金です。

また、ピアノの種類別の金額設定は、運搬に必要な作業員の人数で変わり、

グランドピアノ(3名)>アップライトピアノ(2名)>エレクトーン

となっています。

ピアノの引越し費用の相場

相場

前述の通り、移動距離とピアノの種類別で基本の料金が変わります。

ピアノの引越しの基本料金の相場

ピアノの種類や建物の条件によって変わるので、実際の料金とは異なりますが、基本料金の目安となさってください。

距離

アップライトピアノ

グランドピアノ

エレクトーン

~10km

18,200円

31,427円

13,000円

20km

20,150円

33,800円

14,300円

30km

22,100円

39,260円

17,333円

40km

23,400円

39,867円

17,550円

50km~79km

27,950円

49,400円

22,100円

80km~99km

34,450円

61,100円

27,300円

100km~120km

37,700円

67,340円

31,525円

特殊作業の料金の相場

ピアノの運搬方法によって、特殊作業料金は異なります。

建物の構造によっては、クレーン車を利用しなければならない場合もありますので、見積もり時に、運送業者に正確に伝えましょう。

階段を利用する場合の特殊作業料金の相場

エレベーターがない建物や、エレベーターが小さい場合には、階段でピアノを運びます。

なお、エレベーターは、通常600kg以内の重さであれば搬入できると言われますが、例外もあるので、前もって物件の管理者に確認しておくとよいでしょう。

アップライトピアノ

グランドピアノ

エレクトーン

階数(1階ごと)

5,000~8,000円

5,000~9,000円

2,500~8,000円

エレベーターを利用する場合の特殊作業料金の相場

エレベーターを使用すると、特殊作業料金がかかる場合がありますので、見積もり時に確認しておきましょう。

アップライトピアノ

グランドピアノ

エレクトーン

階数(1階ごと)

2,000~3,000円

3,000~8,000円

5,000~7,000円

クレーン車を利用する倍の特殊作業料金の相場

2階以上へのピアノの運送で、

  • ピアノの幅より階段や廊下の幅が狭い
  • 階段の踊り場スペースが小さくピアノを回すことができない

といった場合には、クレーン車を利用して窓から搬出入します。

クレーン車は、ピアノを搬入する窓の真下のスペースに止める必要がありますが、真下に止められない場合、大型のクレーン車を利用する必要があり、料金が高くなります。

アップライトピアノ

グランドピアノ

エレクトーン

クレーン車利用

10,000円~

10,000~25,000円

10,000円~

引越しと同時に依頼できるサービス

安く

料金は業者によって異なりますが、調律や、ピアノの一時預かりなどのサービスを依頼することができます。

引越し後の調律を依頼する

数メートルの移動でも音色が変わってしまう可能性がある、デリケートな楽器、ピアノ。

引越し後は、ほとんどの場合で調律が必要になります。

業者によっては、調律師が引越しと同時に調律を行ってくれるところもあります。

料金は追加料金となることが多いので、事前に確認しておきましょう。

ピアノを畳の上に設置したい

『敷板』と呼ばれる専用の板を敷く必要があります。

敷き板の販売を行っている業者もあり、運搬する際に取りつけてくれる場合もあります。

ピアノを一時的に預けたい

ピアノを1日単位で預かってくれる業者もあります。

賃貸契約などの都合で、一時的に預かってほしい場合は、業者に相談してみましょう。

ピアノの引越しを安くする方法

ピアノ

ピアノの引越しにかかる費用は、業者によって異なります。

また、業者によって得意な特殊作業に違いがあるので、同じ作業を依頼しても料金に差が出ます。

したがって、できるだけ安くピアノの引越しをしたい場合には、複数の業者から見積りをとり、比較検討しましょう。

ピアノの引越しの料金を見積りする前に

業者に見積りしてもらうには、輸送に関しての情報を伝えなければなりません。

正確な情報で見積もりをしないと、当日追加料金が発生することもあり、最悪、運搬ができない事態になることもあります。

見積り前に準備しておく情報

  • 依頼内容
  • 運送希望日
  • 運送するピアノの台数
  • ピアノの種類(グランドピアノ、アップライトピアノなど)
  • ピアノメーカー(ヤマハ、カワイなど)
  • モデル名
  • 現在のピアノの設置環境(住所、建物のタイプ、階数、エレベーターの有無など)
  • 移動先のピアノの設置環境(住所、建物のタイプ、階数、エレベーターの有無など)

お得にお引越しするポイント

  • 引越し希望日

引越しの希望日は、平日が少なく土日祝に集中し、料金が割高です。平日、特に火・水・木曜日は値段が安くなる傾向にありますので、チェックしてみてください。

  • 作業の時間指定

搬出作業の開始時間は、午前中に集中します。一括見積もり依頼フォームの『ご希望時間』を『いつでも』にしましょう。

業者側の都合の良いスケジュールを組むことができるため、安くなることがあります。

一括見積りサイト

下記サイトで、ピアノの引越しを最短1分で、一括見積りできますので、是非利用してみてくださいね。

引っ越し侍

※おすすめの業者も紹介されていますので、ご参考にどうぞ。

ズバット引っ越し比較

引っ越し価格ガイド

まとめ

高価であり、思い出もある、大切なピアノですから、料金が安いだけでなく、サービスなどをしっかり比較して、信頼できる業者にお願いしたいですよね。

一括見積りサービスなどを利用して、安くて安心な業者を選んでくださいね。