1

キャラ弁作りを始めたばかりのころ、作業開始から完成まで2時間以上かかりました。

タイムリミットは、娘が起きてくる6時。

ですから、まだ真っ暗な早朝4時から作り始めていたのです。

 

眠い目をこすりながら、キャラ作りの細かい手作業に集中するのは大変。

たとえ失敗しても、やり直している時間はありません。

パーツの切り出しから組み立てまで、すべて一発勝負の緊張感は凄まじいものでした。

娘を幼稚園へ送り出した後は、もうヘトヘトです。

 

1ヶ月ほどして、ようやく気がつきました。

「当日の朝にすべての作業をしようとしてはダメだ」ということに!

そう、キャラ弁作りには、前日準備が必須なのです。

朝の作業がぐんとラクになる前日準備の方法を、3ステップでご紹介します。

 ステップ1. キャラ弁作りはまず下絵から

私が以前に作成した、妖怪ウォッチのジバニャン弁当を例にご説明していきます。

キャラ弁作りは、下絵を描くところから始まります。

「たかがお弁当のために、そこまでしなくても!」とのご意見もあるでしょう。

でも、下絵がきちんと描けていれば、「作ってみたけど、元ネタのキャラと似ても似つかない」というような悲劇はおきません。

  • まず、実際に作成するキャラごはんと同じ大きさで、紙に下絵を描きます。

絵に自信のない方は、インターネットや雑誌などから、好みの画像を借りてきてもよいでしょう。

  • 下絵の上にクッキングシートを敷いて、パーツごとに分けて写し取っていきます。

ジバニャンの場合は、右下の写真のような型紙になります。

耳・舌→ハム

白目・顔の白い部分→スライスチーズ

黒目・口→海苔 で作ります。

2

3

ステップ2. キャラ弁に欠かせないチーズのカットテクニック

下絵と型紙が描けたら、チーズと海苔のカットに移りましょう。

ハムは、この2つに比べると加工が容易なので、翌朝に作業しても間に合います。

まずはスライスチーズから。

  • クッキングシートに写した、パーツごとの型紙を、ハサミで切り取ります。

チーズで作るのは、白目と顔の白い部分でしたね。

型紙をスライスチーズの上に乗せ、型紙の外周を、爪楊枝でつっついて、一定間隔に穴を開けていきます。

  • 一周穴を開け終わったら、クッキングシートを取り除きます。

型紙がなくても、だいたいの形が見えるようになっていますよ。

今度は、この穴と穴をつなぐように、少しずつ横に爪楊枝を動かして、アウトラインを切り出していきます。

 

チーズを切り取るときに、爪楊枝を一気に動かしてしまうと、裂けたり破れたりしやすいです。

①②の手順で慎重に進めてくださいね

 

この段階まできたら、チーズの前日準備はおしまい。

「形を切り出す」だけで、「抜き取る」のは明日にしましょう。

元どおりにシートを被せて、四角いままで冷蔵庫へしまいます。

4

ステップ3. 前日準備のメインとも言うべき海苔のカット

海苔は、キャラ弁の材料の中で最も扱いが難しいです。

ハサミで複雑な形を切り出そうとすると、途中で切れたり破れたりします。

また、少しでも湿気があるとクタクタになって、使い物にならなくなってしまうんです。

気持ちに余裕のない当日の朝に、海苔のカットを行うのは大失敗のもと。

前日のうちに落ち着いて準備しておきましょう。

 

私は、なるべくハサミを使わず、海苔パンチを最大限に利用して、パーツをつくるようにしています。

今回も、ジバニャンの口を、ハサミで一度に切り出そうとすると難しいです。

上唇の部分は、パンチでできる形を組み合わせてみましょう。

どうしてもパンチで対応できない残りの部分のみ、ハサミで切り出すのです。

5

6

まとめ

前日準備で、下絵作成と、チーズと海苔のカットが終わりました。

ここまで来れば、全行程の半分まで進んだといっても過言ではありません。

明日の朝は、デコふりをご飯にまぶして顔の形を作り、カットしておいたパーツを乗せるだけです。

 

いかがでしたか。

キャラ弁作りの朝の作業がぐんとラクになる、前日の下準備、さっそく試してみて下さいね。

7