ハロウィン

いつから日本に仮装をする人を
みかけるようになったのでしょうか。

秋が近づくと店頭に
ハロウィングッズが並ぶのをみかけます。

そもそもハロウィンって何なんでしょうか?

日本人にとってなじみがまだまだないハロウィン。

ハロウィンっていったいどんなものなのでしょうか、
そしていつなのでしょう?

日本でハロウィンをイメージされるのは
9月10月の秋なんです。

でも海外では違うようです。

ハロウィンはいつするもの?

ハロウィンは、10月31日に行われます。

秋の収穫を祝い悪霊的なものを追い出す
宗教的要素が含まれた行事となっています。

アメリカなどでハロウィンが行われます。

子供たちが10月31日の夜に
お化けなどに変装して近所を回り
キャンディーを取に行く
のです。

その時に言うのが
トリック・オア・トリート」なんです。

つまりお菓子をくれなきゃいたずらするよ
という意味です。

カボチャをくりぬいて飾ったりします。

 

日本でいう秋のお祭りのような感じにも私は思います。

国によっていろいろハロウィンにすることって
微妙に違っていたりします。

日本のハロウィンの定着について

ハロウィン

日本ではビジネス的要素が含まれて
日本人の特徴でもあるクリスマスを
楽しい雰囲気でそのものを楽しむ感じに
取り入れられたのだ思われます。

なぜ日本では数年前くらいから
定着し始めたかというと
やはり季節によりそれぞれイベントがある
テーマパークなどでハロウィンなどを
取り上げられてきたり
店頭でハロウィングッズなどが売り出されたり
子供達が英語を習うようになり
ハロウィンの文化が定着してきつつあるのだと思うのです。

子供達もクリスマスパーティーと同じように
ハロウィンパーティーなどをする家が
増えてきているのです。

大人もそうですが外国の文化ですが楽しむという意味では
これもありなのかもしれないですね。

 

ハロウィンは、万聖節という11月1日に
聖人をお祝いする祝日の前夜祭
なのです。

日本は、次の11月になるとすっきりと
ハロウィンなどみられなくなります。

もしかすると休みの日日によっては
後倒しでパーティーをする家なんかも
いるかもしれませんが
きちんとした意味がある日だという事は
ほとんどの日本人は知らないと思います。

日本人は、仮装をする事とかぼちゃという
イメージが定着しているだけです。

日本でハロウィンを楽しむにはどうしたらいいのでしょうか?

友達とハロウィンパーティーをしたり
ハロウィンイベントに参加するというのがいいと思います。

いつもとは違う自分で仮装して
参加してみると面白いと思います。

自分の住んでいる地域にハロウィンパーティーが
あるか探してみるのもいいかもしれません。

仮装は凝った人は、自分で手作りして参加して
いらっしゃる方もいるようです。

ハロウィン前になるとお店でも
仮装セットなどがたくさん売られています。

こだわりがある方はインターネットなどで探して
購入してみてもいいと思います。

100均なんかでもハロウィングッズが
たくさん売られているので組み合わせてみて
仮装を楽しむのもおすすめです。

ハロウィンイベント

日本では、ハロウィンがいつなのかということを
あまりこだわらずに
10月になると楽しんでも良さそうです。

USJやディズニーランドなどは
9月ごろからイベントがたくさんあるので
参加しても楽しめそうです。

ハロウィン仮装

ハロウィンはいつ?と言われたら
10月31日ということだけは
知っていてもいいと思います。

それを知っていて日本ではハロウィンという
海外の風習や文化を日本独自のものに
変えて楽しみましょう。

ハロウィンについて認知度が高くなってきているので
10月31日付近で仮装をしていても
みなさんハロウィンを楽しんでいらっしゃる方だという
見方も強くなっているので仮装を
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ハロウィン料理

仮装はちょっと嫌だなという人でも
楽しめるものもあります。

飲食店やホテルなどではハロウィン料理という
その時期にしか味わえない限定メニューなどもあるようです。

カボチャをふんだんに使った料理を堪能してみても
ハロウィンの雰囲気を楽しめます。

ハロウィンの仮装行列

日本でよくテレビで特集されているのは、
ハロウィンの仮装行列です。

毎年どんなコスチュームで着ているかなど
テレビでインタビューされていることが多いです。

渋谷や六本木などでも仮装をしている人を
インタビューしている姿も良く見かけます。

日本全国でハロウィンの仮装行列のイベントがあるので
お住いの地域のハロウィンイベントをチェックしてみましょう♪

ハロウィンについての賛否両論

ハロウィン

私も何年か前まではハロウィンが定着して
日本でも子供たちがキャンディーをもらえるような
行事ができればいいなとは思っていました。

でもここまでまさか仮装をする方が
たくさん出てくるとは思いもしませんでした。

大人がバカ騒ぎして遊ぶというのもいいと思いますが
マナーを守って他人に迷惑がかからないようにだけ
お願いしたいものです。

経済的にもよくなるなら日本は、
ハロウィンを歓迎していいと思います。

 

でもちょっとした機会にこうして
本来のハロウィンについての意味も知ってほしいとは思います。

それを知ったうえでそれにのっかって
普段できないような仮装をして親しい仲間や家族と
一緒に過ごしてもいいと思うのです。

ハロウィン上級者は、
10月31日にパーティーをしてみてはいかがでしょう。

ハロウィンをまとめてみる

本来のハロウィンは、10月31日に行われます。

11月1日の🎌前の前夜祭のようなものでもあります。

海外では10月31日に行事を行っています。

ハロウィンは、宗教定期要素が含まれているイベントであります。

悪いものをおい払うという意味で仮装をして
それを追い払う意味がありかぼちゃを切り抜いて
ジャックにしたり
子供が仮装をしてお菓子を練り歩いたり
してもらいに行きます。

 

世界的にも地域によって少しずつ違っていたりしていますが
日本では大きく楽しむ要素が含まれています。

それは、ビジネス的要素が高いからです。

テーマパークやイベントなどで
大人が仮装できる唯一の機会ととらえている方が多いようです。