バレンタイン チョコ 意味

2月14日といえば、女性から男性へ告白する日として日本ではすっかり定着していますが、他の国のバレンタイン事情は少し違うようです。どうしてチョコレートを贈るようになったのでしょう?

バレンタインは祝日だった

バレンタイン チョコ 意味

バレンタインの由来を知るには、昔々のローマ帝国にまでさかのぼります。

当時ローマでは、2月14日は女神・ユノ(すべての神の女王、家庭と結婚の神)の祝日だったそうです。

細かく説明しようとすると歴史の勉強のようになって小難しいので、ここでは簡単にまとめました。

昔々のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、兵士たちの婚姻を禁止したそうなのですが、キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、嘆き悲しむ兵士たちのために命令に背き内緒で結婚式を行っていました。

皇帝の命令に屈しなかったウァレンティヌスは、最終的に処刑されたとされています。その彼の処刑の日がユノの祭日、2月14日だったのです。その翌日の2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭だったため、祈願のための生贄として2月14日が選ばれたそうです。

その様な事から、キリスト教徒にとってもこの日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論のようですね。

日本のバレンタイン事情

バレンタイン チョコ 意味

どうして日本でバレンタインが広まったのでしょうか?

簡単に言うと『チョコレート業者の思惑』となりますが、なんだか愛とは無関係で嫌な感じですよね・・
「女性が男性に愛をこめてチョコレートを贈る」ことが定着したのは、1970年代というのですから思ったよりも最近という感じがします。日本の高度成長期を経て、一気に広まったのでしょうね。

1970年代以前は、チョコレートは「おまけ」といった認識でしたから、お菓子の広告でも『バレンタインには手紙にチョコレートを添えて』という文句だったとか。

バレンタインにチョコレートが定着した要因には、学生たちが送り始めたこともあるとされています。いつの時代も流行を作り出すのは若者なんだなと感じます。

高橋高橋

私が子供の頃は、まだまだ「バレンタイン=チョコレート」でした。「義理チョコ」なんてものもなかったように思います。田舎者だった小学生の私は、お小遣いを握りしめてセブンイレブンへ友達と行き、ハート形のチョコレートを買ったことを覚えています。ドキドキしたなぁ~

チョコレートを渡す意味とは?

バレンタイン チョコ 意味

日本のバレンタインにチョコレートは定番ですので、チョコレート自体に特別な意味があるとは考えにくいです。ただし、本命と義理で差はつけますよね。

<本命チョコ>
・手紙も添える
・相手の好みに合わせてチョコ以外のものにする
・プレゼントも一緒に贈る

<義理チョコ>
・金額は決まっている
・差が出ないように義理チョコは全て同じにする
・個人へではなくて大きいの一箱で済ませる

この様に、本命との差はキッチリつけているようです。ハッキリ言って、渡したくもない人にお金を出して購入するわけですから、当然と言えば当然です。

バレンタインは国によって違う

バレンタイン チョコ 意味

日本以外の国では、バレンタインに贈り物をするのは女性に限ったことではありません。

アメリカ

アメリカでは男性の方が女性にプレゼントをする日です。その日は前もって準備をし、レストランを予約するといった徹底ぶりだそうですよ。

イタリア

恋人同士や夫婦間でお互いにプレゼントをします。チョコレートを贈る人もいるようですが、完全におまけのようです。

韓国

日本と同じく女性が男性に贈り物をするようですが、チョコレートと一緒に美容グッズや化粧品をプレゼントすることが多いのだとか。

特にヨーロッパでは、どちらか一方ではなくお互いに楽しむイベントになっているようです。

まとめ

バレンタイン チョコ 意味
バレンタインデーの贈り物も、時代と共に変化しています。

最近ではチョコレートだけにとどまらず、チョコタルトやブラウニーを手作りして贈る人が多いようです。ある程度は日持ちするものが人気なんですね。

高橋高橋

甘いものが好きじゃない男性と付き合っていた時のバレンタインで、少しなら食べてくれると思いハート形の小さめのチョコを手作りして渡したんですが、甘いもの苦手オーラを出されてしまって・・嘘でも「美味しい」と言ってほしかったわ。今では良い思い出ですが♪

贈りものですから、自分の好みばかりではなく相手の好みを考えて選ぶと更に喜ばれますよ!メッセージカードをつければ気持ちが伝わりますし、高価すぎないプレゼントなら相手もすんなり受け取ってくれるでしょう。

皆さんそれぞれに素敵なバレンタインデーを楽しんでくださいね♪