エアコン

エアコンを使っていて、水がぽたぽたと落ちてきて、焦ったことありませんか?

部屋の中が水で濡れてしまうって、一番嫌なことですよね。

でも、「故障か!?」と、慌てて業者に連絡する前に、チェックしたいことがあります。

エアコンの水漏れは、その原因によっては、自分で対処できることが多いんです。

そこで、エアコンの水漏れの原因と、その対処法について調べてみました。

エアコンの水漏れの原因は?

エアコン

エアコンの水漏れが起きる原因には、大きく分けて2つのものがあります。

結露と、ドレンパンやドレンホースの詰まりです。

エアコンの水漏れの原因 結露

吹き出し口やアルミフィンに結露が発生して、水漏れが生じます。

アルミフィンの結露は、フィンの汚れやガス不足が原因です。

吹き出し口の結露は、湿度の高い時に温度を下げ過ぎると、吹き出し口に結露して水漏れすることがあります。

エアコンの水漏れの原因 ドレンパンやドレンホースの詰まり

エアコンの水漏れの原因の大半は、実は、ドレンホースと呼ばれる排水ホースの詰まりです。

長く使っているうちに、水垢や埃、虫の死骸などがホース内に溜まってしまい、水が室内に逆流してしまうことがあります。

ドレンホースの口に何か詰まっていたり、エアコンの運転中なのに水が出てきていなかったりするようなら、ドレンホースの詰まりだと考えていいでしょう。

エアコン本体内部の水の受け皿であるドレンパンに水垢などが溜まって、水が溢れてしまうこともあります。

エアコンの水漏れ 原因別対処法

水漏れ

エアコンの水漏れの原因別に、対処法を簡単にまとめました。

エアコンの水漏れの原因が結露の場合

アルミフィンの結露の場合、ガス不足は業者に依頼する必要がありますが、フィンの汚れの場合は、自分で掃除することもできます。

吹き出し口の結露の場合は、設定温度を上げるだけで解決することが多いです。

また、エアコンフィルターが汚れていると、エアコンの効きが悪くなり、必要以上に設定温度を下げ過ぎ、その結果、冷え過ぎで結露が生じることがあります。

エアコンフィルターの掃除はこまめにしておきましょう。

エアコンの水漏れの原因がドレンパンやドレンホースの詰まりの場合

ドレンホースの詰まりの場合、対処法は幾つかあります。

作業前に、電源をオフにし、コンセントも抜いておきましょう。

ホースの出口が詰まっている場合には、割りばしなどで取り除くことができます。

出口の詰まりを取り除いても水漏れが解消しない場合には、掃除機で詰まりの原因を吸い取ります。

掃除機に水分を吸いこんでしまわないように、掃除機の吸い取り口にタオルを挟んでおくとよいでしょう。

専用のドレンホース用サクションポンプを使うことも検討してみてくださいね。

ドレンパンの汚れの場合は、エアコンクリーナーなどでクリーニングすることもできますが、

専門業者に頼む方が無難かもしれません。

まとめ

エアコンから水が漏れてきたら、驚いてしまいますし、故障かな?って思ってしまいがちですが、原因をきちんとつきとめると自分でも対処できるんですね。

業者を頼むと、出張料だけで数千円かかったりしますから、自分でできる部分は自分で対処したいものです。

エアコンの水漏れの原因の大半はドレンホースの詰まりで、これは自分で対処できますから、是非、日ごろのお手入れとしてやってみてくださいね。